蒼「今日のゲストは、最近人気急上昇中のユニット・(Lucky☆Star)の一員、柊つかささんです!!」
つ「皆さん今晩和・・・えっと、頑張りますので宜しくお願いします。」

蒼「ではここで、フリートークコーナーに入ります。これは、その場に居る人が思う存分本音を吐き出すコーナーです。」
蒼「つかささん、正直僕達、似た者同士な気がするんですよね。」
つ「あ・・・やっぱり蒼星石さんもそう思いますか?」
蒼「だって、翠星石とかがみさん、あまりに似過ぎだと思いませんか?」
つ「私もそう思います。ビジュアルや性格的にあまりにコピーとしか見えません。
  お姉ちゃんはすごくツンデレです・・・その辺翠星石さんと近いです。」
蒼「でも正直、かがみさんは翠星石ほど、無茶苦茶な性格では無いと思います。」
つ「正直、私も翠星石さん程の螺子の外れた姉は持ちたく無いですね。」

蒼「(この子・・・可愛い顔して意見は厳しいね・・・でも正論・・・)」
蒼「さて、お便りが届いています。ラジオネーム・しぃさんからです。」

「つかささんがゲストなのは反則です。」

    ┌──┐
    i二ニニ二i
    i´ノノノヽ)))
     Wリ゚ -゚ノリ <マスターも「これはちと反則かなぁ」と言ってました
   //\ ̄ ̄ ̄\
  // ※.\___\
 \\※ ※ ※ ※ ※ヽ
   \`ー──────ヽ

蒼「さてここで、リスナーと直接電話で話すコーナー、(翠星石とお話しないかい?)のコーナーです。
  今回は翠星石が居ないので、僕とつかささんでお相手致します。」
つ「よろしくお願いします。」
蒼「今日は、ラジオネーム・モナーさんと電話が繋がっています。」

蒼「まきますか?まきませんか?」
モ「巻くモナー」
つ「こんばんわー」
蒼「今晩は翠星石の代わりに、僕がメインを務めて居ますが、モナーさんはどうお思いでしょうか。」
モ「友人の二ダーと一緒に聞いてるけど、二ダーは(翠星石に思いっきり罵って欲しかったニダー!)と喚いてたモナ。
  でも俺は、蒼星石の落ち着いたパーソナリティの方が好きだモナ。」
蒼「ありがとうございます。そう言って頂けると幸いです。」
モ「ところで、さっき(翠星石とかがみが似ている)って話が出でたけど、蒼星石とつかさも似てるような気がするモナ。」
つ「えっ!?」
モ「お互いのコスプレしたら、絶対受けると思うモナ。」
蒼「そ・・・それは・・・」
つ「(こなちゃんが喜びそう・・・)」
蒼「(みっちゃんが壊れそう・・・)」
蒼「あ・・・ありがとうございました。(そそくさと電話を外す)」

蒼「さて、お別れの時間が近づいて参りました。つかささん、今日は忙しい所をありがとうございました。」
つ「こちらこそ、呼んで頂きありがとうございます。」
蒼「エンディングテーマはALI PROJECTの(薔薇獄乙女)です。今晩も皆さんありがとうございました。」
つ「来週も蒼星石さんをよろしくお願いします。」


(ふっ・・・と部屋の電気が消える)

蒼「おや・・・?」
つ「照明が落ちましたか?」

翠「っきゃああああ!!ででで出やがったですぅ!!怪盗ドロボウキャットですぅ!!すすす翠星石の大切な物を盗みに来やがったですぅ!!!」
蒼「あああああぁぁぁぁあぁぁあああぁぁああぁ」
つ「翠星石さん・・・?」
翠「あ・・・」
蒼「落ち着いて翠星石・・・照明が落ちただけじゃないか・・・」

蒼「ってか翠星石・・・どこに居たの・・・」
翠「蒼星石が心配で、忍び込んで居たんですぅ!!」
つ「噂どおり、妹思いな方なんですね。」
蒼「まったく・・・番組終わった後じゃ無かったら大変な事になってたよ・・・」