※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

周瑜のマスターとなった蒼星石は、周瑜の行軍に常に付き従った。
最初は驚いていた群臣も、じきに普通に蒼星石を見るようになっていった。

特に孫策は、周瑜との仲もあり、時に二人で話をする事もあった。

孫策「蒼星石、俺はいずれこの江東だけでなく、中国全土を支配してみせる」
蒼「しかし、それには多くの人の命が失われてしまいますね・・・」
孫策「ああ、しかし今、漢の権威は地に堕ち、群雄が各地に散り、賊が暴れ、疫病が流行り、民の苦しみは想像に堪えないだろう」
蒼「そうですね・・・」
孫策「だから今必要なのは統一国家だ。俺はそれを作ってみせる」
蒼「・・・」
孫策「蒼星石、お前は周瑜を助け、守ってやってくれ」
蒼「はい!」

蒼星石は、周瑜と共に孫策の覇道を助けた。
また、周瑜からも音楽や学問を教わったりもし、慌しいながらも幸せな日常を送っていた・・・

しかし、事態は急変した。
孫策が、かつて滅ぼした太守の食客に襲われ、暗殺されてしまったのだ。

周瑜「孫策が・・・死んだ・・・」
蒼「あの方が・・・」
周瑜「だが悲しんではいられない。私は孫策の弟君を補佐し、孫策の遺志を叶えてみせる!」
蒼「マスター・・・」

周瑜は孫策の弟、孫権を補佐し、よく呉を守った。
そんな折だった・・・

ある日、孫権の元に一人の若者が仕官した。

陸遜 伯元・・・元々孫策によって盧江を追い出された陸氏の一族だが、その孫策の死後、孫権に仕える事となった。
周瑜は、この若者の才を見抜き、酒の席へ誘った。

周瑜「よく来てくれた、さぁ飲んでくれ」
陸遜「ありがとうございます。では遠慮なく・・・」

陸遜が杯を口に寄せた時に、指に指輪があるのが見えた。

周瑜「その指輪は・・・」
陸遜「ああ、これはですね・・・」

すると、懐から何かが顔を覗かせた。
それは・・・蒼星石と同じ、人形だった。

陸遜「この子は翠星石。にわかにはこの姿を信じれないかも知れませんが・・・」
翠「こ・・・こいつは何者ですぅ・・・?」
陸遜「この子は人見知りが激しいんですよ」
周瑜「ほほう・・・」

周瑜はニヤリと笑った。

陸遜「意外ですね、普通の人はまず腰を抜かすのですが」
周瑜「いや、きっと腰を抜かすのは君の方だ」
陸遜「え?」
周瑜「おいで、蒼星石」
翠「!! 今何て言いやがったですぅ!?」

翠星石が茶を持って、その場に来た。

蒼「呼びましたか?マス・・・タ・・・」
翠「そ・・・蒼星石!!」
蒼「翠星石・・・!?」

翠「うわあぁぁぁん翠星石ですぅ!!」
蒼「翠星石!!君もこの時代に!!」

二人は笑顔で抱き合った。

翠「まさか同じ時代に目覚めれるなんて、嬉しいですぅ!」
蒼「しかも同じ人に仕えてる人同士がマスターだなんて・・・僕達ずっと一緒に居れるんだね!!」
翠「翠星石と蒼星石は、ずっと一緒ですぅ!」

周瑜「こういう事さ」
陸遜「驚きました・・・まさか提督殿が翠星石の双子の子のマスターだったなんて」
周瑜「私もびっくりしたよ」
陸遜「嬉しそうだね、翠星石」

翠「嬉しいですぅ!」
蒼「僕もです!」

周瑜「再会を喜ぶのはその辺にして・・・」


周瑜「私と陸遜の頭に突き刺さっている湯呑みをまず何とかしような・・・」

周瑜は笑いながらも目が怒っている・・・

蒼「あ!ご・・・ごめんなさい!!」
陸遜「・・・苦労してるんですね」
周瑜「・・・私より、小喬の方が苦労してるよ」

これを機に、周瑜と陸遜の交遊が多くなった。
もちろん、それを一番喜んでいるのは翠星石と蒼星石だが。