ここはREV.3のページです。
REV.2.xの情報の閲覧・編集は ジム・トレーナー/REV2 を参照。
ページをREV.3準拠に更新中のため、REV.2.xの情報が含まれている場合があります。

ジム・トレーナー  TGM-79

MSへの機種転換訓練用に作られた機体。
実践を想定したトレーニング用に調整されている。

基本データ
兵種 前衛/近距離戦型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
アーマー値 270
コスト 120
バランサー/よろけ/基礎バランサー 低/60/180
着地硬直 極大
オーバーヒート時の回復速度 極速(1,4cnt)
再出撃レベル LV6
支給ポイント -(初期配備機体)

連邦軍で新規開始時、最初に支給される基本機体。
初心者プレイヤー向けの練習機で、連撃タイミングガイドなどのサポート機能がついている。
敵が無敵状態の際には『攻撃無効』の表示が各マーカーの下に表示される。

機体や武装の性能は低く抑えられており、実戦で使っていくには力不足。
この機体である程度慣れたら、直後に支給されるジムで実戦に臨みつつ練習していくといいだろう。

射撃武装がマシンガン&ハンドグレネイドと、ジムとは対照的になっている。
ただし実戦でこの機体を出した場合、攻撃力と機動性が近距離型機の中でも特に低いため、味方からバッシングを浴びる事がある点は覚悟しよう。

REV.3.01より全セッティングでAP値UP。

REV4より大幅に変更有り


■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
備考
100mm
マシンガン
36/
6連射
密着 6
最高 8?
20/1発
低3:9発
中4:12発
高5:15発
6.7cnt 赤ロック202m
射程???m
ハイパー・
バズーカ
3/
単発
密着 19
最長 28
140
低1:2発
中1:2発
高1:3発
3.5cnt 赤ロック202m
射程???m

《100mmマシンガン》

1トリガー6連射、装弾数36発。
装弾数が少なく弾切れしやすい。ダメージがブルパップ・マシンガンよりも低く、しっかり硬直を狙って当てていく必要があるが、遠距離では弾がばらけてしまって命中しにくい。
その反面、リロードが短く気軽に撃っていけるため、弾幕を張るのには向いている。


《ハイパー・バズーカ》

1トリガー1発発射、装弾数3発。
ジムと同名の武装で、マシンガンよりは攻撃力が高い。しかし練習機向けなのか攻撃力はその他の機体の武装よりも若干低く、ジムのビームスプレーガンに届くかどうかの攻撃力である。
横誘導はまあまああり、縦誘導はほとんど無いのでバズーカ系の武装練習的な要素が強い。ただしリロードが短いので乱射していても意外と弾幕を張ることができる。もちろん爆風にも当たり判定はあるが、隣り合っているMSに対して当たるかどうかのレベルでしかない。乱戦が期待できるなら選択の余地はある。


■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
備考
ハンド・
グレネイド
3/
単発
密着 24
最長 24?
一発ダウン 7.8cnt 白表示???m
射程130m
???m以上で
ダメージ低下

《ハンド・グレネイド》

下投げで転がす手榴弾。装弾数3発。
爆風が広めで、ロックオンするとかなり誘導する。
敵に命中すると一撃でダウンするのが大きな特徴。
自衛・牽制・カットなどがしやすく、撤退時や護衛時など用途は広い。

連邦軍のサブ武装としてはバルカン砲の次に一般的な武装。
連邦軍機体のハンド・グレネイドの中で、おそらく本機のものを一番最初に使うことになるだろう。
広めの攻撃範囲、1発でダウンが取れるなどの性能から自衛・牽制・カットなど用途は広い。
REV.2以降全てのカテゴリーで最低1機はハンド・グレネイドを持つ機体が登場することとなった。まずはこの機体で使い方を覚えよう。

■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
備考
訓練用ビーム・サーベル 18→?→?
(理論値18→24→32)
60→50→ダウン
3回
合計威力33
追尾距離??m
ビーム・
サーベル
20→?→?
(理論値20→25→32)
60→50→ダウン
3回
合計威力51
追尾距離??m
タックル 30/40/50 1発
ダウン
旋・硬・跳・走・機:30
歩・推・装:40
突:50

