※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「数奇にして模型」は、ミステリ作家・森博嗣(もり ひろし)の作品のひとつ。
「S&Mシリーズ」と呼ばれる作品の9作目。講談社ノベルス。

ちなみに「S&M」とは別にいかがわしい意味ではなく(笑)、主役である犀川創平と西之園萌絵の頭文字を取ったものである。
タイトルの由来は「好きにしてもOK」をもじったらしい。

猿轡をされた女性

  • 西之園萌絵
N大学工学部の生徒。西之園家という富豪の一人娘で、ミステリと車のエンジン音と担当共感である際川のことが好き。好奇心が抑えきれず、今回は大ピンチに。

猿轡の種類

  • 粘着テープ
手足と口に貼られ、床に寝かされているとういう描写があります。

備考

犯人を追ったがためにその犯人に捕らえられてしまう、好奇心の塊のようなお嬢様探偵。
電極やコードと繋がれ、一歩間違えば死ぬかもしれないという、DIDの王道のようなシーンです。

関連リンク

同作者の作品
公式ページ




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー