夏のある日の夕暮れ・・・マスターと僕達は、近くの清流のある所に来ていた。

翠「こんな所で、何をするつもりなのですぅ?」
蒼「日も暮れて来ましたよ・・・?」
マ「お前等に、いいものを見せてやろうと思ってな―」
蒼「いいもの?」
マ「その内分かる・・・お、来たようだな」

マスターの目線の先には、ジュン君と真紅・雛苺が映っていた。

真「こんな所に呼び出して、何のつもり?」
雛「おなかすいたのー」

ジ「お待たせしました」
マ「お疲れ。今日は絶好の日和だな」
ジ「ですね」

蒼「真紅、ジュン君から何か聞いてるかい?」
真「いえ、私達は何も聞いてないわ」
蒼「マスター達は何をしようとしてるんだろう・・・」


み「やっほー」
金「かしらー」

そこに、みっちゃんと金糸雀がやって来た。

マ「お疲れ様です」
み「絶好の天気ね―」


翠「一体何をしようとしてるですぅ」
マ「まぁ、日が完全に落ちるのを待てや」
雛「おなかすいたのー」
ジ「もう少し待ってろ雛苺」


そして、日も暮れて回りはごく近くの視界しか見えない状態になった・・・

マ「よし・・・もうすぐだぜ・・・」
蒼「もうすぐ?」
金「何が起こるのかし・・・ら・・・」


蒼・翠・真・雛・金「!!!」


川のほとりから、小さな光が上がった・・・
そして、それに呼応するかのように、あちこちで光が上がり、それはその一帯に光の帯を作り出した。

その光は、今まで殆ど見えなかった、そこに居る人やドール達の姿をはっきり映し出す程の光だった・・・


蒼「綺麗・・・」
翠「す・・・すごいですぅ!」
真「美しいわ・・・」
雛「うわーきれいなのー」
金「すごいわ・・・神秘的なのかしら」


ドール達はその光に見入っていた・・・


マ「上手く行ったな」
ジ「ですね」
み「こんなホタルの大群、ここでしか見れないわよね」

蒼「マスター!この神秘的な光は・・・?」

蒼星石の目もらんらんと輝いていた・・・余程衝撃的だったらしい。

マ「ホタルの大群さ。これをみんなに見て欲しくてここに呼んだんだ」
蒼「こんな神秘的な光景が・・・」
マ「やっぱドールと言っても女の子だ。目の輝きが違うな」
蒼「えっ・・・」

蒼星石は驚き、顔を赤らめた。


み「ふふ、あなた中々のプレイボーイね」
マ「は!?」
み「女の子の口説き方、よく分かってるじゃない」
マ「いやいや、オレは相手が蒼星石だからこそ・・・!」
ジ「本音モロに出てますよ・・・」
マ「うぐ・・・」
み「やっぱりあなたは、蒼星石ちゃんにぞっこんね」


まばゆくばかりの光の中、ドール達はただその光に見入っていた・・・