※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新情報 (日時は全てPST表記)

30-June-2006

  • Full Buildが実施され,それに伴いDebug情報付きビルドによるデータ収集が開始されます。基本的にこれでFeature Freezeとなります。
  • 新型エンカウンターが全てのダンジョンに導入されました。PCによるチャレンジの多いダンジョンから順次バランスは調整されていくでしょう。
  • 一部CreatureのAIが修正されました。
  • ペンナ村の雑貨屋で楽器が販売されています。
  • HTF Rateの微調整が実施されました。

29-June-2006

  • 神聖/秘術呪文の一部改定が実施されました。
  • 調査物が追加されました。
  • 調整済みエリアが追加されました。
  • 戦闘中及び敵対Creatureの視認距離内にいる場合,一部エリアへのエリア移動は不可能となります。
  • 5レベル以上のPCに対してはEvil Alignmentの強制変更措置が解除されました。ただし,事実上プレイは不可能となります。
  • ログイン時の挙動が変更されました。
  • Area Cleanerの発動間隔が変更されました。
  • 一部のダンジョンに新型エンカウンターが導入されました。このエンカウンターはPT規模/平均レベルに対してリニアに強度を変化させます。理論上,適正PTサイズの幅が2-6まで広がるはずです。

28-June-2006

  • 戦闘中のログアウトに潜在的にペナルティを課す実装が導入されました。
  • ルーンストーンのテレポート機能にUnexpected Behaviorが存在するために,その対処が完了するまで当面その機能を停止します。
  • PCに適用するFactionを変更しました。アライメントの値を見てGood/Evilのカスタムファクションが適用されます。基本的にEvilは存在しないはずですが,将来の拡張の為に仕様化します。
    • EvilとなるPCはCommoner,Guard,Merchantなどと敵対関係となります。現時点ではEvilアライメントのPCをサポートするシステムは存在しません。当面はGOOD方向に強制的にシフトします。
  • 沢釣りで蟹が釣れてしまうかもしれません。
  • Goblin Seriesに新Creatureが追加されました。
  • 調査物が追加されています。
  • 調整済みエリアが追加されています。
  • 採掘,溶鉱のシステムが潜在的に導入されました。
  • Voice CommandにおいてSkill Rollが可能となりました。"*捜索*","*聞き耳*"等のように使用します。通常時は使用しませんが,Session時は能動判定となります。
  • テスト終了時にPCのXP/所持品,データベース履歴などを全てクリアする実装が潜在的に追加されました。
  • Login/Logoutの履歴及び位置,状況を全て記録し追跡可能な形式としました。
  • DM Login時の挙動を修正しました。
  • 周囲100メートル以内に敵対Creatureが存在する場合ルーンストーンによるテレポートが不可能となります。
  • 調査報酬計算方法が一部変更され,全体的に下がりました。ただし同時に保証金も値下がりしました。
  • 全てのダンジョンのCRが再調整されました。難易度は上昇しているもの低下しているものと両方ありますが,基準は良く準備された2-4名のPTです。
  • ペンナ ~ フォークアル間の区間最低難易度はCR3です。Lv5x2のPTから,編成にもよりますが問題なく到達できるでしょう。
  • Build 164においてファイアーパッセージの危険度はある一箇所だけ異様に上昇しています。この問題はBuild 165で修正される予定です。
  • Build番号はログイン時にサーバーメッセージとして出力されています。またPCMから確認することも可能です。

27-June-2006

  • ファイアーパッセージの樽は外見が変更され,旧仕様だったものが最新の仕様に変更されました。
  • 蟲の巨石柱が正しく使用可能となりました。
  • 全体的に敵対CreatureのCRが調整されました。
  • 旧・月の寺院のエンカウンターが調整されました。
  • ウルフデンの難易度が引き下げられました。
  • 東街道の地形が微妙に変化しています。川釣りだけならほぼ安全に出来るでしょう。
  • Possible Exploitは全てログに出力されます。
  • 同一CDKEYを持つアカウントの違うPCへのアイテム移転はトレースされ警告されます。
  • 調査物が追加されました。
  • Bandit Seriesが強化されました。
  • 調整済みエリアが投入されています。
    • Boom255氏,Mmoc氏両氏よりご提供いただいているものです。Thanks!
  • Beastman Seriesがリリースされます。
  • 冒険者ギルド2階が改装されます。
  • 一部CreatureのCRが改定されました。
  • Fire Elemntal Creature Groupに新しいCreatureが追加されました。

