※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年4月15日(日) 18:10
「完全なものってあんま信用してねえんだよな、俺」
 昨日の夜、最終回のドラマでハッピーエンドで結ばれた二人を見てマスターが呟いた言
葉だ。その時僕は不覚にもちょっとだけ泣いていたのだけれど、マスターの言葉に一瞬に
して我に帰ってしまった。
「俺と蒼星石の絶対的な愛なんて言葉では言うけどさ、それだって俺か蒼星石のどっちか
が居なくなってしまったらどうなるかわからないし……もしお前が居なくなっても、俺は
愛し続けたいと思うよ。お前の事を。でも――それでも自分が信用できないんだ。心が変
わってしまうんじゃないかって……それは、俺にしてもお前にしてもさ。――結局逃げら
れないんだよ、そういうルールからは」
 そう言ったマスターの目はどこか遠くに向けられていて、まるで僕には届きそうになか
った。それが悲しくて、怖くて、僕は思わず口走った。
「マスタぁ……やめてよ、そんな事言うの」
「……ごめんな、変な事言って」
 僕は思わず泣き出してしまった。僕が泣いている間、マスターはずっと抱きしめていて
くれたけれど、それでもマスターの遠い眼差しが、悲しげな顔が――僕には耐えられなか
った。

 陽の沈みかかった帰り道、陸橋へと続く上り坂を僕は買い物袋を提げて、音楽を聞きな
がら歩いていた。マスターから貰ったiPodをシャッフルにして聴いていたので何だっ
たかは覚えていない。何かテンポの良い音楽が流れていた気がするけれど、そのどれも僕
の心を満たしてはくれなかった。
 頭の中でいつまでも反響するのはマスターのあの言葉。「完全なんて信じられない」―
―その言葉がガラスの破片のように心に突き刺さって離れなかった。それじゃあ、つまり
……僕は思う。今までの僕達の「愛」は全部幻想で、まがい物で、虚構の産物だったんじ
ゃないかって。この愛も、いつかは終わってしまうものなんじゃないかって。……喉の奥
に何かが詰まって離れないような、そういう息苦しさを僕は覚えていた。
 いっその事、僕とマスターの愛を無限にするために心中してしまうのはどうだろう?
僕はふと立ち止まり、そして苦笑した。……何を馬鹿な事考えてるんだ、それじゃあ元も
子もないよね。……はは。

 坂も半ばになった頃、聞いていた曲が変わった。丁度、坂を着実に登りきるようにロー
テンポなイントロ。初めて聞く曲だったので曲名を確認する。Syrup16gの「You say 'No'」
って曲だ。昨日借りてきたCDに入っていた曲なのだろう。
 イントロが終わったところで道が開けたかのように坂を登りきった。やがてボーカルの
五十嵐さんのなだらかな歌が始まる。『雲追いかけ とうとう目が覚めた』……あはは、
これじゃあいつものお昼寝してるマスターみたいじゃないか。そんな僕の微笑をすり抜け
て歌は続く。『死のうったって 当分無理そうだろう』……まあ、そうだよね。まるでさ
っきの僕みたいだ。

 やがて曲調が変わり、それからまた元の曲調に戻る。相変わらず五十嵐さんの声は安ら
かだ。激しい曲を聴いていても、どこか癒されるこの声。……ああ、いいなあ。あはは、
『プリン買って 帰ろうかな今夜は』だってさ。そして曲調が再度変わり、サビに入る。
五十嵐さんはこう歌った。

 ――永遠だって そう 終わりがあるって君は言う
 ――運命だって そう 変わってしまうと君は言う

 ああ……僕は気付いた。これはマスターの、それから僕の事なんだ。マスターは「永遠
にも終わりがある」って、「運命も変わってしまう」と、僕に言った。けれども……僕は
信じたいんだ。そんな不確かでも一途な想いを。
 こんな時、五十嵐さんは何て言うのだろう。シロップの曲はいつも、こんな時は答えを
出さない。五十嵐さんはいつだってメッセージを残さない。そんな時、僕はいつも取り残
されたような気持ちになる。『無理して生きてる事もない』とも、『人は一人 逃れよう
も無く』とも歌った五十嵐さんは、無限の終わりを歌い終わって、僕達に何を残すんだろ
う。――そして五十嵐さんは続けてこう歌った。

 ――明らかにダメっちゅう感じの 今日を何とか凌いだら
 ――雨上がったばかりの道路に 小さい花を見つけるよ

 ふと立ち止まって、足元を見渡してみた、――タンポポが一輪咲いていた。僕はひざま
ずき、そのタンポポに触れてみる。――ああ。こんな陸橋の上にだって、花は咲くんだ。
 五十嵐さんは答えは教えてくれないけれど、ヒントをくれた。永遠だって、運命だって
、いつまでも同じじゃないかもしれない。けれども――マスター、僕は信じれるよ。……
たとえそれがどれだけ不確かなものであっても。

 陸橋を超えるともう日は沈みきり、暗く青い空が広がっていた。マスターの家は陸橋の
上から見渡せた。けれども、僕は今日遠回りして帰ろうと思う。何故なら――

 今夜はプリンでも買って帰ろうと思ったからだ。


マスターのメモ
 You say 'No' / Syrup16g
 BestAlbum「動脈」収録。