ここはREV.3のページです。
REV.2.xの情報の閲覧・編集は ジム・ガードカスタム/REV2 を参照。

ジム・ガードカスタム  RGM-79HC

ガーディアン・シールドを装備したカスタム機。
積極的な攻撃より防衛戦、足止め戦を得意とする。
特殊バランサー性能機体

基本データ
兵種 前衛/近距離戦型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー:○
アーマー値 281
コスト 180
バランサー/よろけ/基礎バランサー 高(特殊よろけ)/0/300
着地硬直 大[ノーマル]~小[機動7~]
オーバーヒート時の回復速度 速~普通(ノーマル~機動4)
[ノーマル] 約2.8cnt.
遅~極遅(機動5~機動8))
[機動8] 約8.5cnt.
再出撃レベル LV4
支給ポイント 36勝利pt.

大型のシールドを特徴とする、ジムをエースパイロット向けにカスタマイズした、ジム・スナイパーカスタムと同系列の機体。
元々よろけにくい機体ではあったが、REV.3.37より全セッティングでよろけ値が0となり、強制よろけ属性の武装しか本機をよろけさせることは不可能となった。
巨大な盾を持つが、他機体と同様に防御機能は無く、APが高めとなっている。

REV.2.07より正式支給。
配備申請可能条件(Rev3.0-)
○階級が中尉以上
○【E】ジム・ストライカージム改が全て支給済
○ターミナルがオンラインとなっている
状態で配備申請画面に登場する。
支給申請後は勝利ポイントを36PT貯めれば支給される。
(※Rev3引き継ぎカードでは以下のようになる)
○申請画面に登場している場合
  →支給される
○申請画面に登場していない場合で申請条件を満たしている場合
  →Rev2でのリボー・コロニー(エリア_B含む)の勝利数合計×2PTの勝利ポイントが貯まった状態で申請画面に登場する。

REV.3.57にて武装の一部変更あり。

REV4より素体コスト200→180に変更。
全セッティングにおいて調整有り。

■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
ビーム・
スプレー
ガン
8/
単発
密着 16
最長 11
80
低1:3発
中1:3発
高2:4発
5.6cnt ? 青ロック215m
赤ロック217m
射程235m
ハイパー・
バズーカ
6/
単発

密着 12
最長 18
130
低1:2発
中1:2発
高1:3発
5.6cnt ? 青ロック215m
赤ロック??m
最長射程235m

《ビーム・スプレーガン》

1トリガー1発発射、装弾数8発。
ジム等のBSGと形状が違い、コスト相応に性能も若干高い。
弾数が多く、高弾速・高連射かつリロード時間も短く非常に扱いやすい。
他機体のビーム・スプレーガンよりも赤ロック時の誘導性が高く、斜め方向への歩きやフワジャンにも簡単に当たる。
特に宇宙ではポンピングを多用するため非常に引っ掛けやすく牽制や攻めの起点作りに優秀である。


現在(Rev3.31)ジオン軍主力機に高バランサー(高機動型ゲルググドム・バラッジなど)と、中・低バランサー機体(ギャンザクII改など)が混同している。
相手によって1発でよろけがとれる肩部バルカン砲と使い分けよう。
中低バラに対しては1発でよろけをとることができるので、そこからQSに繋げやすい。特に機動5までタックルのダメージが他の機動セッティングの近距離戦型機体より10高いので、機会があれば狙ってみよう。



QSを狙いにいくだけではなく、射撃中心に距離を取る/敵機の足止め/カットマンを心がけると良いだろう。
本機体は超高バランサーであるため、純粋にザク等と撃ち合った場合、先に敵のよろけを発生させることで動きを抑えやすいため、ライン維持に向いている。
これらの点でジム等と大きく異なる。
ザクII改ケンプファーのような微ホバーを所持する機体に、ビーム・スプレーガン特有の微誘導で着地硬直を確実に刺せる点は見逃せない。
なお、多少のノックバックがあるために射撃機体との連携には注意が必要である。

