「マスター起きて、朝だよ」

その一言で簡単に覚醒する俺の頭。
よし、今日も蒼星石の可愛さは異常。

「早く顔洗ってきてね」

ご飯冷めちゃうから、
そう言い残して部屋を出て行こうとする彼女の腕を掴む。勿論無意識に、だ。

「…マスター?」

「あ?…あぁいや、ごめん、何でもないよ」

いやいや、何やってるんだ俺は。

内心大慌てで腕から離し、そのまま下ろそうとした手を、
蒼星石が、…


「………ッちょ、そそそ蒼星石!?」

「なんかマスターかわいいからさ」


ちゅ、とキスされた左手が熱いのは気のせいではないと思う。