SS撮影の作法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


設定

アンチエイリアス(AA)

アンチエイリアスとは、ぎざぎざを目立たなくする機能で、SS撮影時に画像を綺麗に見せることが出来ます。
処理負荷が大きいのでVGAによっては常用は厳しいので、その辺は撮影時だけ有効にするなど臨機応変に。

Oblivionはソフト側でHDRとAAを同時に有効にすることが出来ません。
ドライバ側で設定する必要があります。


アンチエイリアスを有効にすると環境によっては標準のPrintScreenで撮影出来なくなることがあります。
その場合は撮影用ソフトを使用しましょう。FRAPSは簡単操作でオススメです。

異方向性フィルタリング(AF)

高性能なビデオカードではAFを設定できる。(オブリ側では設定せずにビデオカードの設定で行う)
これを設定していないと地面や壁がぼやける。
設定すると奥行きのあるテクスチャが綺麗に表示される。
AFなし:http://image01.wiki.livedoor.jp/o/p/oblivion_jp/3868e373.jpg
AFあり:http://image02.wiki.livedoor.jp/o/p/oblivion_jp/6928c90c.jpg

白飛び防止

HDRを使用している場合、日中の屋外などでは太陽光に反射して顔が真っ白になってしまいます。

oblivion.iniの[BlurShaderHDRInterior](屋内の設定)[BlurShaderHDR](屋外の設定)
fBrightScale=2.2500(デフォルト)を小さくすると反射が軽減されます。

セルフシャドウ

ポリゴンの影になる部分に自動的に影を生成する機能です。
髪の毛の影が顔に、腕の影が服に、服の盛り上がった部分の影が服のへこんだ部分になど、影を投影します。
デフォルトは無効になってますが、これを有効にするかどうかで表現が大きく変わってきます。
使うかどうかは好きずきですが、「リアリティ」「強い照明感」「フィギュア感」が増します。
デフォルトのセルフシャドウはクオリティが低いので、有効にする場合は↓下記リンクを参照。
セルフシャドウ


撮影場所

お好きな所で。

光源に気を遣いましょう。
光の強さ、当たる向きで大きく変わります。逆光はどんなキャラクターでも不細工に写るので避けましょう。


表情

MODを使うことでキャラクターに表情を付けることが出来ます。
Actors Emotions
Actors In Emotions

ポーズ

人物を撮影する際はポーズMOD氏のCTAddPoseやEFGAddPose等を使ってキャラクターにポーズを取らせる事が出来ます。

表情を付けてからポーズを取らせる と表情を付けたままポーズを取らせることが出来ます。逆では上手く行かないようです。
表情付きポーズの場合、ポーズの表情が優先されるため、表情MODとの併用は出来ません。

構図

コンソールを活用します。
日本語パッチを使用している場合、@キーでコンソールモードになります。
よく使うコマンド
  • TFC
    • キャラクターを動かさず、カメラの視点だけをぐりぐり動かせるようになります。通常の移動と同じくWASDでカメラの位置を、マウスで向きを変更できます。
  • TM
    • メニュー表示のON・OFFを切り替えます。文字やステータスバー、カーソルなどを消す事が出来るので余計な物が映らなくなります。
  • FOV [数字]
    • 視野角を調整します。デフォルトは75で、SS撮影時は小さくした方が歪みが小さくなります。

Slow Motion OBSEを導入するとショートカットで上記のコマンドを使用できるので便利です。

  • TAI
    • コンソールでNPCをクリックすると中央上部にNPCの名前とIDが出てるので、その状態で使用するとそのNPCが停止し動かなくなります。再度TAIと入力すると活動再開します。
    • 対象を指定しないで入力した場合、全てのNPCが停止します。戦闘中のSSを撮りたいときは便利です。
  • LOOK [ID]
    • 対象の視線を指定したIDのオブジェクトに向けます。上記のTAIを使用してる場合は動かないので、LOOKを先にしてからTAIで固定した方が良いでしょう。

インベントリを開いた際、背景は通常セピア色ですがそこでコンソールキーを押すとカラーになります。
そこでTMを入力するとメニューが消えインベントリのキャラクターのみが残り、背景のキャラクターが写る変わった構図で撮影することが出来ます。

視覚効果

ScreenEffectsを使うことで視覚効果を欠けることが出来ます。

光源

美人にするコツは光源にあります。
超絶不細工でも光源マジックにより美人へと変貌します。
用意するもの

光源補助MOD

SSCheatToolsの宝石を設置することで、様々な色の質感を表現できます。
Ring_of_SS_Assistのライトリングや透明リングを装備することで自身やコンパニオンをライト化することができます。

また、光源は時間や天候によっても変化します。
これらはSSCheatToolsで変更すると良いでしょう。
また、天候をより自然にみせるMODを導入することで、美人度を強化できます。

天候をより自然にみせるMOD

野外撮影でのポイントは「昼間」を避けることです。昼間は真上から強い光が当たるため、よほどの腕がないと不細工に見えます。
「朝」や「夕方」の光は比較的簡単に美人にみせることができます。
「夜」にランタンでの撮影も効果的です。

美人に見える光源の設置場所は以下の3点です。
1.顔の正面       参考
2.顔の側面       参考
3.顔の側面(太陽のみ) 参考

1の場合は、顔の皺が消えるため美人にみえます。
2の場合は、顔の立体感が強調されて美人にみえます。
3の場合は、後光効果で美人にみえます。ただし、この場合は正面からも光を当てないと顔が影になります。

任意の場所から光を当てる方法

たまには斜め上から光を当てたり、前方から光を当てたりしたいですよね。
そんなときに便利な技を紹介します。

手順
1. まだ、コンパニオンを導入していなければ、コンパニオンを導入しましょう。
2. コンパニオンにポーズをとらせます。
3. コンパニオンを個別taiで固めます。(コンソールを開いてコンパニオンをクリックしてtaiを入力)
3. プレイヤーはRing of SS Assistのカメレオンリングとライトリングを装備します。(これでプレイヤー自身が光源と化す)
4. コンソールコマンドのtclで任意の場所に移動します。

これで上下左右どこからでもコンパニオンに光を当てることができます。

椅子に座るとめり込む場合(身長が低いと起こる)の回避法

SS撮る際のめりこみ回避方法[SS/Mod晒しスレ117 レス番584より]
  • 撮影場所についたらクイックセーブ
  • 椅子に座って@tfcを駆使してアングル決定
  • そのままセーブ
  • F9押してクイックリロード※このときアングルをいじらない事、@tfcも解除しないでおk
  • そのままセーブデータをロード
これで椅子にめり込んだのが完全ではないけどかなり改善されるので@tmしてSS撮影
ベッドにめり込むのもこれで改善できるよただしロリータぐらい小さい種族だとこの方法でもかなり厳しい

SS撮影

Oblivion標準機能での撮影はPrintScreenキーを押すとOblivionをインストールしたフォルダに画像が保存されます。
(要:MyGames内のOblivion.iniの編集 オブwiki参照)
環境によっては上手く行かない事もあるので(アンチエイリアスON等)その場合はFrapsCapture STAFF等を使ってみましょう。

戦闘SS撮影のポイント

野山を駆け回って適当な敵(以後、モンス様)を探す。見つかったらコンソール開いて敵をターゲット(敵をクリック)しておく。
適当な撮影場所を見つける。コンソールからmoveto playerで先程のモンス様を召喚。(撮影場所がターゲットの位置からあまりにも離れていると無効化される場合がある)
戦闘には「戦闘がスローになるMOD」と@を併用する。
@を連打すると敵の攻撃がコマ送りになるので、適当な攻撃モーションのところで
敵をクリックしてtaiコマンド発動。
モンス様のお顔を上や下に向かせるときは、tclでプレイヤーを身体半分地面に潜らせたり
空中に浮遊すればOK。(モンス様をtaiで固める前にすること)

そして、SSチートツールで時間帯や天候を変えて、モンス様が栄えるアングルなり光源を設定する。
モンス様のお顔に真横から光が当たるとリアルで凶暴に見え、
下から上を見上げるアングルだと脅威度が増す。
コンソールから"setscale 1.2" くらいにちょっと大きくすると威圧感アップっす。