ランドセルに装備したビーム・サーベルで斬りつける。
3連撃まで可能。どちらのサーベルにも連撃タイミングガイドがついており、連撃の練習がしやすくなっている。
まずはじっくり連撃のコツを覚えよう。
連撃は全ての機体でほぼ同じタイミングで設定されているため、
この機体で連撃のタイミングを取得できれば他の機体にも生かす事ができる。

しかし格闘攻撃は大きなダメージ源の1つだが、自身の隙も大きく狙われやすいため、闇雲に斬りかかっていくのは考え物。
また相手のタックルに対してはこちらが一方的にダメージを受けてしまう。
カットが予想される場面では、連撃の代わりにタックルを使う方が良い場合もある。
状況をしっかりと見極められるようになろう。

《訓練用ビーム・サーベル》

訓練用のためか攻撃力が非常に低いが、連撃の受付時間が通常の機体より長く、タイミングが容易に取れるようになっている。これで格闘攻撃の仕掛け方を身に付けよう。
ある程度慣れてからはビーム・サーベルを使用する事をお勧めする。


《ビーム・サーベル》

訓練用よりも威力が高いが、それでもジムよりも威力が低いなど、冷遇されている。
こちらは通常の機体とほぼ同じ連撃タイミングになっており、なおかつ連撃タイミングガイドは表示されるため、ここでしっかり習得しておこう。

タックル

一般的なタックル。敵の格闘攻撃に対しては一方的にダメージを与える事ができる。
しかし格闘には勝てるが、射撃1発でセッティングにかかわらず50以上のダメージを受ける。
むやみにタックルばかり出していると5~6発で撃墜されることになるため注意。
タックルは近距離機の場合、ノーマルで40ダメージ,機動時に30,装甲時に50という機体が多いが、この機体では一律変化しない。
訓練用ではないビーム・サーベルが最終支給なので、対射撃カウンターを狙う以外では、射撃→タックルのコンボでダメージの底上げを狙う事になる。


■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
253 197km/h 2.3cnt ?m 155km/h 12.0rpm 50f 30 100km/h

(硬直減)
255 195km/h 2.2cnt ?m 154km/h 10.3rpm 46f 30 100km/h

(歩行)
262 193km/h 2.3cnt ?m 152km/h 10.3rpm 50f 40 120km/h

(ジャンプ)
247 189km/h 2.2cnt ?m 174km/h 10.3rpm 51f 30 100km/h

(ダッシュ)
232 214km/h 2.4cnt ?m 148km/h 10.3rpm 52f 30 100km/h

(機動)
227 206km/h 2.3cnt ?m 167km/h 10.6rpm 51f 30 100km/h

(ブースト)
265 184km/h 2.5cnt ?m 145km/h 10.0rpm 50f 40 100km/h

(タックル)
267 178km/h 2.2cnt ?m 140km/h 9.7rpm 50f 50 100km/h

(装甲)
302 169km/h 2.2cnt ?m 169km/h 9.7rpm 50f 40 100km/h
実戦用の機体と比較するとノーマルの旋回性能でさえも不満が残る速度である。また着地硬直が非常に大きい。


旋・硬・歩セッティング




■支給(コンプリートまで3100)

順番 武装名 支給バトルスコア
初期 100mmマシンガン
ハンド・グレネイド
訓練用ビーム・サーベル
-
1 ハイパー・バズーカ 200
2 硬直減セッティング 300
3 歩行セッティング 300
4 ビーム・サーベル 500
5 ジャンプセッティング 300
6 ダッシュセッティング 300
7 機動セッティング 300
8 ブーストセッティング 300
9 タックルセッティング 300
10 装甲セッティング 300


■その他


本機はあくまでも新規プレイヤーがゲームに慣れるための機体である。
ジムとは武装の差異こそあるものの、火力と機動力が非常に低く、実戦に耐えうる性能ではない。
実戦で本機を選択した場合は初心者クラスであるBクラスを除き、味方の士気を大きく低下させてしまうので、ジムおよびジム・コマンド支給後は原則的に控えるべきである。
どうしても使用したいのであれば全員バースト等の了解が得られる状況のみにしよう。

設定など

初出はMSV。
ジムの練習機として開発された教習用MS。
実際の設定では教官用のコックピットがある複座式であるが、ガラス張りであるため実戦投入はまず不可能。
実戦仕様なのは戦場の絆オリジナル設定。
詳しくはwikipedia:ジム・トレーナーを参照。