26-June-2006

  • ファイアーパッセージの難易度が引き上げられました。
  • ジョシュアの洞窟下層の難易度が引き下げられました。
  • 一部の呪文の改定が行われました。
  • AI関連のログレベルが引き上げられました。
  • AIの全体的なチューンが行われました。
  • 調査物が追加されました。
  • 買取商人の売却時のBehaviorが一部変更されました。
  • PCMから調査票提出期限までの残り時間を参照できるようになりました。
  • Voice Command使用時に"*"の省略は出来なくなりました。*help*等のようにCommandの両側を"*"で括る必要があります。
  • ペンナ :: ???が移転しました。
  • ペンナ :: 西部が将来の拡張のため埋め立てられました。
  • CreatureのOnPerceptionでの対応が一部変更されました。
  • Voice Commandの認識の際の問題をFixし,NWNX-Speech.dllを修正しました。問題が発生するようならReportをお願いします。
  • 条件を満たしたClericがまれにMinorと判定されない問題を修正しました。

25-June-2006

  • Quest関連のMinorなIssueがFixされました。
  • 調査票を所持しているときにルーンストーンを使用するとPCMから調査票の詳細を確認することが可能となりました。
  • Fire Elemetal Groupに該当するCreatureが修行から帰還しました。
  • ジョシュアの洞窟の魔法の花のクエストは,Lv3では依頼を請け負えなくなりました。
  • 調査票の発行を受けるためには,蟲のクエスト及びジョシュアの洞窟のクエストを完了していること,そしてLv5以上であることが要求されます。
  • 貸し金庫関連のMinorなIssueがFixされました。
  • 調査対象物11個が本日中にリリースされます。例によって問題がある場合はSupport ForumでReportをお願いします。
  • PST1200時から60-90分の間Virus Scan及びDialy Auto Maintenance Jobが走ります。この時間帯のレスポンスは多少低下するでしょう。
  • Daily Backup Jobの稼働時間は現在延びておりPST1500時から40分程度かかっています。この時間のレスポンスは多少低下するでしょう。
  • Routerの設定を変更しました。
  • NICを換装しました。
  • 古いHDD6本を換装し,RAIDを再構成しました。
  • 冒険者ギルドが改装されました。Boom255氏作成です。A lots of thanks!
  • ニジマスのQuestは廃止され,Bountyとなりました。
  • ランダムに調査依頼を生成するRepeatableなInvestigate Systemが導入されました。これにより,主要なPCのActivityは以下の通りとなるでしょう。
    • Quest: 獲得経験値,報酬共に高い。Party Memberとして達成に貢献することは達成後も可能ですが,同じQuestから得られる獲得経験値は低下していきます。達成することで一度だけ,Party Member全員の名声が上昇します。
    • Bounty: 主として人のいない時間帯用の簡単なおつかい。所定のアイテムを所定の個数集めて依頼人に持っていく事でFLOW XPと現金を得ることが出来る。名声を獲得することは出来ません。
    • Investigate: ランダムに配置された調査対象物から一つ斡旋してもらい,その対象物の調査を行いReportを作成する。繰り返し可能ですが経験値と報酬はそれほど多くはありません。また,2名以上のPTで行かないと調査は出来ません。Report作成者のみ名声を獲得できます。また報酬は可変でReport Qualityに依存します。Report QualityはWIS/INTの高いPCほど高くなりやすいでしょう。
  • CR DistanceによりQuestの経験値が0以下となる場合QuestのBase XPをFlowとして受け取るように変更されました。
  • Quest経験値及び報酬の見直しが行われました。
  • Quest完了時に,Party Memberとして立ち会って,経験値及び報酬を受け取ったPCは以後そのクエストを完了したとみなされます。
  • Bountyの報酬が値上がりしました。
  • Bountyからは名声を受け取ることはありません。
  • Bountyからは依頼を受けた本人がFLOW XPを獲得するだけに変更されました。
  • 一つのクエストからFAME POINTSを獲得できるのは一度だけとなりました。
  • 一つのクエストを複数回実行した場合,二回目以降(自分がQuester/Party Memberであるかを問わず)は獲得経験値が減少します。
  • XP Table関連指数が変更されました。
  • クエスト経験値の計算方法を大幅に変更しました。
  • クエスト経験値も,Single Play時には全てFLOWとして扱われます。
  • Level4以下のPCについてもSingle Play時にはXPを獲得できなくなりました。
  • Bandit Seriesは欠陥によりリコールされました。新Bandit Seriesが投入されています。
  • 伝書鳩システムが導入されました。
    • なお,Script他FLSのDM Gさんよりご提供を受けました。Thanks a Lot!

