【種別】
職業/生き方

【初出】
SS2巻

【解説】
元はどこかの偉い武将が山賊を金銭で雇った所に端を発する、闇に紛れて生きる者たち。
再興を目指すがいることから、現代では勢力としての力を失ってしまっているようだ。
末裔である服部半蔵はその本質を、
「雑草に学べ、害虫を参考にしろ、そして脇役を敬え。
雑草はどこにでもある。害虫はなくならない。そして脇役は風景に溶け込む。
それら全てを兼ね備え、凝縮すること」
と語っている。
それゆえ、台頭を目指す郭と陰に潜もうとする半蔵は分かり合えなかった。
そもそも郭の主張する『高潔なる家系』である服部家も、
出発点が山賊などの『どこにでもいる者』たちなので、前提が間違っていると指摘されている。

戦闘術としての忍術は、
ちょっとした工夫で戦闘のリズムを傾け、その隙に死角から攻撃を加えることが極意であるとされる。
そのため半蔵は目立たない武器として『打ち根』を使用する。
また、くノ一たる郭は御多分に漏れず『色』を利用する術を習得・使用する。
「古来より忍はその時代の最先端の装備を使用していた」とのことで銃などの使用に抵抗がない郭と対照的に、
半蔵は忍術の戦闘哲学を重んじ、目立つ武器全般を酷評している。