踵(かかと)で走れ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年11月15日 - 踵(かかと)で走れ

踵で走ると早く走れる。長く走れる。

戻る
足は四足から二足になった時に、身体が倒れないように発達したと考えてみる。すると、早く走るには足を使わないほうがいいということになる。実際、「踵で歩く、走る」と思って歩いたり走ったりしてみると、驚くほど脚は前後に動くものだし、普段使っていない大臀筋やハムストリングスが刺激される。裏側の筋肉は耐久力も抜群だ。ま、理屈はともかく、
  • 踵で歩く・踵で走るの原則
である。
http://www.10diet.co.jp/
      10秒ダイエット 2006/11/14号 (平日毎日発行)
にヒップアップの方法として書いてあったんですが、無断転載不可って書いてあったんで、それなりに咀嚼してアップ。

ちなみに、太ももの前側の筋肉は、本来ブレーキをかけるための筋肉であります。確かめてみたら分かる。

コメント

名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Under the Groove of "響き" since 2006
総合トップ







リンク

来訪者数
  総数   -
  今日   -
  昨日   -