24-June-2006

  • 鎧を装備したまま休息した場合のペナルティが大きくなりました。
  • 一部の神聖呪文は発動させるために,Minor以上の(場合によってはMajor)のクレリックであることが要求されるようになります。
  • Major Clericのジェム消費量が増大しました。
  • Cleric関連のログレベルが引き上げられました。
  • 一部の神聖呪文の効果がClericの種別に応じて変更されています。変更は引き続き続くでしょう。

23-June-2006

  • Domain特典の秘術系呪文,一部の神聖呪文の効果が大きく変更されました。
  • Spiritual ClericはどのようなDomainを持っていても,CLERIC(C)に分類されるでしょう。同時にDomain特典の使用は著しく制限されることになるでしょう。
  • 一部敵対Creatureの装備が調整されました。
  • 一部敵対CreatureのCRが調整されました。
  • 一部エリアの再調整が実施されました。
  • ホーリーシンボルは聖なる輝きに包まれるようになりました。
  • Multi Classに対するSystem上の制限を潜在的に実装しました。HTF Category,及びPrestige Classの宗教による制約などが実装された後にMulti ClassのXP Penaltyは引き下げられる予定です。
  • Animal Companion,FamiliarなどのXP DivisorはHitDiceに比例するように変更されました。
  • Cleric Type別の能力の差異は部分的に実装されています。集中的に実装を行い,一両日中には完了する予定です。それまでの間に既存のClericは必要ならDeityの変更を行うことをお勧めします。
  • CreatureがDamageを受けた場合に一部Effectが解除されるようになりました。
  • Creatureが敵を目視/聞き耳で発見した場合の動作が改良されました。
  • 信仰呪文詠唱の条件が変更されました。Spiritual Clericは従来どおりです。詳細はTypes of Clericの項を参照してください。
  • 信仰宣言用のNPCが配置されました。信仰宣言を行った後は,30秒待ってログアウトし,再度ログインすることで(条件が合致すれば)Minorとして扱われます。
  • Major Clericとなるための寄進も同じNPCが受け付けます。寄進を行った後も30秒待ってからログアウトし,再度ログインすることでMajor Clericとして扱われます。
  • Minor ClericのアライメントはOne Step Ruleが適用されます。
  • Major Clericになるには,神と同じアライメントである必要があります。

22-June-2006

  • Arcane Spell用Focus Deviceの実装が潜在的に導入されました。
  • Drider Seriesのテストが開始されました。
  • Bandit AIが改良されました。
  • Wild & Dead Magic Systemが潜在的に導入されました。世界のどこかにWeaveが機能しない地域,あるいはWeaveが予想もつかない働きをする地域が存在するかもしれません。
  • Major Clericが神のFavorite Weapon以外を装備した場合に神聖呪文の詠唱が出来なくなるシステムが導入されました。これを解除するためには,装備を解除し24時間以上経過した後に,教会に相当額のお布施を支払い非を悔い改める必要があります。
  • Vathornの神を信仰する,Single ClassのRangerとDruidは,キャンプファイアで肉を焼く際にボーナスを受け取ります。(Ovenの場合はボーナスはありません。)
  • Deityの変更が潜在的に導入されました。しかしアライメントは変更されません。
  • 既存のClericに対するDeity変更は一度のみ可能となる予定です。本日時点でL4以下のクレリックはL6になるまで,またL5以上のClericは特に期限を定めずDeityの変更が可能です。
  • RangerとDruidのDeity変更はサポートする予定は今のところありません。必要なら個別に申し出てください。
  • PaladinのDeityのルールはCleric関連のルールの導入が完了した後にテストを開始する予定です。

