※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Virtual PCでLinux。

Virtual PCはWindows上で動作するPCエミュレータです。

特徴

ハードの増設が不要

他のマシンも、ハードディスクも、パーティションもブートローダのややこしい設定も一切不要です。(ただし、Etherカードはもう一枚挿した方がいいです。メモリも結構必要です。)

インストールが簡単

仮想マシンを作成してISOイメージかホストマシンのCD-ROMドライブを割り当てて起動するだけでインストールが始まります。インストール終了直後のディスクイメージをコピーしておけば、簡単にクリーンな環境に戻せるので、好きなようにカスタマイズや実験をすることができます。

ホストOS上のディスクイメージ

D:\My Virtual Machines
> dir /s
 ドライブ D のボリューム ラベルは User です
 ボリューム シリアル番号は 88AD-5F5B です

 D:\My Virtual Machines のディレクトリ

2004/05/25  22:39    <DIR>          .
2004/05/25  22:39    <DIR>          ..
2004/05/25  22:18    <DIR>          Redhat Linux 9
               0 個のファイル                   0 バイト

 D:\My Virtual Machines\Redhat Linux 9 のディレクトリ

2004/05/25  22:18    <DIR>          .
2004/05/25  22:18    <DIR>          ..
2004/05/21  18:57            18,944 Redhat Linux 9 Hard Disk.vhd
2004/05/25  22:18     2,466,888,192 Redhat Linux 9 Hard Disk.vhd Hard Disk.vhd
2004/05/25  22:18            12,318 Redhat Linux 9 Hard Disk.vhd.vmc
2004/05/25  22:18        57,784,128 Redhat Linux 9 Hard Disk.vhd.vsv
               4 個のファイル       2,524,703,582 バイト

     ファイルの総数:
               4 個のファイル       2,524,703,582 バイト
               5 個のディレクトリ   4,847,390,720 バイトの空き領域

起動・終了が簡単

設定終了後はアイコンをクリックするだけでOSが起動します。仮想マシンをシャットダウンするとそのまま終了します。

また、Virtual PCのウィンドウを閉じると、そのまま電源を落とすか、状態を保存するかを選択でき、後者を選ぶとメモリの状態ごと保存され、再び起動すると直前まで作業していたデスクトップ画面がそのままロードされます。

こんな人にお勧め

  • Linuxを試しに使ってみたい。
    • インストールするマシンがない。
    • デュアルブートする領域もない。
    • ブートローダの設定がよく分からない。
    • 1CDのLinuxでは物足りない。
  • Windowsを起動しつつLinuxも同時に使いたい。
    • Linuxを必要なところからorだけを覚えたい。
    • Linuxで動作するアプリケーションを使ってみたい。
  • Linuxのサーバを利用したい。
    • パフォーマンスはあまりよくないです。

入手方法

無料です。
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/virtualpc/default.mspx

参考情報

各ディストリビューションの稼動実績

Fedora Core 6

boot:にlinux vesaと入力しないと24bitカラーでインストーラーが起動してしまい画面が崩れます。
インストール中にグラフィックの選択が出ませんのでインストール後にS3に設定しなおす必要があります。

Mandriva Linux 2008

正常動作