※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  闇の中で静かに鞄が開いた。
  中からそっと蒼星石が現れる。
 蒼「あ・・・マスター起きてたんだ。」
  窓辺に座って夜空を見上げていたマスターが蒼星石の方を向いた。
 マ「蒼星石も起きたんだね。」
  蒼星石がこくりとうなずく。
  マスターが再び星空に目を戻す。
 蒼「どうしたの?」
  いつもとは違う憂いを帯びた表情にそう問いかけた。
 マ「ちょっと・・・寂しくなっちゃってね。」
  今度は天を仰いだままで言った。
 蒼「何かあったの?」
  蒼星石もマスターの隣に腰を下ろした。
 マ「さっき寝ようとしてたらさ、昔のことを思い出したんだ。」
 蒼「昔のことって?」
 マ「一緒に過ごした人達との思い出、一緒に遊んだりおしゃべりしたりの楽しい時間、とかかな。」
  マスターの言うのがどんな思い出なのかは蒼星石には分からない。
  しかしマスターが懐かしさに微笑んだのが分かったので少しだけほっとした。
 マ「・・・だけどね、気付いたらそんな風に楽しい時間を共有した人達とも疎遠になっていた。
   進学なんかで環境が変わったり、日々の雑事に忙殺されたり、いつの間にか連絡も取り合わなくなっていた。
   ・・・今ではもう連絡を取りたくっても取れない。関係が失われてしまったんだなあ、って。」
  さっきの笑いが一瞬で消え失せてしまう。
 蒼「でもそれは仕方が無いんじゃないのかな。別れはいつか訪れる・・・その代わりに新しい出会いもあるんだし。」
  蒼星石の慰めを聞いたマスターがうつむいて何やら考え込む。
 蒼「だからさ、元気を出してよ。」
 マ「ありがとう。でも思ってしまうんだ、もしも自分がちょっと暇な時にメール一通でもいいから連絡を入れてたらって。
   ひょっとしたらそんな些細な事でもやっていれば、細々とでもやり取りするくらいの関係は残せていたかもしれない。」
  マスターが隣の蒼星石をぎゅっと抱き締める。
 マ「怖いんだ。ひょっとしたらまた同じような過ちを繰り返して・・・気付いたら蒼星石まで失ってるんじゃないかって。」
 蒼「マスターの不安は分かる気がする。契約で僕らの心が繋がってるからかな?」
 マ「うん不安なんだ。蒼星石とずっと離れたくない、別れたくない、って。本当に一つになれたらどんなにいいか・・・!」
  そう言ったマスターの声が震える。
 蒼「じゃあさ、今夜は一緒に寝ようか。」
 マ「・・・いいの?」
 蒼「マスターがそんなんじゃ僕も困るからね。」
  マスターの腕の中で蒼星石が微笑んだ。
 マ「ありがとう。」
  マスターの顔にも笑顔が戻った。
  そして蒼星石を手放すまいと抱き締めたままで布団に入る。
  しばらくするとマスターは安らかな表情で寝息を立て始めた。






  マスターが安らかに寝息を立てている。
  蒼星石がマスターを起こさないように慎重に腕の中から抜け出す。
 蒼「ふふっ・・・まるで子供みたいに無邪気な寝顔だなあ。・・・ずっとこうしていられたら良かったのにね。」
  そう言った蒼星石の表情が曇る。
 蒼「もしかしたらこれがお別れになるかもしれないから・・・さようなら。」
  蒼星石が戸の方へとゆっくり歩き出す。
