【種別】
超能力

【元ネタ】
Accelerator=「加速装置」「アクセル」等。
作中においては、『粒子加速器(アクセラレイター)』が由来。
また、IT用語におけるPCの機能を向上させるソフトウェアの事でもある。

【初出】
三巻

【解説】
学園都市第一位の超能力者、通称『一方通行』が所持する能力。
運動量・熱量・光・電気量など、あらゆる種類の力の向き(ベクトル)を観測し、
一方通行の身体に触れたベクトルを自由に変換する。
(厳密には「身体の周囲を僅かに覆う能力の射程範囲」と言った方が適切。通称『保護膜』)
ちなみにこの能力名は学校側の命名ではなく、本人の申請で後から付け直されたものである。

誤解されることがあるが、彼が操作できるのはあくまでも『向き(ベクトル)』、
つまり『力が作用する方向』のみであり、力そのものの大きさや量を操作することはできない。
ただし、力の向きを適切に制御することで高い攻撃力を発揮できる。例としては地面を蹴って行う高速移動。
地面を蹴る力を最適化させ、移動速度と距離を何倍にも引き上げている。

保護膜の正確な射程は不明。
上条当麻との戦闘で自分を巻き込んで粉塵爆発を起こした際や、ミサカ9982号との戦闘時に靴を履いた状態で地雷を踏んだ際には、
体表面ではないはずの靴や衣服も含めて完全に無傷であった。
このことから、『保護膜』は衣服の上に展開されている(もしくは衣服の上にも展開できる)と考えられる。

どのベクトルをどんな向きに変換するかは本人の意思で決定される。
デフォルトは「反射(ベクトルの反転)」で、自身に加えられた全ての攻撃を自動的かつ正確に180度跳ね返してしまう。
(例えば鋼鉄破りによる狙撃を反射した際は、弾丸がそっくりそのまま銃口に戻って銃を破壊した)
『反射』はごく簡単な演算によって成り立っており、無意識下や就寝中でも自動的に展開される。

彼の特徴的な白い髪と赤い瞳もこの「反射」の弊害で、紫外線などの有害なベクトルをほぼ全て「反射」しているため。
とはいえ、彼も万物を拒絶しているわけではなく、無意識のうちに構築されたフィルタに基づいて「反射」を行使している。
(本当にあらゆるベクトルを反射すると、呼吸も物体に触ることも出来ず、それどころか重力に逆らって大気圏外まで飛んで行ってしまう)
具体的には「生活に必要不可欠なもののベクトル(必要最低限の酸素、重力等)」をホワイトリスト方式でフィルタに登録し、
それ以外の全てを「反射」するという寸法である。

そのため未知の攻撃であっても「それ以外のベクトル」として反射できるが、
垣根帝督が『未元物質』で太陽光や烈風を変質させて攻撃したように、
「受け入れているベクトル」に偽装したベクトルの攻撃を行われると素通しになってしまう。
とはいえ偽装攻撃のベクトルや偽装方式を認識・演算した上で、「それを排除するフィルタ」を意識的に組みなおせば対応可能。
垣根の他には菱形が駆る窮奇も一度は「反射」を突破したものの、両者とも初撃で対応されてしまい2回目は傷一つ付けられていない。

また、「反射」は向かってくるベクトルをただ反転させているだけなので、
内側から外に逃げるベクトルを“内側に向かって反射してしまう”という弱点もある。
研究者の木原数多は、その欠点のみを突くためだけに理論を構築し、
独自の体術(通称:木原神拳)として習得している。

能力の制御は一方通行自身の計算能力に依存しているため、「無意識・意識的に関わらず計算が追いつかないベクトルは制御下に置けない」という点から、
ミナ=メイザースが一方通行の演算を超える速度を発揮することで『反射』を実質無効化してダメージを与えている。
『反射』の演算を逆手に取った木原数多や、演算で対応不能な未知の攻撃を仕掛けたエイワスと異なり、
「演算を上回るスピード」という力技で突破した貴重な例となった。
ただし、ミナ自身は「ミサカネットワークと第一位の脳髄を併用しているのですから平素であれば何の問題もないのでしょう」と評しており、
あくまで元大規模演算装置&オカルトの塊であるミナ=メイザースだからこそできた芸当である。

あくまで一方通行は人間であるため、酸素濃度低下による酸欠も弱点といえば弱点。
ベクトル操作による高速移動や風の操作で対応できるためさほど致命的ではないが、
一瞬で無酸素状態になった場合、呼吸器内の酸素を制御出来なければその瞬間失神する可能性もある。