21-June-2006

  • Attack Caster AI/Healer AIの挙動が改善されました。
  • AOE Specialistの出現率が増加しました。
  • Cure系のスペル使用時のHEALING DOMAINボーナスは,CLERIC(D)に該当する場合にのみ適用されます。
  • 死亡したPCがログアウトを行った場合の挙動を変更しました。
  • Spell CasterのAIが改良されました。
  • エリア連結の問題はFixされました。
  • MinorなIssueがFixされました。
  • 信仰体系が潜在的に,Major/Minor/Spiritualに分類されました。現在内部テスト中です。
  • AIのチューンが実施されました。
  • 一部敵対CreatureのCRが改定されました。
  • FLOW XP関連の処理が一部変更されました。
  • XP獲得指数の調整が実施されました。
  • Spider Series/Dragon Seriesのテストが開始されました。

20-June-2006

  • 一部のエリアにNight Encounterが導入されました。随時拡大していく予定です。
  • Bandit SeriesのAIが改良されました。
  • 一部の神聖/秘術呪文の効果が改定されました。
  • 相反するドメインを選択したクレリックはどちらのドメインからもペナルティのみを受けるシステムを潜在的に導入しました。
  • ハーバルクエンチャーの価格が改定されました。
  • Whooa! BARの販売が開始されました。
  • 敵対Creatureが不動の訓練に出かけました。
  • フォークアルの西は海となりました。これに伴いロストフォレストの位置関係が微妙に変化しました。
  • ロストフォレスト方面が拡張されました。
  • ペンナ ~ フォークアル間の区間難易度が変更されました。
  • 調整済みエリアが投入されています。これに伴いペンナ ~ フォークアル間のエリアの連結状況が変化しています。フォークアル ~ ペンナ間は今後も拡大される予定です。
  • Mmocさんより,エリアを11個頂きました。うち一つはIn-Game中で利用可能な状態です。Thanks a lot!
  • HTF Rateは調整中です。統計情報の確保のため,多くのアクティビティをこなして頂けると幸いです。
  • AIがチューンされました。

19-June-2006

  • 一部で利用していたBioWare標準DBを利用していた処理を全てRDBMSを使用して格納するように変更しました。これに伴い負荷の状況が変わる恐れがあります。
  • プロファイラのデータを元に一部の高負荷な処理を改変,及びModuleキャッシュに追加するなどの処置が行われました。
  • AIの挙動が一部変更されました。
  • HTF Categoryに関する情報が限定的に公開されました。Support Forumのお知らせを参照してください。
  • アカデミー卒業を認定するFinal Exam Systemが潜在的に導入されました。
  • シングルクラスクレリックのドメインによる治療時の修正が変更されました。同時にクレリックの治療時間短縮特典も変更されます。詳細はSuppot Forumの治療関連のTopicを参照してください。
  • シングルクラスクレリックのドメインに応じた「スタイル」の概念が導入されます。これはHTF Rateに大きく影響するでしょう。
  • ドメイン特典の修正が実施されています。

18-June-2006

  • 釣りスキルの獲得難易度などが調整されました。
  • いくつかのエリアの天候及びHTFのSettingsが変更されました。
  • 瀕死状態から復帰した場合,体の自由を取り戻すまでに1-30秒必要となります。
  • ラージサイズ・ピザの販売が開始されました。
  • Bandit Seriesがリリースされました。
  • 調整済みエリアが追加されました。
  • Giant Ant Seriesがリリースされました。AI及びCreature自身については現在調整中です。
  • アラコーの洞窟に下層が発見されました。
  • クレリック/ドルイドが呪文を詠唱するには片手が自由である必要があります。バックラー(SMALL SHIELD)は詠唱を阻害しません。
  • エンカウンター強度の計算方法が修正されました。適正PTサイズは4名となります。5名以上のPTの場合獲得できる可能性のある金貨,アイテムは増加しますが,リスクも増加するでしょう。
  • DROP率はほぼPT Size依存に変更されました。クリーチャーはPT Sizeに応じた確立で所持品をDROPするでしょう。捜索技能は若干の影響を及ぼします。捜索技能合計の高いPTなら最大で1%ほどDROP率が向上するかもしれません。
  • クレリックの一部領域の領域特典能力でCasterのクラスを取得できずにMaterialが要求される場合がありますが,現時点では原因を突き止めていないのでMaterialを購入して対処してください。
  • XPCAP関連の処理が一部変更されました。
  • 休息後自動的に通常行動モード(『探知モード』,あるいはエルフの場合は『隠密モード』)に移行します。
  • Faction関連の処理が一部修正されました。
  • Risty_ArrowさんがWiki編集者となられました。Thanks a Lot!
  • Solonia Basic Life Planが追加されました。最低限注意すべきシステム上の注意が記載されています。
  • 治療スキル関連の修正値が調整されました。クラス修正などの度合いが弱められ,より治療スキルに深く依存します。
  • 新規に作成されたPCはLevel5になった時点で記念品としてBackpackとStorage Bagを受け取るようになります。なお既に5レベルとなっているPCの場合,次のレベルアップの際に受け取ることが出来ます。
  • MajorなIssueがFixされました。

