1:
【種別】
役職

【初出】
七巻(名称のみ)

【解説】
英国で最も力を持つ三派閥の内の一つ『騎士派』のトップの役職名。
三派閥の頂点という意味では清教派のトップである最大主教・ローラ=スチュアートと同列の立場にある。

2:
【種別】
人物

【初出】
SS

【CV】
子安 武人

【解説】
『騎士団長』の役職に就いている人物。
多少若作りしている感はあるが、歳は三〇代半ば程。
金髪で中々の美男子。
本編の10年ほど前には既に『騎士団長』の役職についていた。

普段は英国女王エリザードの傍に控えており、奔放な性格である女王の規律を正すため
気苦労が絶えないという執事のような一面も持っている。

ウィリアム=オルウェルとは立場・身分を超えた親友で、
彼を『騎士』に任命するための準備を整えたりもしている。
英国第三王女誘拐事件に際しては政治的な事情で『騎士団』は動く事ができないにも関わらず、
自身の盾の紋章(騎士の立場)を捨ててまで救出に向かおうとするなど、
職業意識の高さが伺える高潔な人物。

イギリスに来た当時の神裂に「英国での立ち振る舞いを教えて欲しい」と頼まれた事を未だに覚えており、
ssでは一輪の花を携え神裂火織を舞踏会に招待するため緊張した様子で天草式の住居を訪れ、
建宮と押し問答を繰り広げるも、
「元女教皇は年上にリードされるより年下をリードする方がお好みなのよ!!」
と言い放たれ、その場は諦めたようだ。
一七巻では再び神裂を誘いに本人の元に現れ、
前述の件と共に『堕天使エロメイド』の噂についても触れ、淑女としての嗜みを説く。

第二王女キャーリサが革命を起こした際には、『騎士派』を率いて彼女の側に付いた。
キャーリサの騎士派への対応窓口の役割を担う他、実働の先陣にも立って指示を出している。
長年に渡って英国のために仕え、三人の王女とも彼女らが少女の頃からの旧知の仲ではあるが、
英国の行く末のためとあらば迷いなく第三王女ヴィリアンの首を取ろうとするなど、
国のために私情を滅することの出来る男。

役職に恥じない極めて高い戦闘能力を持ち、
フルンティングパターン魔術ソーロルムの術式などトップクラスの性能を持つ魔術を行使する。
その強さはカーテナ=オリジナルの補正を受けている状態とはいえ、
聖人である神裂を苦もなく一蹴し、
アスカロンを手にしたアックアことウィリアムと互角に打ち合う程。