「あらゆる『向き(ベクトル)』を操る」という性質上、受動的な『反射』だけではなく能動的な能力としても優秀。
血液・生体電流などに代表される液体・電気の操作や、
物体を軽く小突いただけで弾丸のように射出する、身体運動の増幅、脚力のベクトルの操作による高速走行、風の操作による120mクラスの暴風・竜巻の発生、
時速700kmでの飛行、空気の圧縮による高電離気体(プラズマ)作成、細胞分裂の促進、『超電磁砲』以上の速度での石礫飛ばし……
などなど、戦闘方面に限らず多岐にわたる応用が可能。
一方通行が頭部を負傷した際(後述)には、生体電気のベクトルを操作して体細胞の分裂を促進することで、
頭髪を異常な早さで伸ばした上、傷の治癒も促進させて見せた。
保護膜に接してさえいれば密着していなくともベクトル操作が可能であり、
『保護膜に接触している巨大なベクトル』として、大気のベクトル(風)や地球の自転公転すら操作可能。

ただし一方通行の能力は飽くまでも向きの『変換』であり、
単純に向きを反転させるだけの『反射』と比較すると、ベクトルの制御・操作はより複雑な演算を必要とする。
木原数多はこの計算式の死角を完璧に掌握した上で、特殊な音波を発生させるストラップだけで演算を妨害し、風のベクトル操作を完全に封じこめた。
曰く「プログラムコードと同じで、複雑であればあるほど計算式につけこめる隙も多くなる」との事。

感知能力でもあるため、低周波や放射線など人の五感で認識できないベクトルも観測できるし、変換できる。
電気信号なども知覚できるが、抽出できるのは飽くまでベクトルの有無、つまり0と1の羅列のみで、
脳内にある記憶情報を読み取る事はできても、それらを再生する機能は存在しない。
一方通行本人曰く「CDの表面を見ただけで音楽を思い浮かべられる人間がいないのと同じ」とのこと。

派手な力技などが目立ちがちだが、非常に繊細かつ精密な能力行使も得意とする。打ち止めに行ったウィルス削除が代表的。
この技術は、その場にあったワクチンデータを目視で把握・暗記した後打ち止めの脳内にある情報と照らし合わせ上書きしただけなので上記の欠点とは矛盾しない。
しかし、人間一人分の脳内を解析してのけた技術と頭脳は本物。
暗部に堕ちた後、意識を失った妊婦の生体電気を読み取って胎児と母体の生体情報をモニターし、適切な治療法を導き出すことで救った事もある。

その能力の本質は、『自身が観測した現象から逆算して、限りなく本物に近い推論を導き出す』事。
ベクトル制御や、それに付随する攻撃スキルは単なる付加価値でしかない。
『粒子加速器(アクセラレイター)』の名を自ら冠したのは、
無意識の内に、自身の能力の意味に気付いていたが為。
この能力を利用して、エイワスの翼のベクトルから得られた情報を元に逆算し、
羊皮紙に記載された『不可思議な法則』を明らかにした。

魔術のベクトルは既存の物理法則に従うベクトルとは異なるが、
ベクトルそのものは確かに存在しており、干渉が可能。
しかし、思い通りに干渉できるわけでもなく、
魔術を放った魔術師自身にも、干渉した一方通行自身にも不可解な現象を起こす。
ヴォジャノーイの水の槍を『反射』した際は、水槍は斜め後方に逸れ、七色の光に分解された。
どうやら魔術的なベクトルを反射すると基本的に「斜め後方に逸れる」らしく、ミーシャの氷の翼も斜め後方に逸れて外れている。
そのため通常の反射のように「相手に向けて跳ね返す」ということはできないものの、魔術を逸らして防御することは一応可能。
ただし弾かれる角度が浅いため、強く切り込まれれば逸らしきれずに直撃してしまう。
一掃』レベルの威力では逸らす事も敵わなかった。
エイワスの攻撃を防げなかったのも同様の原理らしい。
これは『既存の物理法則』とは違う為、そのままでは通常通りの干渉が出来ない事が原因。

一方通行打ち止めを巡る騒動で頭部に損傷を負って以降は能力演算にも制限がかかっている。
彼は思考や能力発動に必要な演算のほぼ全てを妹達ネットワークに依託したため、
ネットワークとの通信に用いる演算補助デバイスのバッテリーによって能力使用可能時間が制約されている。
9月30日当初では15分しか能力を解放できなかった。
『暗部』に落ちてからはグループの技術班によって改造が加えられ30分に倍増したものの、
代わりに上層部による通信ジャミング(=『一方通行』が無力化されうる)機能が仕込まれてしまった。
これは後に、にジャミング対策用の機材を仕込むことで克服されている。

この関係上、トンネルや地下施設などのミサカネットワークの電波が届かない環境では、
アンテナを自作するなどして対処しない限り、能力を使用できない。
駒場利徳攪乱の羽を利用することでこの弱点を突き、一時は一方通行を追い詰めることに成功している。
加えて、ミサカネットワーク上に一方通行用の代理演算領域が確保されていない場合も能力の行使が不可能になる。
(例:木原幻生によるミサカネットワークへのウイルス注入事件
『超電磁砲』作中では語られていないものの、担当編集O野K太郎氏のTwitterで
この際一方通行は行動不能になっていたことが明かされている)

