EC0096 死神・・・・?

エピソード2・VS ノーマル
とても怖がりな魔物で、いつもフルフル震えている。

常にお腹をすかしているらしく、ご飯を食べているとじっと見つめてくる。

死神の格好をしているが、死神なのかどうかはよくわからない。とりあえず、仲間はいっぱいいるようである。

持っているカマには「死神印」と謎のマークが彫りこんであるらしい・・・
生命力 500
攻撃力 150
防御力 150
特殊効果 なし
属性初期値 火:1 水:1 風:1 土:1 機:1
属性最大値 火:30 水:30 風:30 土:30 機:30
進化不可 進化不可

EC0097 ソードマスター ディーン

エピソード2・VS キラ
その男はデーモンの大群に囲まれてなお、笑みを浮かべていた。
包みから取り出したのは巨大な剣。
男は無造作にも優雅にも見える動きでゆっくりと構えた。
片手で扱えるとはとても思えないその剣は、芸術的な美しい装飾が施されているが、巻きついた鎖、大きさ、形が異様な感覚をつきつける。
もっともデーモン達は、目の前の男から感じられる底知れぬ強さを前に動く事すらできなくなっていたため、その剣をゆっくりと眺めるゆとりなどなかったかもしれない。

次の刹那。男が剣を振るったのは1度。死と破壊の衝撃がその場を支配した。
全てのデーモンは、その男と遭遇した不運を嘆く間もなく崩れ落ちたのだった。

「貴様らでも、俺を楽しませてはくれないか・・・」

アルティマルビーを求めるその男もまた、ディンマルグを目指すのであった。
生命力 1500
攻撃力 255
防御力 255
特殊効果 なし
属性初期値 火:12 水:12 風:12 土:12 機:12
エボ後 ( EC0137 / ネオブレイカー ディーン ) 火:22 水:22 風:22 土:22 機:22
属性最大値 火:25 水:25 風:25 土:25 機:25
備考 EC0028 / 謎の男

EC0098 青の魔人レクネロス

エピソード2・VS キラ
「あの方に会える・・・あと・・・少し。」

魔王につかえる4魔人の一人、レクネロス。
魔王や魔人が人間の世界で実体を保つためには、魔界の気が必要である。だからこそ魔物たちはゲートを使いながら、この世界に魔気を充満させ、魔王や魔人の復活の準備を整えているのである。

魔人の出現は、魔気の充満を加速させてしまう。

「そう、あの方の出現を少しでも遅くさせたいのならば・・・死ぬ気で私を倒すしかないぞ。さぁ、来るがよい。」

凍りつくようなオーラをまとい、魔人は笑みを浮かべるのだった。
生命力 1400
攻撃力 240
防御力 240
特殊効果 なし
属性初期値 火:9 水:15 風:9 土:9 機:9
エボ後1 ( EC0138 / 青の流麗 レクネロス ) 火:12 水:22 風:12 土:12 機:12
エボ後2 ( EC0143 / 女神 レクネロス ) 火:9 水:15 風:9 土:13 機:13
属性最大値 火:15 水:25 風:15 土:15 機:15

EC0099 ブラックドラゴン

エピソード2・VS キラ
ドラゴン族の中でも、破壊を生業とする種族、ブラックドラゴン。

本来であれば、人間の世界には存在しない、凶悪な生物である。

ドラゴンがこちらの世界に来るとなると、小さなゲートからではまず不可能。

言い換えれば、ノール王国は恐るべきドラゴンまでもが通れる、巨大なゲートが開いてしまった、ということになるのである。
生命力 1400
攻撃力 240
防御力 230
特殊効果 なし
属性初期値 火:3 水:3 風:3 土:3 機:15
エボ後 ( EC0139 / カオスドラゴン ) 火:8 水:9 風:7 土:7 機:18
属性最大値 火:15 水:15 風:15 土:15 機:20

EC0100 グリーンドラゴン

エピソード2・VS レア
土の属性を持ち、毒を自在に操るドラゴン族、グリーンドラゴン。

毒素を帯びたその皮膚には、常人では近づく事すら決死の行いであろう。

どうしても倒したいのならば、魔法や弓で遠距離から攻撃する事をオススメする。

翼はかなり小さめで、このドラゴンは空を飛ぶ事はない。
生命力 1400
攻撃力 230
防御力 220
特殊効果 なし
属性初期値 火:3 水:3 風:3 土:15 機:3
エボ後 ( EC0140 / アシッドドラゴン ) 火:8 水:9 風:7 土:18 機:7
属性最大値 火:15 水:15 風:15 土:20 機:15



■更新履歴・間違い報告もこちらから■(最終更新2009年04月26日11時25分58秒)

本日 -
昨日 -
総計 -