【種別】
人名

【初出】
六巻(第三世代への道)

【解説】
本名不明。完璧すぎて可愛くないという理由で落ち目のアイドル。
広告代理店に『ボルガの王女より美しい』と評されたことにより、不敬罪でレギュラー番組を降格させられた。
最終的に「戦場レポーター」としてやっていくか「AVデビュー」かで選択を迫られクリーンな戦争に参加したが、そこでヘマをしてバックグランド部隊へ左遷された。
テレビ番組の企画で建築用パワードスーツの免許を取っていたため、アサバスカ方面輸送戦ではパワードスーツに搭乗していた。

同部隊に左遷されていたドラゴンキラーの2人と共に『情報同盟』の襲撃に賄賂密輸の証拠隠滅と立て続けに危機に遭うも、パワードスーツの存在とクウェンサーの的確な指示で3人揃って生還を果たした。その後、彼とだけメアド交換している。