ES0081 剣闘士 リン

外伝エピソード1・ガチャエボ ノーマル
「手加減は依頼に含まれていないので消えてもらいます。」

依頼に忠実なリンは、ホニャンが自分の身を守るために雇った剣闘士であった。ホニャンを狙う者などカルマルにはいなかったが、今リンの前に立つのは、カルマルを狙うため偶然にもホニャンの屋敷裏に忍び寄った敵だった。

演武のような軽やかな動きで敵を葬るリン。その動きには一片の無駄もなく、達人の域に達していた。

「ふぅ敵を待つの飽きてきたな。そろそろ前の仕事に戻ろうかしら・・・。」
生命力 1700
攻撃力 280
防御力 250
特殊効果 なし
属性初期値 火:6 水:10 風:10 土:12 機:5
属性最大値 火:12 水:18 風:19 土:17 機:10
エボ前 ES0058 / 秘書官 リン

ES0082 チルカ 無限の可能性

外伝エピソード1・ガチャエボ ノーマル
「きゃ。なに?」

カルマルに戻ったチルカは、自分の部屋に籠もりふさぎこんでいた。魔法と機械の融合。それが夢だったチルカにとって、志半ぱで留学を終えて帰ってきたことが悔しかったのだ。

そんなチルカの様子を気遣った機の聖獣ティーチが、自らの魔力により生まれた電気で機械を動かそうとしていた。

ビリビリと放電するティーチの魔力が高まると、機械は静かに動き始めた。

「えっ・・・、もしかしてあなたが私に力を貸してくれるの?」

これが機械士と機の聖獣という奇妙なタッグの始まりであった。
生命力 1750
攻撃力 270
防御力 240
特殊効果 機属性+10
属性初期値 火:5 水:4 風:4 土:4 機:15
属性最大値 火:15 水:8 風:8 土:10 機:40
エボ前 ES0059 / チルカ 失意と希望

ES0083 暗殺者 ブレット

外伝エピソード1・ガチャエボ ノーマル
幻術士ブレットのもうひとつの顔、それが暗殺者であった。自らが生み出した幻術により周囲の景色と同化して対象に近付き、静かに永遠の眠りを与えるのだ。

「最後ぐらい希望通りの幻を見せてやろう。さぁ何が見たい?」

ブレットが生み出した影よりも深い闇が、多くの命を飲み込んでいく・・・。
生命力 1650
攻撃力 270
防御力 250
特殊効果 クリティカル率+5%
属性初期値 火:4 水:6 風:6 土:2 機:2
属性最大値 火:8 水:14 風:15 土:8 機:8
エボ前 ES0060 / 幻影士 ブレット

ES0084 ティーチ 覚醒

外伝エピソード1・ガチャエボ ノーマル
「チルカの想いが私に力を貸してくれる。だからあなたのために私ができることは何でもやるからね。」

魔法の素質の無かったチルカだったが、機の聖獣であるティーチとの相性は抜群だった。まるで足りない部分を補うかのように、チルカとティーチはお互いの可能性を高めあった。

機の聖獣。それは未来への可能性を示す輝きそのものであった。
生命力 1300
攻撃力 265
防御力 235
特殊効果 機属性+25
シンクロストライク
リーダー:チルカ(EP5.2除く)
属性初期値 火:5 水:5 風:5 土:5 機:25
属性最大値 火:8 水:8 風:8 土:8 機:30
エボ前 ES0061 / 機の聖獣 ティーチ

ES0085 天空人 インフィニティ

外伝エピソード1・ガチャエボ キラ
「一気に片付けるわよ。」

妙齢の女性に姿を変えたインフィニティの魔力は、これまでの姿の時とは比較にならないほど強大になっていた。

この姿こそ15年前に魔王と対峙した時の姿であり、10英雄として語られる謎の多き魔導師であった。

「まったくカルナったら、あっさりゼロの策略にはまって女を追いかけちゃうんだから・・・。」

魔王を倒したとはいえ、世界の魔物が姿を消したわけではなく、そして消耗した国がすぐに回復するわけでもなかった。

そんな中、魔王による直接的な被害を受けなかった機械国カルマルは、いつしか多くの者たちが関心を集める国となっていた。
そんな中、動き出したのが機械の化身ゼロであった。

「しょうがない。さっさと片付けてまた姿を消すしかないか。」

世界を影から見守る存在。
今までそうであったように、これからもピースメーカーの仲間と共に静かに地上を見守り続けるのだった。
生命力 2250
攻撃力 330
防御力 280
特殊効果 攻撃力+15
属性初期値 火:7 水:7 風:12 土:12 機:7
属性最大値 火:15 水:25 風:25 土:10 機:15
エボ前 ES0050 / ピースメーカー インフィニティ



■更新履歴・間違い報告もこちらから■(最終更新2009年04月16日22時17分36秒)

本日 -
昨日 -
総計 -