※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼「ご飯の用意が出来たよー」
マ「今日は…おっ、鍋か」
翠「特製キムチ鍋ですよぅ」
マ「これは美味そうだ…」
蒼「ご飯よそってくるね」
マ「いや、炊飯器を持ってこよう」
翠「早くしねーと、煮たぎっちまうですよ?」
マ「はーいはい」

?「こん…ばんは」
マ「ん?」
蒼「薔薇水晶? どうしたの?」
翠「珍しい奴が来やがったですねぇ…」
薔「この前の…お礼です。これを…」
マ「これはまた…立派な白菜だ」
蒼「どうして白菜なんだい?」
薔「最近……お父様が『僕は農作業に目覚めたよ、薔薇水晶。アッハッハッハッハ』って」
翠「あー……自炊生活に目覚めたってやつですかねぇ」
蒼「…かなぁ?」
マ「まあ、ちょうど鍋作ってたし……ありがたいな。そうだ…薔薇水晶、君も食べてくかい?」
薔「えっ……そんな…」
蒼「おいでよ薔薇水晶。遠慮することなんかないよ?」
翠「そうですぅ。それに、お鍋は人数が多い方が楽しいのですぅ!」

薔「じゃ…じゃあ、お言葉に甘えさせていただきます…」
マ「よしきた! じゃあ、この白菜刻んでこよう」
翠「翠星石は食器を持ってくるですぅ」
蒼「僕はマスターの手伝いをするよ」
薔「あの…私は何か…」
マ「薔薇水晶はお客様だから、ゆっくりしてていいよ」
蒼「そうそう。コタツにでも入って待ってて」
薔「は…はい」

全員「いただきまーす」
マ「おお…美味そう」
翠「お肉は早い者勝ちですぅ♪」
蒼「こら! ちゃんと野菜もとりなよ!」
翠「うぅ…手厳しい妹ですぅ…」
薔「はふ…はふ……おいしい」
マ「白菜がよく煮えて美味いぞ」
蒼「豆腐も…あつっ! …てへへ」
マ「大丈夫か?」
翠「蒼星石は猫舌なのですぅ」
薔「ふーっ…ふーっ……はい、お姉様」
蒼「へ!? あ…い、いいよ。大丈夫だから」
薔「……あーん」
蒼「…あーん」
マ「いつからあんなに仲良くなったんだ? あの2人」
翠「す、翠星石もあーんしてやるですぅ!! はい、あーん」
蒼「ちょっ…翠星石まで! もう……あーん」
マ「やれやれ、蒼星石はモテモテだなぁ」

蒼「もう! マスターったらぁ!!」
マ「ハハハ…おっと、もうそろそろ具を追加しなきゃな」
翠「結構早かったですねぇ…」
薔「本当…あんなにあったのに…」
マ「よし、しばらく蓋を閉じて…っと」

?「お取り込み中、お邪魔するわよぉ」
マ「今度は水銀燈か」
翠「相変わらず暇な奴ですぅ」
水「『今度は』って何よぉ? そして、翠星石。私は暇じゃあないのよぉ?」
蒼「まあまあ、とりあえず水銀燈もこっちへきなよ」
マ「水銀燈も鍋食うか?」
水「い…いらなぁい。私は別にお腹すいてないしぃ…」
翠「乳酸菌たっぷり、キムチ鍋ですよ?」
水「うっ………ふん! 馬鹿らし…」グゥー
薔「……クス」
マ「はい、水銀燈の分のご飯」
蒼「それに、お箸とお椀ね」
水「……今のは、真紅には内緒にしてね?」
マ「大丈夫だから。ってか、メイメイか? あれ」
翠「何か鏡の前でダンボールみたいなの担いでますねぇ…」
マ「取ってくるわ」
薔「…素直が一番ですよ?」
水「……あなたに言われるとは思わなかったわぁ」

マ「開けていいのか?」
水「別にいいわぁ。途中で捕まえたから連れて来たのよぉ」
マ「さぁて、中身は何だろな……うおっ!?」
蒼「どうしたのマスター?」
翠「まさかヤクルトですか!」
薔「ケフィアかも…」
?「んー! んー!」
マ「水銀燈…お前これ……誘拐だぞ?」
翠「何が入ってたんですかぁ…って!」
薔「白い…わ、私?」
蒼「雪華綺晶!?」
水「珍しいでしょう? ちょうどあなたの家の前にいたから捕まえちゃったぁ♪」
蒼「…お父様。長女は姉妹を誘拐する癖がついてしまいましたが、今日も僕は元気です」
翠「隙を見せられたら、翠星石達もお持ち帰りされてしまいそうですぅ…」
マ「まさか…水銀燈はアッチか?」
水「なっ……あなた達は揃いも揃って、何を…」
薔「そうですよ…皆さん」
水「薔薇水晶!? あなたは分かってくれるのねぇ?」

薔「ええ…私もチャンスさえあれば…」
蒼「…ふぇ?」
翠「だああああっ!! この翠星石、妹へ降りかかる災厄は全て払いのけてやるですぅ!」
水「普通に危ない奴がいたのねぇ…」
マ「大丈夫か?」
雪「は…はい…」
マ「そうか…こら、水銀燈! こんなに雪華綺晶が震えてるじゃないか!」
水「ちょっ…別に私のせいじゃないんじゃなぁい?」
蒼「……きっと寒いんだよ? ねぇ…雪華綺晶?」
雪「ひっ…ひいいっ!?」
薔「(何だろう…お姉様から凄まじい殺気が……)」
翠「おっ…な、鍋が煮えたみたいですよ!」
マ「(ナイス、翠星石!)」
水「も…もらってもいいのよねぇ? い、いっただきまぁす…あむ」
蒼「……どうしようかなぁ。ねぇ…雪華綺晶? どうされたい?」
雪「い、命だけは…命だけはぁ…」

翠「かなり頭に血が登ってるですぅ…」
水「相当に苛立ってるわねぇ……あら、この白菜おいしい」
薔「うちの…畑で採れたやつですよ」
マ「…あっちはそっとしておこうか」
薔「はい…」
翠「ですぅ…」
水「異議なしよぉ…」

蒼「身ぐるみ剥がして公衆便所にでも…」
雪「(た…助けてください! お願いします!)」
蒼「魔界村でもさせて、1日でクリア出来なかったら処刑とか…」
雪「(誰かぁ! お姉様助けてぇっ!)」
蒼「外の電灯に蜂蜜を塗りたくったままくくりつけるもいいね…フフフ」
雪「あぅ……あうう…」

マ「うわぁ…」
水「考えただけでぞぉっとするわぁ…」
翠「ひぃぃ…目がチャック・ウィルソンみたいになってるですぅ。あれは本気の時の目ですぅ」
薔「でも…あんな顔したお姉様も素敵……ハアハア」
翠「ダメですぅ…こいつ早く何とかしないと……」

おしまい。