ようやくその姿を現した、蒼星石のマスター、川口高史。
しかし、彼が蒼星石に言った言葉は、予想外のものだった。

高史「マスターって呼んでんじゃねぇよ。
   俺はもうお前のマスターじゃねぇんだよ。」
蒼「えっ・・・・」
翠「お前、何言ってやがるですか!!」
高史「事実。」
翠「お前、ちゃんと頭冷やしてきたんですか!?」
高史「いやー、あいつに奇襲されてさー、それどころじゃなかったわ。」
蒼「じゃあ・・・なんでここに・・・?」
高史「あいつを潰すために決まってんだろ。」
司「ところで、蒼星石のマスターよ。」
高史「マスターじゃねぇっつってんだろうが。」
司「そろそろ会話にも飽きてこないか?」
高史「それもそうだな。
   時間もないし。
   とりあえず宣言しとくわ。
   いまから一時間以内にてめーを潰す!!」
司「できるのか?貴様ごときに。」
高史「出来ないと思ってたら、んなこといわねぇよ!!」

高史は司馬懿に斬りかかる。
しかし、司馬懿はそれをことごとくかわす。
司馬懿は一瞬の隙を突き、蒼星石に鉄の糸を伸ばした。

蒼「あっ・・・」

高史はすばやくその糸を刀で巻き取り、斬り払った。

蒼「マスター・・・」
高史「邪魔だ!!どっかいってろ!!」

高史はそう叫ぶと、また司馬懿に攻撃を仕掛けた。

蒼「マスター・・・
  僕の事・・・嫌いになっちゃったのかな・・・」
翠「あの馬鹿人間、どこまでぶざければ・・・」
?「二人ともー、こっちこっちー。」
翠「えっ?」
蒼「とにかく行こう、翠星石。
  ここにいても、マスターの邪魔にしかならないよ。」
翠「・・・しょうがねぇです。」

翠星石と蒼星石は、呼ばれたほうへ向かった。

?「よし、二人とも無事だな。」
蒼「貴方は?」
?「高史の・・・ちょっとした知り合いだ。
 そうだなー・・・「名無し」とでも名乗っとくか。」
蒼「なぜここに?」
名無「蒼星石、お前に頼みがあんだよ。」
蒼「頼み?」
名無「ああ。
   お前はさっき、高史に突き放されたよな。」
蒼「はい・・・」
名無「それでも、あいつを信じてやれねぇか?」
蒼「どういうことですか?」
名無「お前は、あいつにとって何よりも大切な存在。
   それは今でも変わっていないはずだ。」
蒼「でも・・・マスターは・・・」
名無「なら、今高史が言う言葉をよーく聞いみな。」
蒼「えっ・・・?」

高史「っかしいな・・・全然はがたたねぇ・・・
   何で初代と二代目倒せて、三代目倒せないんかね・・・
   俺・・・いつの間に本当の雑魚に成り果てたんかい・・・
   だが・・・奴が攻撃目標変える前につぶさねぇとな・・・
   あいつの犠牲になんのは・・・俺だけで十分なんだよ。
   道連れにしてでも、こいつを潰す!!」

蒼「マスター・・・」
名無「今のが、決定的な証拠っつーこった。」
翠「どういうことですか?」
名無「あいつは、「犠牲になるのは自分だけで十分」、そういったよな。
   つまり、「あいつに蒼星石はやらせない」って言う意味なんだよ。」
蒼「マスターが・・・そんなことを・・・」
名無「お前だって、高史と仲直りしたいと思ってんだろ?
   だから、お前の力で高史の希望を甦らせて欲しいわけよ。
   そうすりゃ、高史もお前の元へ戻ってきてくれるだろう。
      お前も心の奥底で願っているはずだろ?
   「マスターとまた一緒になりたい」ってな。」
蒼「・・・ありがとう・・・名無しさん・・・」
翠「ちょっと待つです!
  あいつの様子が変です!」
名無「やばいな・・・・・・時間切れが近い・・・」
蒼「どういうことですか?」
名無「ここに来る前に俺の娘から電話があってな。
   「高史に特別な薬を投与した」ってな。
   そしてそれには制限時間がある。
   だから宣言したんだよ。」
蒼「そ、それじゃあ・・・」
名無「残り・・・三分くらいだな。」
蒼「そんな・・・!」