低 1発→2連撃まで
中 1発→3連撃

《ハイパー・バズーカ》

1トリガー1発発射、装弾数6発。
距離約200mで爆発し、広い範囲に爆風を起こすバズーカ。だった。
現在は射程限界地点(距離200m以上まで飛翔)でも爆発せずそのまま消失している。
他の多くの近距離機のバズーカと比べて硬直が無く、直線的な軌道で飛び、弾が地面に着弾しない。
使用感覚は微誘導と爆風のあるビームガンである。

低 1発→1撃
中 1発→2連撃



■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
備考
肩部
バルカン砲
20/
4連射
密着 4
最長 3
35/1発
低1:6発
中1:7発
高1:9発
5.6cnt 強制よろけ
フルオート
白表示??m
最長射程145m
シールド・
バルカン
30/
5連射
密着 7
最長 5?
25/1発
低3:8発
中4:10発
高4:12発
10.0cnt フルオート
青ロック???m
赤ロック???m
最長射程160m

《肩部バルカン砲》

1トリガー4連射、装弾数20発。
フルオート可能で、160m手前で弾が消える。
他の標準的なバルカンと違い射程が長く、両肩から発射されるため集弾率は悪い。

よろけは取りやすいため味方機のカットに重宝する。
またクイックストライクも非常に仕掛けやすい。

本武装のみでダウンさせるにはかなりの弾数を撃ち込まなければならないため、ダウンさせたい時はメイン射撃と合わせて使おう。
ノックバックもそれなりにあるので、格闘機に対して距離を取るのにも役立つ。
連射間隔もやや長く、他のバルカンより横に広く発射される傾向があるので歩き合いでも多少引っ掛けやすい。
高バランサー機も1発でよろけるため、味方機へのカットはもちろん、本武装でよろけを取ってメインや格闘に繋げるといった行動も重要になってくる。
防御的な武装としてだけでなく、積極的に攻撃の起点として使うことも考えよう。

障害物のある地形で120~150mほどの間合いを維持し、近付く敵機には青ロックのバルカンでよろけさせ攻撃、間合いを取る敵機には硬直にメイン射撃を当てていくスタイルで戦うと良いだろう。
敵機が格闘機体の場合は、物陰からの強襲を仕掛けてくる場合が多いため、バルカンを駆使しながら間合いを取り、アドバンテージを取り続けると戦いやすい。



《シールド・バルカン》

1トリガー5連射、装弾数30発。フルオート可。

REV.3.57にて、メイン武装からサブ武装へと変更。それに伴い武装調整される。
サブ武器に変更       
弾数:減 リロード時間:長 射程:短 弾速:減 ノックバック効果:減



■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
対拠点
能力
備考
ビーム・
サーベル
20→?→?
(理論値20→28→35)
60?→50?→ダウン
3回
× 追尾距離59
合計威力64
タックル 30/40/50 1発
ダウン
× 旋・硬・跳・走・機:30
歩・推・装:40
突:50

《ビーム・サーベル》

名称こそビーム・サーベルだが、2・3連目は自慢のガーディアン・シールドによる殴打攻撃となっている。
1撃目は右腕内蔵のサーベルユニットで突き
2連目は装備している盾を振り上げて叩く
3連目は振り上げた盾を敵機に上から叩きつける

コストに見合った格闘ダメージを与えることができる。
なおシールドバルカン装備時は一度抜刀すると撃墜されるまで抜刀しっぱなしになる。
空振りしない自信があれば、開始時に抜刀しておくのも良いだろう。

REV.2.14にて初撃の打撃音が斬撃音へと変わっている。(公式発表なし?)

《タックル》

突セッティングのみ50
歩、推セッティングは40
他は30


■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
281 237km/h 2.4cnt ?m 187km/h 12.0rpm 33f 30 108km/h

(硬直減)
283 234km/h 2.3cnt ?m 185km/h 11.2rpm 29f 30 108km/h

(歩行)
290 234km/h 2.4cnt ?m 185km/h 11.2rpm 33f 40 119km/h

(ジャンプ)
275 230km/h 2.3cnt ?m 205km/h 11.2rpm 34f 30 108km/h

(ダッシュ)
265 255km/h 2.5cnt ?m 180km/h 11.2rpm 35f 30 108km/h

(機動)
255 246km/h 2.4cnt ?m 198km/h 11.6rpm 34f 30 108km/h

(ブースト)
293 223km/h 2.6cnt ?m 176km/h 10.9rpm 33f 40 108km/h

(タックル)
295 216km/h 2.3cnt ?m 171km/h 10.6rpm 33f 50 108km/h

(装甲)
330 205km/h 2.3cnt ?m 162km/h 10.6rpm 33f 40 108km/h


旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング



+ REV.3.38まではこちら


■支給(コンプリートまで8900)