17-June-2006

  • 釣り/料理スキルの獲得難易度は調整中です。
  • 種族別Treasure Tableの一部改定が行われました。
  • 釣りスキルが1ポイントまでしか獲得できなかった問題は修正されました。
  • 鎧は治療時間に影響を及ぼさなくなりました。しかし手に装備している装備は影響を及ぼします。
  • AIのチューンが実施されました。
  • Wand of Cure Light Woundsの販売が開始されました。ドルイド,バード,クレリックのクラスが使用可能です。
  • Wand of Cure Serious Woundsの廉価版(2回分)が販売されました。しかし通常版のほうがお得です。
  • 治療所要時間の最低秒数はDCに等しい秒数です。ただし,シングルクラスのクレリックのみそれ以下の時間で治療できる可能性があります。
  • CONベースの自然治癒が適用される間隔が長くなりました。
  • 死亡時/出血時にHTF Systemは適用されなくなりました。これにより,出血が始まった場合,自然治癒により状態が安定化する可能性はなくなりました。
  • 出血のサイクルがラウンド毎から,Party Size依存に変更されました。ただし,最大でも30秒(5R)サイクルとなります。
  • 出血状態の場合の治療効果が変更されました。治療に成功した場合,6秒後に出血が止まり,規定の治療所要時間後に1HPまで回復します。
  • 出血状態の際の治療高速化が廃止されました。
  • 出血状態の際のDC軽減措置は廃止されました。
  • ドルイド僧に限定的に残されていた治療の際のボーナスは全てなくなります。
  • 戦闘中の治療難易度が上がりました。
  • 戦闘中の回復までの所要時間は非戦闘状態のときより長くなります。
  • Healing Wand使用時の回復までの所要時間が大幅に変更されました。
  • Healing Wandを使用して治療する場合,治療を行うPCは回復所要時間の50%の時間,その場にとどまるようになります。この間は他のいかなる行動も行えません。
  • Healing Wandを使用して治療されるPCは回復所要時間の50%の時間,その場にとどまるようになります。この間,移動以外の行動は可能です。
  • 治療者と被治療者が同一の場合,回復所要時間と等しい時間の間,その場にとどまるようになります。この間は他のいかなる行動も行えません。

16-June-2006

  • コニーの納骨堂の依頼を完了したPCのクエストステータスはリセットされました。再度依頼を受けることが可能です。
  • Goblin Seriesは修行から帰ってきました。
  • XP CAP/XP FLOW関連の処理が一部変更されました。
  • DROP率他が調整されました。
  • ヒーリングハーブの廃止に伴い,Herbologyのレシピも無効化されました。
  • ヒーリングワンドの回復量などが変更されました。
  • ClericのDomainがHTF Rateに及ぼす影響が一部変更されました。

15-June-2006

  • Fishing時に極めてまれな確立で誰かの遺留品を吊り上げる場合があります。
  • Respawn時にSplitされるアイテムにQuest Itemの他にHerbsを追加しました。
  • 死亡時のQuest ItemをSplitするタイミングを『自己蘇生時』に変更しました。Raise Dead,Resurrection使用時にはSplitは発生しません。
  • Goblin Seriesが修行に出ているようです。
  • Bugbear SeriesがMinor Changeしました。
  • フォークアルにブティックがオープンしました。
  • Solonia固有の神をDeityに持つ場合のアドバンテージが潜在的に実装されテスト中です。
  • デスペナルティ関連の計算式がMinor Changeされました。
  • 死亡時/レベルアップ時のXPCAP,FLOW関連の処理がMinor Changeされました。
  • ヒーリングワンドはハーブを使用しないようになりました。
  • ヒーリングハーブの販売は終了しました。
  • HTF Rateの微調整が行われています。
  • Single Class ClericのDOMAINによるHTFボーナス/ペナルティが修正されました。
  • ヒーリングワンドの効果発動時間が変更されました。
  • 治療に対するSingle Class ClericのDOMAINによるボーナス/ペナルティの影響する度合いがより大きくなりました。
  • マルチクラスのペナルティがより大きくなります。詳細はSupport Forumのお知らせを参照してください。