高史「やばっ・・・ダメージが戻ってきやがった・・・」
司「やはり・・・薬を使っていたか・・・」
高史「悪いか?」
司「ふはははははははっ!!
  形勢逆転だ!!
  これで終わりにしてやろう!!」
高史「はい断固拒否!!」

高史は切りかかるが、一蹴されてしまう。

高史「げぼぐはっ!!」
司「ふん、愚か者めが。
  完全に歯ごたえがなくなったな。
  さて、そろそろ本題に入るか。
  蒼星石、今度こそ貴様のローザミスティカをもらうぞ!!」

そして司馬懿は爪を構えた。
が、空から黒い羽が数本飛んできた。
それを見た司馬懿は、両手を下ろした。

司「おやおや・・・いらっしゃったんですか・・・水銀燈様。」
水「あんた私を舐めてるの?
  ただの人間風情の力を借りなきゃアリスになれないとでも?
  蒼星石、私がじきじきに闘ってあげるわぁ・・・
  あんたは邪魔だから消えなさい、さもないと吸い殺すわよ。」
司「水銀燈様の御命令ならば、逆らうわけにはいきませぬ。
  ここはおとなしく引きましょう。」

そして司馬懿は退いて、蒼星石に向かった言った。

司「蒼星石、水銀燈様の前では、今の貴様は無力!
  おとなしく散るがいい!
  ふはははははははっ!!」

司馬懿は高らかに笑いながら、森の中へ消えた。

蒼「水銀燈・・・まさか君がいるとはね・・・」
水「私もよぉ・・・
  三代そろっておばかさぁんだわ・・・」
高史「ったく・・・厄介な奴が来やがったよ・・・」
水「あんたも邪魔よ・・・さっさと消えなさい。」

水銀燈はそういうと、羽を数十本、高史に向かって飛ばした。

蒼「マスター!!」
高史「くっ・・・!」
名無「させっかよ!!」

名無しが飛び出し、高史の前に立って、どこからか取り出した銃剣で羽を撃ち落した。

蒼「名無しさん!!」
名無「ギリギリセーフ・・・ってとこか。」
高史「すいませーん、何であんたがここにいるわけ?」
名無「よく聞けこんちくしょう。」

名無しは、相変わらずのお気楽顔で話し始めた。

名無「お前は今、水銀燈と闘おうとしてんだろ。」
高史「ああ、そうだよ。」
名無「ミーディアムにすら勝てないお前が、水銀燈に敵うはずねーだろ。」
高史「・・・図星だ、まさに。」
名無「でも、お前は初代と二代目には勝った。
   その理由を、契約を破棄する前に言ってるはずだ。
   それを思い出せ、そうすりゃ勝てるはずだ。」
高史「ごめん忘れた。」
名無「射殺したろか。」
高史「・・・冗談だよ。
   覚えてるよ、一応。」
名無「ならさっさとし直せ。」
高史「ごめん動けない。」
名無「・・・やっべ忘れてた・・・」
水「いつまで話してるつもり?」

水銀燈がまた羽を飛ばす。
名無しはそれをぎりぎりで撃ち落した。

名無「そろそろやばいかも・・・」
高史「自力で何とかするしか・・・ないっつーことか。
   よっ・・・と。」

高史は、残る力を振り絞って立ち上がり、森の中へ入って、木に背中を預けて座った。

名無「あいつ立てたんかい・・・
   まあいっか。
   蒼星石、高史のもとへ。
   あいつと話し合って来てくれ。
   頼むぞ。」
蒼「わかりました。」

蒼星石は、高史の木の反対側に座った。

蒼「マスター。
  マスターは大変だと思うけど・・・、そのままでいいから、
  僕の気持ち・・・聞いてくれないかな?」
高史「・・・了解。」
蒼「ねぇ・・・マスター。
  僕は・・・ね、前のようにマスターに拒絶されるんじゃないかって、すごく不安で
  心の何処かでマスターを避けていたんだと思う。
  もしマスターに嫌われたら・・・迷惑だったらどうしよう・・・って。
  でも・・・ね、それは結局マスターを傷つけて、僕自身を孤独に追い詰めるだけだった。
  マスターは・・・いつだってマスターは僕を見守ってくれたのに・・・
  だから・・・マスター。
  迷惑かも知れない、我が儘かも知れない、けど僕は・・・僕はまたマスターと
  一緒になりたい。
  マスターと・・・仲直りしたいんだ。」