その後、プレイヤーはポーズMODを使って、モンス様の攻撃モーションに沿った回避モーションをとる。
プレイヤーの顔の向きが気になるときは自分自身をクリックしてtaiかplayer.taiで変更することができたりできなかったり。
プレイヤーの表情はクワッ!にしとけばだいたいOK。

コンパニオン(以後コンパ)が混じった戦闘では・・
コンパはプレイヤーの方向を向くことが多いので、ウザイからパーティから外す。
すると、プレイヤーには見向きもしなくなる。
コンパは勝手に動くのでコンパをクリックしてコンソールから"setrestrained 1"でやる気を無くそう。
それか、空気中をクリックして(つまり何も指定せずに)taiコマンドを発動。
これで全世界のAIが停止するので、コンパが勝手に移動することがなくなる。

モンス様はコンパの攻撃で死なないように、tgmコマンドでムテキングにしとくといいだろう。
ポーズMODでコンパに適当な振り付けをつけて「押す」。
フラッピーばりにグイグイ押すんだ。定位置まで押す。
モンス様が振り下ろす棍棒スレスレにコンパの顔がくるように・・とかね。
段差などの障害物があって移動できない場合は、コンパをクリックしてmoveto playerで段差を越す。
ついでに邪魔な木や石や死体やアイテムはdisableだ。

エロSS撮影のポイント

  • 表情
 エロいSSで一番重要なのは表情です。
 責め手は一般的にニヤリとしています。レイプものでは怒っていたりします。
 受け手の表情はさまざまですが、同意を得ている場合は喜び、レイプものでは悲しい表情をしています。
 また、微妙な表情は光の当たり具合で調整できます。光源の位置を変えて微調整してみましょう。

  • 光源
 肌の色がつややかに見えるように気を配りましょう。
 逆光で陰鬱さを表現したり、横からの光でなまめかしさを強調するのもいいでしょう
 ちなみに、SSCheatToolsRing of SS Assistの光源は違います。
 SSCheatToolsの光源は肌の発色をアニメ的に表現します。
 Ring of SS Assistの光源はリアルな生めかしさを強調します。

  • 相手
 エロいシーンでは必ず相手がいます。例外は自宅でのオナニーシーンくらいです。
 なので、1カットモノなら女の子だけではなく相手も映す必要があります。
 相手は画面の端っこでニヤニヤしているだけで充分効果的です。
 連続ものなら最初の1カット目で相手を出しましょう。2カット目からはフルショット(全身)、表情アップなどもありです。

  • 背景
 シチュエーションも重要なポイントです。
 街中、野外、民家、廃墟、牢屋12、オブリ界・・それぞれ異なったエロスタイルになります。
 このとき、服装は背景に合致したものを選択する必要があります。たとえばオブリ界で水着を着ている人はいないでしょうが
 重装備ならばモンスターからレイプされる際の敗北感がより強調されます。

  • オブジェクト
 画面から雰囲気を漂わせる際に重要なのがオブジェクトです。
 祭壇の上にバイブが転がっているだけで何かが起きたことが容易に想像できます。
 Hシーンの後ろに鉄格子や檻が見えていれば、あらがえない現実が思い浮かびます。
 後ろで女の子が倒れていれば、行為が継続して続いていることが解ります。

  • アンチエイリアス
 これがないと肌と背景の境界がギザギザしてしまいます。必ずONにしておきましょう。
 ただし、ONにするとデフォルトのPrintScreen機能が機能しなくなるため、Frapsなどの撮影ソフトウェアを使用する必要があります。

存在感のあるSS撮影のポイント

顔の向きがきちんと決まっていると人物同士に存在感が生まれます。
以下は私流の視線の向け方ですが・・
何も選択していない状態でtaiコマンドを入力します。(どこでもいいから適当な場所をダブルクリックすると何も選択しない状態にできる)
すると、全世界のAIが停止します。これで敵も味方もその場から動かなくなります。
しかし、この状態でも顔だけは動きます。
次に、ターゲットを指定せずにtclコマンドを入力します。
すると、プレイヤーの物理的制約が解除されて、地面に潜ったり飛んだりできるようになります。(注意:tgmで無敵モードになっているとtclが効きません)
プレイヤーが地面に潜ると、プレイヤーを凝視している者は下を向きます。
プレイヤーが空を飛ぶと、視線は上を向きます。