14-June-2006

  • 冒険者アカデミーの関連施設,北部山岳地帯のマイニングキャンプとの連絡が途絶しました。
  • Cooking関連のMinorなIssueがFixされました。
  • HTF関連アイテム,釣竿,水筒,飲料,食料などを使用した場合,非戦闘時に限り6.0秒後に自動的に『探知モード』となります。(エルフの場合は『隠密モード』)
  • 買い取り商人は焦げた魚/肉を買い取らず無料で処分するだけになりました。
  • 各種Information TextのColorが変更されました。
  • Price Identification Toolの販売が開始されました。鑑定済みのアイテムに使用することで,アイテムの評価額が確認できます。同時に表示されるMinimum Trade PriceはPC間で取引する場合の最低価格です。これ以下の価格で取引が行われた場合,それは『譲渡』とみなされるでしょう。
  • Weapon Breakage Systemの調整が行われました。
  • 秘術呪文/神聖呪文の調整が行われました。
  • 一部の秘術呪文はWizardが詠唱した場合のみ効果が強化されています。
  • HTF SystemのPenaltyの実装が一部変更されました。
  • HTF Rateの微調整が実施されました。
  • Random Treasure Systemの生成するアイテムの質を変更しました。
  • Cooking Skillが導入されました。これに伴い,Cookingの難易度が変更されています。難易度は今後調節されるでしょう。
  • Getting Startが更新されました。
  • Wikiページ(サポートHP)のコンテンツ作成/修正にご協力いただける方を募集いたします。詳細はSupport Forumのお知らせをご覧ください。
  • Custom Contents(Area/Item/Quest Outline) Designerを募集します。詳細はSupport Forumのお知らせをご覧ください。
  • AIのチューンが実施されました。

13-June-2006

  • Memorandom: Party Tacticsの追加。
  • Getting Startが更新されました。
  • HTF Rateの調節が行われました。
  • Creatureが魔法的物品を持つ確立は大幅に引き揚げられました。
  • Creatureの所持品を得ることの出来る確立は,PTサイズとPT内全員の捜索スキルに依存するよう変更されました。但し,PTサイズによるRateは上限が課されていますので,人数に比例するわけではありません。また,Single-Play時にはそれがどのようなアイテムであれ,死亡時に全て破棄され入手する可能性は無いでしょう。
  • 捜索スキルを持つPCが死体の捜索を行えば,死体が消えるのを待たずにこれらのアイテムを入手できるでしょう。
  • 死体が消え,残留物となるまでの間隔が長くなりました。ただし,動物は従来どおりです。

12-June-2006

  • Weapon Breakage Systemの調整が行われました。
  • カンバゼーション関連のIssuesがいくつかFixされました。
  • Undeadを呼び寄せる邪悪な力が増大しています。
  • Orc Seriesが修行から戻ってきました。
  • フォークアルのサービスは戦前のレベルに向け徐々に回復中です。
  • フォークアルの銀行はアイテム保管サービスを提供するようになりました。預けたアイテムは世界中の銀行から取り出せます。貸金庫は誰かが利用中の場合は開けることが出来ません。その場合は暫くお待ちください。
  • 貸金庫は食料と飲料を保存せずにただ破棄するようになりました。
  • Death PanelのPopupに180.0秒の遅延が設定されました。
  • 一部の商店は鑑定による値引きを行わなくなりました。
  • 釣りスキルが本格的に稼動を開始しました。これに伴い,標準の釣りの成功率が引き下げられました。
  • 料理スキルが潜在的に導入されました。

11-June-2006

  • 敵対Creatureの所持金が増加しています。
  • 新しいエリアがいくつかセットアップされています。
  • Creature死亡時の処理ロジックが新しいものに変更されました。
  • Single Playの際には宝箱は常に空っぽになります。
  • 敵対CreatureがHealing Wandを使用した際のBeam Effectが取り除かれました。
  • Scroll/PotionのDrop Tableが修正されDROP RATEが上昇しています。
  • 物価及びアイテム関連の一斉改定の為に,所持品及び銀行のアイテムをワイプします。所持品に関しては等価の金貨として支払われますが,銀行内のアイテムに関しては補償されません。ご了承ください。
  • Treasure Table改定のため,モンスターからのアイテムドロップを停止していましたが,改定完了に付き再開されます。
  • 修理費が変更されました。

