【種別】
オブジェクト

【初出】
二巻(採用戦争)

【元ネタ】
Bright Hopper=「光るバッタ」

【性能】
全長…約120m(脚部最大展開時)
最高速度…時速850キロ
装甲…1センチ厚×1000層(溶接など不純物含む)
用途…対オブジェクト用駆逐兵器
分類…陸戦特化型第二世代
運用者…正統王国軍第五二機動整備大隊
仕様…静電気+複数脚推進システム
主砲…短距離レーザービーム砲×4
副砲…レーザービームなど
コードネーム…ブライトホッパー(強力なレーザービーム兵器と、バッタのような脚で高速移動するところから)
メインカラーリング…シルバー

【解説】
正統王国』第52機動整備大隊所属『オブジェクト』。
操縦するエリートハルリード=コパカバーナ少佐。
正統王国』の有力貴族であるため彼の乗るオブジェクトの内装は王城用の宮大工にオーダーさせている。

ミリンダの駆る第一世代オブジェクト『ベイビーマグナム』よりもスペック的には優っており、
同国では最新鋭とされている。
全体的なフォルムは、巨大な球体の下に、前方は円形の静電気発生装置、後方は3本の脚を取り付けたもの。

機体には陸戦専用の第二世代を採用、レーザービーム系の兵器を集中装備している。
静電気で巨体を浮かばせる従来の移動方式に加え、バッタに似た脚を使って地面を蹴る事で、
他のオブジェクトには無い超高速移動と時速7~800キロに及ぶ超高速戦闘を可能にした。
しかしその脚の構造上後ろに下がる機能は切り捨てられ、ひたすら前方へ突撃する仕様になっている。