※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝の日差しと小鳥のさえずりで俺は目を覚ました。
横で一緒に寝た蒼星石はまだ起きてこない。
俺は起きようと思ったが、蒼星石が俺の服を掴んでいるのに気付き、
起きずにそのまま寝ていることにした。

しばらくすると蒼星石も目を覚ました。
「あっ・・・マスター起きてたんだ・・・。」
「お前の寝顔に見入ってそのまま寝てた。」
「そっか・・・あっ!服掴んでたんだ・・・ごめんなさいマスター!」
「気にするなよ、傍にいて欲しかったんだろ?」
「うん・・・・」
「なら俺はずっと傍にいてやるよ。」
「マスター・・・・ありがとう・・・。」

それからしばらくして、蒼星石が話しかける。
「そろそろ朝ご飯にしよう、マスター。」
「そうだな、俺も手伝うよ。」
「大丈夫だよ、マスターは居間にいて。」
「傍にいて欲しいんだろ?」
「それは・・・そうだけど・・・」
「よし、じゃあ決まりだな。」
そう言って、二人で台所に向かった。