口を開ける


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年6月8日 - 口を開ける

僕は口を開けようとする時、
物心ついて以来、まさに「くち」を開けていた。
食べるときも、話すときも、飲むときも、歌うときも、息も。

だけど、違ってた。
下あごの軸は、口よりずっと後ろにある。耳の裏あたり。
そこを支点にして、下あごをカパッと落としてみた。

戻る

そしたら、開いた。
予想をはるかに超えて大きく開いた。

今まで僕が喉だと思っていたところは、舌の後ろ半分だった。
味わいが深くなった。
酒が染み渡る。

声帯と気管も開いた。
声帯は喉の上に向けるものではなくて、
まっすぐに口に向けて開くもんだった。
声が綺麗になった。

今までなんと力んでいたのかと思うと同時に、
数十年変わることのなかったイメージを、遥かに超えるこの世の豊かさを感じ、
これからが嬉しくなってきた。

コメント

名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Under the Groove of "響き" since 2006
総合トップ







リンク

来訪者数
  総数   -
  今日   -
  昨日   -