高史「?・・翠星石に「出直して来い」って言われたときさ、これ以上何を言っても、蒼星石をさらに傷つけることにしかならない、って思った。
   それで、蒼星石を傷つけるくらいなら、蒼星石と別れたほうがいい、そう決意した。
   でも結局これのせいで、蒼星石をさらに傷つけちまった。
   んでもってこの言葉も、蒼星石に追い討ちをかけているだけかもしれん。
   でも、それに耐えられるんなら、それでもついてこられるんなら、それでも俺を好きでいられるんなら、もう一度契約しよう。
   蒼星石、今まで何度も何度も、お前の心を傷つけてしまって、本当に悪かった。
   こんな・・・結局お前に追撃しかしてない俺を・・・許せるか?
   いや・・・許してくれないか?」
蒼「?…っマスター…!!」

蒼星石は思わず、高史に抱きついた。

蒼「仲直り…してくれるんだね?
  また…僕と一緒に居てくれるんだね…?」
高史「その気がなけりゃ・・・こんなこと言わねぇだろ・・・?」
蒼「うん…、ありがとうマスター…
  許すも何も、意地っ張りな僕なんかを受け入れてくれて…
  本当にありがとう…。
  僕の…僕の大好きなマスター…」
高史「俺も・・・大好きだぜ、蒼星石・・・」
蒼「…うん。それじゃあ二回目になっちゃうけど、マスターさえ良ければ、僕と…また契約してくれないかな?
  もし誓えるなら、この指輪にキスを――… 」
高史「了解・・・」

そして高史は、指輪にキスをした。

高史「これで、契約成立、だよな。
   なんか、自分がめがっさ幸せ者に思えてきたわ。
   同時に、力がみなぎってきた・・・!
   これなら、水銀燈のミーディアムに勝てる!
   蒼星石は、俺が守る!! 」
水「じゃあお死になさい。」

水銀燈が飛来した。

高史「早速きやがったか・・・」
水「私の可愛い媒介、あなたも出てきなさい、居るんでしょ?
  私と契約したのならあのミーディアム程度は私に力を与えながらでも倒せるわね?」
司「承知いたしました。」

