【種別】
小説

【初出】
2004年9月発行 電撃文庫公式海賊本「電撃h」

【解説】
「とある魔術の禁書目録」の著者、鎌池和馬氏が電撃文庫に応募した際、受賞には至らなかった作品。
しかし、「とある魔術の禁書目録」の人気からか公式海賊本にて読みきり小説の形で掲載される。

掲載時本文の前に載っていたコメント
     テーマは、[H]air dyed [H]eroine(髪を染めたヒロイン)。
                      死体を前に立つ少女と死ぬに死ねない少年。
                    深夜の公園で、出逢い、別れ、知ること―――。
  
             担当編集が読んで思わず唸った、秘蔵の原稿が今紐解かれる。


同じ世界観を持つものに「殺人器とネバーエンド」がある。
なお、「とある魔術の禁書目録」との世界観のリンクなどについては現在確認されていない。