【種別】
考察ネタ?

【元ネタ】
上条当麻の一人称の一つ「上条さん」と、「(右手の)中の人」から

【初出】
登場は旧約22巻。
「右手の中の人」への初言及は鎌池和馬スレッド2のレス番210と思われる。
「中条さん」表記の初出は現状不明。

【解説】
上条の右腕の中に潜む幻想殺し以外の「何か」のこと。
正式な名称が不明なため、ファンからは専らこの名称や「中の人」と呼ばれることが多い。

初登場は右方のフィアンマとの決戦。フィアンマによって右腕を切断された事によって姿を現した。
フィアンマは世界を救うべく『幻想殺し』を切断、分解し『聖なる右』へと取り込み、『神上』の一撃を上条へ放った。
惑星を消し飛ばすと言われる程の莫大な光は、しかし上条の肩の断面から伸びた見えない右手、『透明な何か』に弾き飛ばされるように真っ二つに引き裂かれている。

現段階では形状や具体的な効果を含め、その正体は一切不明。
それまではアウレオルス戦で現れた竜王の顎と同一視されており、
超電磁砲にて8体の龍が現れたことで正体が確定したと思われていた。

しかし上里との戦いにおいて変質している可能性が示唆され、新約22では明確に「龍ではない」と述べられるなど、手がかりが掴めなくなってしまった。

同巻では「龍」でも「見えない」でもなく、
赤黒い魚卵の房を連想させる外見の、一目で人工物とわかるポリゴンのような三角面の泡の集合体として出現。
泡の中には何かしらの存在の『群れ』が潜んでいる。
同巻では計二回出現しており、一度目は心理掌握で「右手が肘の先までちゃんと存在している」と上条に認識させることで消失。
二度目の出現はコロンゾンとの戦闘中に起こり、「城塞と同等の硬さ」と称されたクイーンブリタニア号を真っ二つに引き裂いた後、自動的に復元した。
しかし上条にも一切制御が出来ず、復元後も上条の右手の中で蠢き続けている。
相当に強大・凶悪な力らしく、善悪関係なくそこにいる者全てを貪り殺すらしい。

詳細を知るであろうアレイスターからは
「取り出すのが早すぎる。今のままではガワの上条当麻は粉々に弾け飛ぶぞ」
「分解されぬモノ、その奥に潜んでいたアレを貴様は一体どうするつもりだったのだ?」
「一番の難問は上条当麻、その右手の力だよ。アレはもう抑えきれんぞ」
とまで言われており、桁外れの存在であることは間違いないと思われる。