【種別】
人名(通称)・神名

【元ネタ】
ヌアザとも。ケルト神話に登場する神の一柱。
銀の腕/アガートラーム(Airget-lamh)の異名を持ち、
合せて銀腕のヌアザ(ヌアザ・アガートラーム)とも称される。
Wikipedia - ヌアザ

【初出】
新約十三巻

【解説】
真の『グレムリン』に所属する『魔神』の一柱。
他の『魔神』達と共に『隠世』に潜んで暗躍している。

アレイスター=クロウリーが『隠世』に踏み込んだ際には意思表示をしていなかったが、『隠世』の性質上、事態は把握していると思われる。
上里翔流と遭遇し、彼の右手に宿った『理想送り(ワールドリジェクター)』により『新天地』へと追放されてしまった。
上里の右手から『銀の左腕』が落ちたことで、ネフテュスは彼の消滅を確信した。

新約十五巻で全身刺青の青年の姿を現したが、これはサンプル=ショゴスで外見だけを模したハリボテである。

本物のヌァダは新約十七巻で再登場。
『銀の左腕』を上里に奪われたため隻腕となっている。
ダルヴ=ダオル」をサイコロ、コイン、カード、ルーレットといったギャンブルにちなんだ形状にして攻撃する。本人の伝承に沿った道具の形状にせずこれらの形にするのは、ギャンブル感覚の遊びで殺しに来ている表れとの事。
この巻では表記揺れか名前がヌアダではなくヌァダとなっている。