淡路島

  • 『日本書紀』の国生み神話において、第一子として生まれる。
 記紀の国生み神話において、第一子は出来損ないの子となるパターンがあると考えれば、
 淡路島もまた生み損ないであるという見方もできる。
 淡路は「吾恥(アハヂ)」に通じるともいう。これは当時からあった地名起源説話であるとか。


  • 『日本書紀』履中天皇五年の条に、天皇が淡路島に狩りにいった際、供のウマカイ部の黥(めさききざみ、顔の入れ墨)の傷が
   まだ治りきっていなかったため、この島のイザナギの神が神官の口を借りて「血の臭きに堪えず」と言った、という記事がある。
(イザナギと淡路島との間に関連性があったと見るべきか?)


      参考文献

『日本書紀(一)』岩波文庫
『日本神話の考古学』森浩一