木の陰から、ゆっくりと司馬懿が現れた。

司「死に底ないにてこずる必要なんてありません。
  では、蒼星石、ミーディアム共々・・・消えてもらおう!! 」

そのとき、別の二人の男が現れた。
水銀燈のミーディアム、初代と二代目だった。

初代「加勢しよう・・・
   全ては水銀燈様のために・・・」
二代「加勢しよっか?
   答えは聞いてない!」
水「あらぁ、流石あなた達は優秀ねぇ。
  じゃあ最初からクライマックスといきましょうか。」
蒼「そんなことはさせない…!!
  マスターは…僕の大切なマスターには指一本も触れさせはしない!!
  そう…例え僕が倒れたとしてもだっ!!!」
水「おばかさぁん。
  同等の条件でも不利なあなたがここに集まる連中の力を根こそぎ使える私に勝てるとでも?
  まああんたのローザミスティカを貰えればそっちの人間なんてわざわざ相手しないわよ。
  これであなたのお望みどおりってワケね。」
蒼「ふふ…あははっ!
  僕が馬鹿だって?その言葉、そっくりそのまま君に返すよ…!
  水銀燈…、君には分からないかも知れないけど、僕とマスターには君には無い強い絆の力があるんだ…!
  だから、いくら何人のミーディアムを従えようとも、僕とマスターには君は勝てないよ! 」
水「へえ、絆ねぇ。
  お父様を裏切り、『つなぎ』にした『マスター』を見殺しにし、
  辛い時にあんたを励ました連中も無視して再契約したそいつとの絆はさぞ強いんでしょうねえ?
  ……でもね、あんたが悲劇のお姫様ぶるために踏み台にした連中の力は私の味方。
  ふふふ…大勢の犠牲の上に成り立つ身勝手な絆ごっこの力とやら、せいぜい楽しませてもらおうかしらぁ。」
蒼「水銀燈…確かに、君の言う事には一里あるかも知れない。
  けど、僕は今まで僕を励ましてくれた人達を忘れてなんかいない!
  マスターとの絆が、身勝手なごっこ遊びじゃないように…!!
  それと…、水銀燈。
  一つ忠告しといてあげるけど、仮にもアリスを目指そうとするドールが、
  大の男をぞろぞろと引き連れて戦う姿なんて滑稽な行為だと思わないかい?
  とてもじゃないけど、僕にはそんなアリスから遠ざかるような、はしたない真似は出来ないなぁ…
  その点に置いては、第1ドールの君を尊敬するよ。
  …と、少し無駄話が過ぎたようだね。
  さて…そろそろ始めようか、アリスゲームを…!!」
水「言うじゃない。
  ところで、この間知り合いの居る病院で面白い面白いものを見たわぁ。
  なんでも首吊り自殺を図った馬鹿な人間が意識を無くしたままだとか。
  面白そうなんで見たら指に蒼い薔薇の指輪をしてるじゃない。」
蒼「何だって・・・」
水「うわごとで時折誰かさんの名前を呼んでたわぁ。
  ごめんなさい、あなたには関係ない話だったわね。
  見捨てた人間の事なんか。仮に目覚めて指輪の消えた左手を見て喜ぶのかしら、悲しむのかしら?」
蒼「くっ・・・」
水「いいわよね、あんた達は綺麗事でわがままを美化できて。
  私はそれをしない。
  蔑まれようと、罵られようとアリスになる。それだけ。そのためには何だってする。
  …この場の人間、すべての命を利用しても。
  そうしても構わないとまで言った物好き達のためにもね。
  自分のために選り好みをしていろいろ捨ててきたあんたと私は違う!
  最初から薔薇乙女として、お父様から与えられたあんた達とは!!
  だから私は捨てない、ひとたび得た物は…
  そう、その中にあなたのローザミスティカも今から加えてあげるわぁ!!!」
初代「アリスの座は・・・水銀燈様にこそ・・・ふさわしい!!
   水銀燈様のアリスへの道を阻むものは・・・俺が根絶やしにする!」
二代「ねぇねぇ水銀燈、僕らの事なんか気にしなくて良いからさ、こんな奴ら細胞一つ残さず消し去っちゃおうよ!! 」
司「水銀燈様が私たちの心配などするわけがないだろう。
  しかし、私たち三人のミーディアムの力をささげれば、水銀燈様は最強のドールとなるに違いない。
  さぁ水銀燈様!今こそ、オーベルテューレでの屈辱を晴らしてやりましょう!!
  そして蒼星石を倒し、あの忌々しき真紅をジャンクにしてやりましょう!!」
高史「くっくっくっ・・・
   あっはっはっはっはっはっはっ(棒読み)」
司「何がおかしい・・・」
高史「いやーこれはこれは見事な水銀燈軍団が出来上がってるじゃねーかよおい、って思ってな。
   ま、何人来ようが、蒼星石との絆を取り戻した俺は、不死身かつ自称最強なんですけどね!!
   行くぞ蒼星石!!
   こいつらに、俺たちの絆の力を思い知らせてやろうぜ!」
蒼「…うん、行こうマスター!
  僕たちで水銀燈のミーディアムを…水銀燈を止めるんだ!!」
司「馬鹿めが!
  死に底ないの分際で、何ができると言うのだ!!」
高史「知らねーのか?
   負けて死に底なったりした奴は、たいていパワーアップして大逆転勝利するのが世のお約束なんだよ!!」
司「ふん、そんな不条理、この私が貴様ごとズタズタにしてくれるわ!!」
高史「やれるもんならやってみろ!!
   もとい、やらせやしねぇよ!!」

ここに、蒼星石&川口高史対水銀燈軍団の戦いの火蓋が、切って落とされた。