例えば、NPCにコンパニオンを凝視して欲しいときは、プレイヤーがNPCの目の前を通り過ぎてNPCの視線を獲得し
そのまま、プレイヤーがコンパニオンと重なることで凝視させることができます。
狙った位置に視線が定まったときは、コンソールからNPCを選択してtaiを入力します。
これでNPCの視線が固定されます。

風景SS撮影のポイント

バニラで風景を撮ることはオススメできません。グラフィックにこだわりましょう。
風景は時間、天気、setfogによって色合いが左右されます。
時間と天気はSSChertToolsで変更しましょう。※致命的バグあり
遠くの背景が納得いかないときは、コンソールのsetfogコマンドで霧を発生させて誤魔化しましょう。
また、近景と中景と遠景の間にうまく霧を挟むことができれば、遠近感がグッと増します。

木々に囲まれた家や銅像、人などのオブジェクトを撮影する場合、それを強調すると良いでしょう。
オブジェクトの近くに透明なライトを設置することで強調することが出来ます。
透明なライトはRing of SS Assistで入手できる、カメレオンリングとライトリングをコンパニオンに装備すれば擬似的に作ることができます。(コンパニオンがライトになる)

オブリビオンのロゴはどこにあるの?

TES DownloadsからOBLIVION FAN SITE KIT (22MB)をゲットしよう。
そのなかに「Oblivion_logo.psd」ファイルがあるので、フォトショップで開いてSSに貼り付ければOK。
ロゴはそのままじゃ大きすぎるのでフォトショップで小さくして使おうね。
そのままじゃ暗いと思うなら、明るさやカラーを弄ろうね。

JPG変換

Oblivionでスクリーンショットを取るとビットマップ(拡張子BMP)という形式で保存されます。
この形式は画像の劣化はないのですが、サイズが大きいためインターネット上にアップロードするのには向きません。(表示されるのに時間がかかる。サイズが大きいのでアップローダを圧迫するetc)
そこでインターネット上で扱うのに適した形式に変換する必要があります。
それがJPG形式です。JPG形式にすると多少画像が劣化をしますが、ファイルを圧縮する事でサイズを小さくする事ができます。

注意:拡張子をBMPからJPGに変えただけでは変換されてません!!

Windows標準のペイントを使用する。

BMPファイルを右クリックし、編集を選択。
画像編集ソフトが入ってない場合は、ペイントでファイルを開かれると思います。
後は、ファイルから名前を付けて保存、ファイルの種類でJPEGを選択するとJPG形式で保存されます。

ソフトウェアを使う。

ペイントでは画質の指定が出来ないためかなり劣化します。
綺麗に変換したい場合は、指定が出来るソフトウェアを使うと良いでしょう。
どれが良いかは好みになりますので色々試してみましょう。


SS晒しスレではを勧めている人が居たので参考にしてください。


解像度にも依りますが、サイズの目安として大きくても500KB程度になるように調整しましょう。
一定以上の画質ならば最高画質と比較しても実用上見分けがつきません。

スレに晒す

作成した画像を晒しスレなどで公開する場合は、どこかにアップロードする必要があります。
現在GAGAGAアップローダーを利用する人が多いので特に理由がなければそこで良いでしょう。
パスワードは画像を削除する際に必要です。念のために入力しておいた方がよいでしょう。
アップロードし終わった後に一番上に来るのが貴方の画像のはずです。画像のリンクを右クリック>ショートカットのコピーで、URLをコピーできます。
後はそれを右クリックで貼り付けて書き込みましょう。

SSが映える裏技

撮影したSSをフォトショップで開き、明るさやコントラストを少し弄ればよりリアルになります。

晒す際の注意事項

画像の内容で誰かが不快になる事が予想される場合、書き込みの際に一言付け加えましょう。
具体的にはエロ、グロ、ゲイ、ロリ、ローサン等です。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|