*区民会議から区民協議会へ


「港南区民会議」は 今までの「広域的な広聴」の立場から、広域的課題テ-マについて、区民同士で情報を交換し、継続的に「話し合い」検討の上、その結果を行政や区民に提案する新しい自主的活動をする組織を目指し「港南区民協議会」として独立しました。


具 体 的 な 活 動
(1)生活に密着した区内の広域的課題等をテーマに検討し、成果を区民や行政へ提案します。
(2)テーマは、「連合自治会組織」「各種市民団体組織」と調整し、連携・協力して活動します。
(3)「区民のつどい」は、自主的な活動とし、協議会で検討した各テ-マの成果発表や、地域の皆さんによる「地域運営」や「活動事例」の発表など、広域的な区民同志の「情報交換の場」・「話し合いの場」とします。
(4)活動の実績により、区民にも、行政からも認められる組織をめざします。
(5)委員の構成も、従来の「動員型」から「自主参加(公募)型」にします。
(6)「連合自治会町内会」「各種団体」には引き続き、区民協議会へ参加・協力をお願いします。
(7)「地域集会」については、従来、「区連会」との共催でしたが、今後は、「地区連合」の意向を尊重の上、検討します。
(8)会期は、従来12月1日から、翌々年11月30日まででした。
これを一般会計年度に合わせて、4月1日から、翌々年3月31日までに改めます。
(9)区民会議事務局は 従来、港南区役所区政推進課広報相談係で行なっていましたが、行政と対等なパ-トナ-としての活動を目指すため、事務局は区民協議会で行ないます。活動について、行政側の連絡窓口を港南区役所区政推進課へお願いしました。


今迄、区民会議発足以来34年間には、皆さんとの話し合いの中から、広域的な課題として「上大岡駅周辺放置自転車対策とチョイ置き可能な駐輪場設置」や、世代を超えた「港南台中央公園のプレ-パ-ク」等の課題を地域の皆さんと話し合い、実現へ向けた努力を重ねてきました。


多様化した市民生活・活動の中で、区民の人達と日頃の各地域活動について情報交換を行ない、これらを区内全体へ広め、実現へ向ける活動を目指して、市民の間の連携「つなぐ」をテ-マにして、活動を心掛けて行きたいと思います。


2009.2.7.区民のつどい .pdf