朝の日差しと小鳥のさえずりで俺は目を覚ました。
横で一緒に寝ていた蒼星石はもう起きているようで、ベッドにはいなかった。
下に降りると、蒼星石は朝食の支度をしているところだった。
「あっ、マスター起きたんだ、朝ご飯もう少しだから待っててね。」

今で待っていると、すぐに朝食が運ばれてきた。
ひとつひとつ並べられる皿の中で、俺の目は一つの皿に釘付けになった。
それは目玉焼きだったのだが、ハート型にかたどられていた。
「何・・・・これ?」
「えへへ、たまたま型を見つけたんだ、マスター、僕のハートを食べちゃって。
でもローザミスティカの事じゃないからね。」
「あぁ、分かってる。でももう蒼星石のハートは俺の物だからな・・・
よし、俺も作ってくるから待ってろ。」

そう言って台所に向かい、すぐに目玉焼きをつくって戻った。
「よし、出来たぞ。ほら蒼星石、あーん。」
「うん、じゃあマスターもあーんして。」
そして二人の持ったフォークが交差した。