順番 武器名 支給ポイント
初期 ビーム・スプレーガン
肩部バルカン砲
ビーム・サーベル
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 400
2 歩行セッティング 500
3 ハイパー・バズーカ 700
4 ジャンプセッティング 700
5 ダッシュセッティング 700
6 シールド・バルカン 1000
7 機動セッティング 1000
8 ブーストセッティング 1200
9 タックルセッティング 1200
10 装甲セッティング 1500


■まとめ

以前は手数がジム改より劣っていたり、武装が似ているジム(WD隊)の方がコストが80(登場当初)も低く、本機体の存在意義が薄いという評価が多かったが、環境の変化(BSG項に記述)も考慮すると今後発展する可能性を秘めた機体であると思われる。
REV.2.10で遂に大幅に修整が入り、総合的に性能が向上した。
REV.3.07では一切性能を下方修整されないままコストが240から220に引き下げられ、REV.3.30までは両軍唯一の「コスト220近距離機体」だった。
REV.3.37ではコストがさらに引き下げられ、全セッティングにおいて特化セッティングとなった。
REV.3.57にてシールドバルカンがメイン→サブに移動し、武装調整された。

REV.3現在、セッティング次第で高機動戦が可能となり、超高バランサーによりよろけにくく、BSGが中バランサー以下に1発よろけで弱ホバー程度なら捉える誘導を持つ事から、ザクII改イフリートズゴックEズゴック(S)ケンプファーなどに対する運用法が確立しつつある。
特にズゴックE、ケンプファーといったQSを仕掛ける格闘型機体に対し怯みにくいというのは大きい。
更に上記の格闘型機体は全て中バランサー機体であり、QSから3連撃が入る点から、攻める際もカットの際もビーム・スプレーガンは有効である。

以上の通り特定の機体に対し大きくアドバンテージを得ているが、万能ではない。
例えば高機動型ゲルググなど高機動高バランサー機体に対してはかなり分が悪い。
メインでよろけが取りづらいため足止めが難しく、1発よろけのバルカンを使おうとすると今度はクラッカーの射程に入ってしまっているからである。
ドムのような高バランサーで長いホバーを持ち射撃力のある機体を相手にする場合もアドバンテージを得る事は難しい。
それらを相手にした場合、過信や無理は禁物である。

MAPから相手の編成を読む事が出来れば、本機体は十分に活躍出来るだろう。
例えばズゴックEはベルファストが追加され運用法が見直されつつあり、出番が増えた。
MAPによる出撃MSの傾向を研究するのも本機体を扱う上で重要になってくる。

少し上のコスト帯にジム改B.D.1号機パワード・ジムガンダム5号機(特殊セッティング)がおり、ステージや編成に応じて選ぶと良いだろう。
手数による面制圧性能が必要ならジム改、機動力と武装による制圧力、タイマン性能が必要ならB.D.1号機、ジャンプ性能を重視するならパワード・ジム、弾幕形成と長距離移動が必要ならガンダム5号機、高いバランサーによる足止めやライン維持性能が必要であれば本機を・・・というように、「自分なりに使い分けられる」と非常に良い。
名前の通り、敵機の足止めやライン維持に強く、よろけにくい本機体のバランサーと敵機をよろけさせやすい武装を持つという利点を生かし、むやみに突っ込むのではなく射撃戦でアドバンテージを取ることを考えよう。


■その他

本機体はバンダイの旧MSVキットのジム・スナイパーカスタムの取説の説明文中に概要が書かれていたのみで設定画すら存在しなかった。
具現化したのは本ゲームが最初である。
近距離にてシールドに装備されたバルカン砲で敵を攻撃する機体で、遠距離からビーム・ライフルで狙撃するジム・スナイパーカスタムの護衛的な意味を持つ。
詳細はwikipedia:ジム・スナイパーカスタムを参照。