【種別】
人名

【初出】
十七巻

【CV】
高田 憂希

【解説】
イギリスの結社予備軍新たなる光』に所属する少女。
年齢は10代前半、本人曰く中学生。
身体は小柄だが歳にそぐわず体型は女性的で、それなりに出る所が出ている(美琴曰くチビ巨乳)。
長い黒髪を先端の方だけ三つ編みにして束ね、赤いカチューシャをしている。
上条曰くラクロスのユニホームのような服装で、
青っぽい色のミニスカートに、野暮ったいジャケットのファスナーを首まで上げた格好。
因みにスカートの中はパンツで、スパッツやレギンスなどは履いていない。

実力的には確実に新たなる光の中で最強。(ベイロープ談)
鋼の手袋』の扱いなら『知の角杯』さえ使われなければベイロープより上(本人談)。
しかし、それを差し引いても大雑把な性格らしく、潜伏中にも関わらず騒ぎを起こしたりしている。

砲弾のような速度で自動車と並走したり、垂直跳びで三階ぐらいの高さまで上昇するなど、
驚異的な跳躍力を誇るが、一定以上の高さは怖いらしく、
保険として、空中でのバランス制御を行う『尻尾』の霊装を装備している。
普段『尻尾』は太股の付け根の部分に、蛇のように巻き付かせて収納している。
しかし、下から上へ跳ぶのは得意でも、上から下へ飛び下りる衝撃までは緩和しきれないようだ。

『新たなる光』の連携戦闘では、機動力を生かして斥候・偵察の役を担う。

カーテナ輸送の際に酒場で騒ぎを起こして逃げていたところを上条オリアナに追跡され、
追い詰められた際に口封じの為に騎士派の一員の持つ『ロビンフッド』による狙撃を受けた。
負傷したところを上条に抱き抱えられ女子寮オルソラ回復魔術を掛けてもらった。

その後、クーデターで見た上条を「引き入れれば英国の為に戦ってくれる」と考え、
ロシアにこっそり先行し、上条と合流した。
霊装『鋼の手袋』も「レッサースペシャルカスタム」にパワーアップ。
しかし、鋼の手袋は上条の作戦によって破損したために修繕したものの元通り、
積極的に仕掛けていた色仕掛けも上条にこっぴどく説教されてしまった。(15分間)
因みに、色仕掛けが成功しない中
(いやいや、私はせくしぃであるはず!!)
などと考えており、あまりそういう事には慣れていないようだ。
なお、上条と行動を共にし、彼の行動指針、思想を理解した後も変わらず同行している。

エリザリーナ独立国同盟で敗北しても諦めずフィアンマを追い、
ロシアの地を行く上条に同行を続けていたが、ベツレヘムの星浮上時に上条と引き離されてしまう。

8巻では対グレムリン戦においてカブキチョー(?)にパラシュートで降り立ち、
とっさに 辰が如し を思い出し、興奮していた。

【口調】
一人称は「私」。基本的に敬語。
ただし全体的にノリが軽い。