 マ「待って。」
  背後から静かに呼び止められた。
 蒼「マスター・・・起きてたんだね。」
  大して驚いた様子も無く蒼星石が答えた。
 マ「なんとなく・・・そんな気がしていたのかもね。僕らの心だけは一つみたいなものなんだから。」
 蒼「本当は何も告げずに行くつもりでしたが・・・これ以上は時間も無いのではっきりと言います。
   僕はこれから水銀燈と一騎討ちで戦います。どちらかが倒れることになるでしょう。
   そしてそれは・・・もしかしたら僕かもしれない。」
 マ「やっぱり・・・そうだったんだね。」
 蒼「止めないで下さいね。これは僕の宿命。自分から戦いは仕掛けずとも挑まれた戦いから逃げるつもりまでは無い。」
  蒼星石が感情を込めずに淡々と話す。
 マ「・・・分かったよ。止めはしない。」
  しばらく黙り込んでいたマスターが何かを決意したようにそう言った。
 蒼「ありがとうございます。きっとここに帰ってきますね。」
  蒼星石が笑顔を浮かべてそう答えた。
 マ「そうだね、そう願ってる。二人で帰ってこようね。」
 蒼「・・・二人で?」
 マ「僕もついていく。邪魔にしかならないかもしれないけれど、この目で戦いを見届けたい。
   そしてこの命を蒼星石のためにいくらでも使って欲しい。」
 蒼「そんなことは出来ません!アリスゲームがどれだけ危険かお分かりですか?」
  有無を言わせぬ様子で蒼星石が言った。
  だがマスターも一歩も引かない。
 マ「だからこそどんな結果になるにせよその場に居合わせたい。そんな危険な場所に蒼星石一人で行かせたくない。」
 蒼「あなたが命を危険に曝す必要はありませんよ。」
  あくまでも蒼星石は譲らない。
 マ「戦いが蒼星石の宿命なら、その勝利のために自分の生命を捧げるのはマスターの宿命、違うかい?」
 蒼「だけど・・・」
 マ「頼む、一生のお願いだ。死んだっていいんだ。だけどもう後悔をしたくは無いんだ。」
  マスターが懇願する。
 マ「頼むよ・・・。」
 蒼「・・・・・・分かりました。だけどあなたは死なせない。僕はあなたも守り、そして勝ちます。」
 マ「ありがとう、約束だよ!」
 蒼「ええ、約束します。」




 蒼「待たせちゃったかな。」
 銀「ふふふ、確かに待ち遠しかったわぁ。ようやくあなたのローザミスティカが手に入るのね。」
 蒼「もう勝利宣言とは余裕だね。」
 銀「あなたこそ余裕じゃない。男連れで戦場に繰り出すとはね。」
 蒼「・・・マスターは僕に力添えをするために来てくれたんだ。」
 銀「あらそう。まああんな無力な媒介を狙うような姑息な真似はしないから安心なさい。」
 蒼「へえ、随分とフェアじゃないか。」
 銀「あなた達程度にそんな手を使わなきゃ勝てないようじゃアリスの資格は無いもの。
   それに負けを納得してもらわずにローザミスティカを取り込んでも後々苦労するだけだしね。」
 蒼「本当に君は自信家で気が早いね。仮に格下相手でも油断していると足元をすくわれるよ?」
  蒼星石が庭師の鋏を携える。
 銀「油断じゃないわぁ、余裕なのよぉ。」
  水銀燈も剣を手に取った。
 蒼「いくよ、レンピカ!」
 銀「おいで、メイメイ。」
  二つの光球が空中で衝突する。
  それを合図にして戦いが始まった。



  キィン!

