ZS0011 海の使い 人魚

マルチプレイ・VSエボ レア
「さぁ私と一緒に行きましょう。もっと深い海へ・・・。」

朦朧とする意識の中、確かにその女性はそう告げた。
海の中だというのに・・・。

ここは人がいていい場所ではないことはおぼろげながらに理解できる。だが、体が思うように動くことは無かった。
それは目の前の美しい人魚に魅入られたためなのか。
または絶望という深い闇に取り込まれてしまったためだろうか。

こうしてまたひとりの若者が姿を消していった・・・。
生命力 1750
攻撃力 240
防御力 255
特殊効果 生命力+50 心属性+20
属性初期値 体:5 心:10 技:8 術:10 機:7
属性最大値 体:15 心:35 技:15 術:20 機:10
エボ前 ( ZS0010 / 海乃姫 )

ZS0012 霊媒師 フェイレン

マルチプレイ・VS レア
その女性は鎖で拘束され、大江戸や京の都でも見掛ける機会の少ない服装で身を包んでいた。
目を開いていることから意識はあるように思えたが、その瞳に生気は宿っていなかった。

腕の自由を奪う鎖。
おびただしい数の呪符。

これはすべて彼女を守るためのものであった。
多くの魔を引き寄せる霊媒体質。それが彼女を拘束する原因なのだ。

「誰も私に近寄ってはいけない。いつ私の意識がなくなるかわからないから・・・。」
生命力 1200
攻撃力 245
防御力 215
特殊効果 4連撃目で大ダメージ
属性初期値 体:6 心:8 技:6 術:8 機:4
エボ値 ( ZS0013 / フェイレン 憑依体 ) 体:8 心:15 技:8 術:20 機:6
属性最大値 体:10 心:15 技:10 術:20 機:8

ZS0013 フェイレン 憑依体

マルチプレイ・VSエボ レア
「ふふふ、やっとこの体を手に入れた。なぁに悪いようにはしないさ。大事な体だからね。」

そう言ってフェイレンは、自らの手で鎖と呪符を取り除き立ち上がった。
先ほど前で群がる魔に怯え、静かに時が過ぎるのを耐えていた女性と同一人物なのだろうか。
生気に満ちた瞳はゆっくりと周囲を見回した。

「なかなか面白い魔が揃ってるじゃないか。有効に利用させてもらうよ。」
生命力 1350
攻撃力 255
防御力 235
特殊効果 3連撃目で大ダメージ
属性初期値 体:10 心:12 技:10 術:15 機:5
属性最大値 体:15 心:18 技:15 術:25 機:10
エボ前 ( ZS0012 / 霊媒師 フェイレン )

ZS0014 麒麟

マルチプレイ・VS レア
その幻獣は雷を司ると伝えられていた。
一日数千里を駆け抜けるその勇猛な姿から、獣類の長とも呼ぶものもいる。

その獣の名は麒麟。

「人は何度同じ過ちを繰り返せば考えを改めるのだ。覇王の力は統べる力ではなく、破壊の力だというのに・・・。」

殺生を嫌う麒麟だったが、永きに渡り見守ってきた人間に諦めに似た感情を抱き始めていた。

「災いを好むのならば、我が覇王に代わって災いの種となろう。」
生命力 1500
攻撃力 230
防御力 230
特殊効果 特に無し
属性初期値 体:5 心:7 技:7 術:5 機:4
属性最大値 体:10 心:12 技:12 術:10 機:8
進化不可 進化不可

ZS0015 鬼人 豊臣秀吉

マルチプレイ・VS キラ
「・・・猿。私の代わりに牙を剥いてくれるか。だが、お前では彼らの相手は荷が重過ぎる。私が出よう。」

兜を目深に被ったその男の名は秀吉。
戦国の世に名を残した豊臣秀吉、その人であった。

「久々の地上。こんな所で散ってしまうのは面白くないのでな、少し本気を出させてもらう。貴様らも散るなよ。」

覇王に匹敵する力を秘めた鬼人の血。
その鬼人の力の一端がいま明らかになる。
生命力 1600
攻撃力 255
防御力 245
特殊効果 6連撃目で大ダメージ
属性初期値 体:5 心:20 技:15 術:4 機:3
属性最大値 体:10 心:25 技:25 術:10 機:8
進化不可 進化不可
備考 SC0300 / 太閤 豊臣秀吉


■更新履歴■(最終更新2009年10月29日18時35分32秒)
  • フェイレン 憑依体 心 最大 18
    -- schatten (2009-02-11 17:26:17)
  • フェイレン 憑依体 術 最大 25
    -- schatten (2009-02-15 08:45:32)


本日 -
昨日 -
総計 -