『0930』事件において、演算能力を失ったまま行われた木原数多との戦闘を切っ掛けに、
既存のものとは違った非科学的法則に基づくベクトル制御でAIM拡散力場を操作する力を得た。
プロセスとしては、既存のルールを全て捨て、可能と不可能を再設定し、
目の前にある条件をリスト化し、その壁を取り払う。
それにより新たな制御領域の拡大(クリアランス)を取得、
自分だけの現実に数値を入力し、通信手段を確立…という事らしい。
この際アレイスターは「ベクトル制御装置」に言及しており、この新能力まで予想通りだった節がある。

この際、
  • 失ったはずの言語能力や歩行能力を補う。
  • 正体不明の黒い噴射の翼が生える。
  • 至近距離での手榴弾爆発を防ぐ(汚れは付着するため反射とは異なる)。
  • 不可視の力で音速の数十倍の速度で木原を吹き飛ばす。
  • 発言した際、言語にノイズが混じる(ミーシャ幻想猛獣に現れた現象と酷似)。
  • インデックスの見立てによると聖人でも纏めきれるかどうか、というほどの力を行使。
  • 発動中はかなりの負担がかかり、翼を自ら操作することは不可能。ほぼ本能のままに攻撃する(ただし発動時の記憶は残る)。
といった現象が確認されている。

後に垣根帝督との戦闘で黄泉川が倒れ、一方通行が殺意を露わにした際にも黒い翼が顕現し、
  • 正体不明のベクトルを操り、離れた地点にいる垣根帝督を地面に叩き伏せる。
  • 黒翼そのものによる打撃、及びそれを裂いて出現させた複数の鋭い黒い羽を放つ攻撃(本人の強い意志で途中停止可能)。
など前回よりもさらに凶悪な性能を発揮した。
しかし解説らしい解説は全くなされず、謎は深まるばかりである。
強いて言えば未元物質と対比する描写が繰り返されており、垣根とはこの後にもなにかと因縁がある。

第三次世界大戦で魔術を行使し打ち止めを救った際には、
墨のように黒かった翼は純白に変色し、頭上には同じ色の輪状の物体が現れる…など天使的な造形に進化している。
地の文には「この現実世界に特異な力を吐き出す源となっていた、精神の変異」とあり、心境の変化に伴って『自分だけの現実』が変容したための進化だと思われる。
戦闘力は「黒翼」すら遥かに上回り、
  • 一瞬で3000m〜5000m上空へ急上昇
  • ユーラシア大陸全土を消滅させるほどのテレズマを真っ向から相殺
等。どちらにせよ自身が相当追い詰められた状態でないと使用が不可能なことが伺える。

『黒い翼』『白い翼』は共に現時点では正体不明の力。
説明が出来ない点、本人が追い詰められないと行使出来ない点などは、上条の『竜王の顎』とも共通している。
なおエイワス曰く、少なくとも『黒い翼』はオシリスの時代の力、とのこと。
新約6巻において、垣根帝督はこの翼を「論理の範疇から飛び出した」「理論で説明できない翼」と評しており、
「説明できない何かは説明できない浪費を大量に促す」と分析している(翼の出現期間が極端に短いというデータからかと思われる)。
実際に何かを消費しているのか、しているとして「何を」消費しているのかは不明。

超能力の『噴出点』を設けて他者の能力を借用する恋査は、『一方通行』をコピーすることで黒翼を発現。
その上で「白翼の出し方が解らない」と発言していることから、どうやら『白い翼』と『黒い翼』は別種の能力であるらしい。
地の文によれば白翼は一方通行が「何かを手にした結果」到達した能力とのことで、
後に恋査が白翼を発現させた際の心理状態を鑑みると「何かを守る」という心境がキーとなっている可能性が高い。
また、「翼」の正体が何であれ、能力コピーで使用できる以上は「翼」もあくまで超能力『一方通行』の一部ということらしい。

『翼』は一方通行の心理状態によってその色を変化させるようで、白や黒ではない色に染まる可能性もある。
フロイライン=クロイトゥーネによって打ち止めが殺害、捕食されたと勘違いした際には「グロテスクな何かに染め上げられた翼」を現出させかけた。

【備考】
一方通行が熱量を反射した場面(旧約5巻など)について、しばしば「熱量はスカラーである」という指摘がされるが、
火炎攻撃や冷却攻撃等含む『熱量の移動』はベクトルであるため、操作できても能力的に矛盾しておらず、またそれ以外のことをした事はない。
同様に電気量もスカラー量ではあるが、電磁場はベクトル場であるため、作中の描写に無理はない。
また、『空間移動』は「11次元空間の『ベクトル』」を用いて物体を移動させるため、これによる攻撃も反射可能。
なお、一方通行自身の経験として、空間移動を反射した際に「奇妙な現象が起こる」事が語られているが、詳細は不明。