10-June-2006

  • QUEST関連,Herbology関連のMinor Fixが行われました。
  • XP CAP関連の実装が変更されました。
  • Herbology Skillを使用して成功するごとに経験値を得て,獲得経験値に応じてSkill Level Upをする処理が実装されました。
  • 調合鍋からキャンプファイアに戻ったときに正しく,キャンプファイアの残り寿命が引き継がれるように修正されました。
  • Bounty Systemの修正が行われました。
  • 呪文毎のチャージ消費数の設定がほぼ完了しました。基本的には呪文のレベルに比例しますが,例外もあります。
  • HTF Rateの微調整が行われました。
  • QuestによりSpawnするモンスターの出現方法が変更されました。Singleの時は出現しないでしょう。
  • Enhanced Undead Seriesが投入されました。
  • Orc Seriesが修行のたびに出ました。
  • AIがチューンされました。
  • Herbology関連のMinor IssueがFixされました。
  • Herbologyのレシピが一部廃止されました。

09-June-2006

  • 熊肉のクエストは廃止されました。ジャーナルを確認してエントリが消えているかどうかご確認ください。以後Bounty Systemの下で稼動します。(Which means you can repeat.)
  • いくつかのMinorな問題がFixされました。
  • 一部ひっそりとハーブが配置されています。
  • 肉や魚は正しく焦げるようになりました。
  • 引き続き呪文効果等の変更が実施中です。現時点では主として神聖呪文から改定を実施しています。
  • HTF関連のログレベルを引き下げます。負荷の減少が若干あるでしょう。一部統計データの少ないクラスがありますが,今後実際の状況を見て調整します。
  • Rage/Lay on Hands等の一部特技の動作,HTF関連指数への影響などが変更されました。

08-June-2006

  • いくつかのMinorな問題がFixされました。
  • HTF Rateの微調整が行われました。
  • 神聖呪文の一部効果変更が行われています。一部の呪文はHTF System上も意味を持つようになるでしょう。
  • Bounty Systemの公開テストを開始します。ペンナ村,フォークアルに一人ずつ特定のアイテムを求める人間が配置してあります。現在,一度これらのリクエストを達成した後に再度請け負えるまでの期間はゲーム内時間で240時間にセットされています。経験値はQUESTと同様にPTメンバー全員に与えられますが,報酬はアイテムを渡したPCにのみ支払われます。

07-June-2006

  • 基本的なServer Policyについての明示的な説明が追加されました。
  • Moduleに要拡張フラグが立っていた問題は修正されました。
  • 公衆浴場が試験導入されました。内部テスト中です。
  • Bounty System(反復可能な簡易Quest)が試験導入されました。
  • 潜在的に毒に冒された水源/食料,病原菌に冒された水源/食料が導入されました。
  • 各種特技の使用,及び技能の使用,一部の特殊行動などによるHTF Systemの影響が全て新しいロジックの元に統合されました。疲労の適用度合いなどが微妙に変化します。当面の間,Logレベルを引き上げ数値データを取り分析する予定です。
  • エルフは隠密モードを使用することで他の種族が探知モードを使用するのと同様の取り扱いを受けます。別途ACTION_MODEを新設する予定でしたが,Build-InのModeで無い場合,戦闘開始時の処理などのために高負荷の処理が必要となるので,当面これを代替とします。
  • エルフが探知モードを使用する場合は,他の種族と異なり,低負荷の通常行動とはみなされません。
  • シングルクラスのモンクが隠密モードを使用する場合は,ローグ及び,屋外自然エリアでのレンジャーのそれを除けば,他のクラスよりは若干有利な取り扱いを受けるでしょう。
  • 屋外,自然エリアでのシングルクラスのレンジャーは隠密モード時に,探知モードと「ほぼ同等」の扱いを受けます。
  • シングルクラスのローグは,隠密モード時に探知モードと「ほぼ同等」の扱いを受けます。
  • HTF Rateの改定が実施されました。基本的に「探知モード」使用時を「歩行」と定義します。戦闘後,あるいは走行後にクールダウンをするには「探知モード」にする必要があります。戦闘中及び走行時以外は「探知モード」を常時使用することを強く推奨します。

