※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/11/03作成

GGとは?

says-projectが作成、JRDBの競馬情報サービスで提供されるデータに特化した競馬予想支援ソフト。
ゴールドジェネレーターとJRDB過去データ分析ツールをセットで提供している。

現在開発中の為ベータ版となっている。
最新版
ゴールドジェネレーター β4(Ver 0.14.0856) 修正モジュール GG0856P.EXE 1.91 MB (2,004,986 バイト) 2006/8/11
ダウンロードは、
JRDB HP内のデータ・プログラム のゴールド・ジェネレータ for JRDBにあるリンクをたどっていく

インストールされる主なパッケージの概要

ゴールードジェネレーター
JRDBデータの表示・閲覧、IPAT投票、オッズの表示を行うソフト。
  • 通称:GG
  • JRDBデータを閲覧する。
  • JRDB提供データの馬柱を表示する。(ユーザが表示データを選択して設定することも可能)
  • IPAT投票をする。(印から投票も可能)
  • 3連単の投票は出来るが、オッズの取得・表示、印から投票は、今のところできない。
  • β版の為、バグ(プログラムに不具合)があるが、プログラムが動かないというような致命的なものはない。(ごく一部だけ我慢すれば、おおいに使える)
  • 以前はビルドの度に機能が拡充していったが、build853辺りから、ビルドアップ(リコンパイル)のみに見える。


JRDB過去データ分析ツール
JRDBデータを元に傾向と対策を練るソフト。
  • 通称:GGA
  • 過去のJRDBデータを使用し、勝馬の傾向(条件)を分析(抽出)する。
  • ユーザが指定した条件で過去の該当馬を抽出し、その勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率などを集計、表示する。
  • 抽出する条件を「お気に入り」として登録し、開催日に出走する馬の中から条件の該当馬を抽出・表示する。
  • 一度使うと「お気に入り」は馬券検討の必需品。


DBMan
JRDBデータをMDB(MSAccessデータベース2000形式)へ登録するソフト。
  • JRDBからの提供されるデータは、LHA形式で配布されるため、データの登録(解凍)のため「UNLHA32.DLL」が必要
  • 過去データを1999年以降からすべて登録すると2006年で900MB位になる。
    ユーザメモなどを登録していると更に増えるので、MDBの上限容量の2GBに達する前に、過去データの削除(手動)が必要になる。


最終更新日:2013-01-10

  
添付ファイル