06-June-2006

  • 鹿肉の調理に失敗し,焦げた肉しか入手できなかった場合にもチュートリアルが進行するように変更されました。
  • 神聖呪文RAISE DEAD,RESSURECTIONの必要チャージ数がそれぞれ25チャージと,100チャージとして定義されました。但し自己蘇生をする場合と比較してデスペナルティは大幅に軽減されます。

05-June-2006

  • 呪文使用時の可変チャージ消費Systemが一部導入されました。導入されたのは0 Level Spellに対してのみで,0 Level SpellはCharge 0(すなわちMaterial/Gemを消費しない)で発動します。
  • Cure系呪文の効果が変更されました。回復量が増加する方向で変更されています。
  • Weapon Breakage Systemの調整が行われました。
  • Spellhook関連の処理が一部修正されました。
  • Encounter関連のAdd-on処理が一部変更されました。
  • HTF関連の処理が一部変更されました。これまで「歩行」か「走行」かの判定は限定的にしか動作していませんでしたが,この部分のロジックを変更しました。内部テスト/調整を経た後にModule全体に適用する予定です。
  • WISDOMをベースとしたCooking Systemが有効化されました。今後これまで無条件で成功していたものが判定ベースとなります。難易度に関しては現在調整中です。
  • 錬金術,木工,鍛冶の生産システムが潜在的に導入されました。
  • XP関連指数の微調整が実施されました。

04-June-2006

  • DROP率の微調整が実施されました。
  • Cursed Itemが正式に導入されました。呪われたアイテムは呪いが解けるまで捨てることも売ることも出来ません。インベントリに居座った呪いのアイテムを消し去るためにはクレリックにリムーブカースをかけてもらい,解呪に成功する必要があります。
  • Administration Policy並びにServer Ruleの改定が行われました。
  • Herbal Crafting Systemが,試験稼動を開始しました。
  • アイテム取得時のLoot Notification Messageが導入されました。Notification Message自体は調整中です。
  • 大量の肉・魚を同時に焼く際の瞬間的負荷がかなり高いため,同時に焼ける量を1と制限し,同時に制限を実装しました。
  • クエストシステムの一部修正が実施されました。
  • 各種呪文の修正が順次実施中です。
  • AIがチューニングされています。
  • 物価は引き続き順次変動中です。

03-June-2006

  • 統計の表示,及びデータに関連する処理が一部変更されました。
  • 一部クエスト関連の問題が修正されました。
  • 貸金庫の排他処理の見直しが行われました。しかし依然として,「閉め忘れ」の際は問題が発生するでしょう。
  • Server Portに対する異常なアクセスのためにRouterの設定を変更しました。接続タイムアウトなどの現象が発生するかもしれません。
  • Server Machine上でVirus Scanを常時有効にしました。テストの結果レスポンスの低下は無いと思われますが,瞬間的にラグが発生する可能性は残されています。

02-June-2006

  • Daily Backup Jobが自動で開始されるようになりました。毎日PST15:00から数分サーバーレスポンスが低下する可能性があります。
  • H/Wメンテナンス,Databaseメンテナンスが実施されました。
  • SinglePCExport処理時のNotification Message出力位置が微妙にずれていたのを修正しました。
  • HTF関連の表示ルーチンを一部変更しました。
  • Login時にボーナス呪文スロットのプロパティが着いているアイテムを装備している場合,強制的に装備解除するようにしました。
  • HTF処理ループの初回開始時間に遅延を入れました。
  • DROP率が種族毎に微妙に変更されました。
  • CR改定に伴い,全体的なDROP率の修正も種族別修正とは別に実施されています。

01-June-2006

  • 調整済みエリアが投入されました。
  • メニューは引き続き追加中です。
  • Module全体を通して,敵対CreatureのCR調整などが実施されました。
  • 一部エリアの連結の問題が修正されました。
  • 一部エリアに配置されていた要拡張配置物が撤去されCEP配置物に置き換えられました。ただし,完全ではないと思われますので引き続きレポートをお待ちしております。
  • AIのチューンアップに応じて敵対CreatureのCRの改定が実施されています。
  • 一部クエストのクエスト・オブジェクティブ・アイテムの入手方法が変更されています。
  • ドロップ率を改定中です。