  長く続いた攻防の末、剣が弾き飛ばされた。
 蒼「ほとんど互角、だがわずかに僕の方が、いや僕とマスターの方が有利みたいだね。」
  蒼星石が鋏を水銀燈に向かって突きつける。
  水銀燈が翼を伸ばす。
 蒼「その戦法でも僕が優勢。今までの戦いの経験で分かる。」
 銀「確かに今の力のままで戦えばね。だけどそれが出来るのかしら?」
  そう言っておもむろにある方向を指差した。
  水銀燈に対する警戒を緩めずにそちらを見るとマスターが立っている。
 蒼「おやおや、不利になったら人質作戦かい?ご立派なプライドの持ち主だ。」
 銀「挑発しなくたってそんな下らない真似はしないわ。それより気付かないわけ?」
 蒼「何?」
  マスターは普通に戦況を見守っている。
  いや、輪郭がおぼろげにかすんで・・・。
 蒼「まさか!?」
  次の瞬間、膝をつきどさりと倒れた。
 蒼「マスター!」
  蒼星石がマスターのそばに駆け寄る。
  その姿は服装も髪も、まるで蒼星石のようだ。
 銀「気付いてなかったのかしら?あなたがその男の命を全力で食い尽くしていたことに。」
 蒼「うるさい!」
 銀「あんな勢いで戦い続けてたから一気に消耗しちゃって・・・もう助からないかもね。」
 蒼「黙れ!!」
 マ「やれやれ・・・あと・・・ちょっとだったのに・・・ばれてしまったか・・・。」
  マスターは既に息も絶え絶えだ。
 銀「ふふふ、あなた達の絆の力って強かったわよ。だけど結局それって一人じゃ何も出来ないってことよねぇ。」
 蒼「マスター、今助けるからね!」
  蒼星石がいばらに蝕まれた指輪に口を近づける。
  マスターが残された力を振り絞って指輪を隠す。
 蒼「どうしたのさ、早く契約を解かないと死んじゃうんだよ!僕に取り込まれて殺されちゃうんだよ!!」
 マ「いいんだよ、ここで契約を解いたら蒼星石がやられる。だったらこの命が尽きてでも勝って欲しい。」
 蒼「そんなのやだよ!」
 マ「蒼星石に取り込まれて死ぬんならそれでもいいさ。そうすれば蒼星石と一つになれる。たとえ死んでも悔いは無い!」
 蒼「・・・・・・。」
 マ「お願いだ。僕の命を守るために蒼星石に倒れて欲しくないんだ。勝つって約束だけは・・・どうか・・・。」
 蒼「・・・分かった。」
 銀「じゃあ戦闘続行ね。・・・行くわよ!!」
  蒼星石の背後から水銀燈が一気に間合いを詰めてきた。
  動揺もあって蒼星石の反応がやや遅れた。
  振り向きざまに鋏を振るう。
  水銀燈の突き出した手よりも一瞬早く鋏が命中する、はずだった。
  繰り出された鋏のスピードがわずかに鈍り水銀燈の一撃が先に蒼星石に当たった。
 蒼「ぐうっ!!」
  向き直りかけた胸に一撃を受けた蒼星石が苦悶の声を上げる。
  よろけた体が力を失いそのままマスターの上に倒れこむ。
  マスターがなんとかそれを受け止めた。
 銀「おばかさぁん。最後まで全力で来ればあなたの勝ちだったのにね。」
 マ「蒼星石!なんで・・・なんで最後まで力を使ってくれなかったんだ!!」
 蒼「マスター・・・ごめんね、僕・・・負けちゃったよ。」
  蒼星石の口から力のない言葉が発せられる。
 マ「分かったって言ってくれたじゃないか!なんで自分の身を優先してくれなかったんだ!!」
 蒼「マスターの言うこと、分かったよ・・・理解できてしまったんだ。
   自分のために大切な人が犠牲になってほしくはない・・・僕も同じ気持ちだった。
   だからマスターに残された最後の命は使えなかった。ごめんなさい、初めてマスターとの約束を破っちゃったね。」
  そう言って蒼星石が静かに笑った。
 マ「そんな・・・。」
 蒼「最後が・・・マスターの腕の中で良かった・・・これでずっと・・・一つに・・・」
  蒼星石の目が静かに閉じていく。
 マ「やめろ!蒼星石、目を閉じないでくれ!」
  かすかな光が蒼星石の体を包み込み、中から輝きの塊が現れた。
 マ「駄目だよ!そんなの見たくない、離れたくな・・・い・・・」
  マスターの体が力を失って蒼星石の体に覆いかぶさるように崩れた。
 銀「だったら・・・あなたもとっとと壊れちゃいなさいよ。残りの命は私が絞りつくしてあげたから。」
  水銀燈が現れたローザミスティカを両手で捧げ持つ。
 銀「ああ・・・ついに手に入ったのね。あなたも自分の意思で戦い抜いたんだから悔いは無いわよね?」
  むき出しになった蒼星石の魂に水銀燈が語りかける。
  そしておもむろに自分の口に近づけた。
 銀「・・・なんてね。どうせあんたのことだから私がこの男を殺したと抵抗するんでしょ。
   どうせここで野垂れ死ぬはずだった人間のことで逆恨みされたらたまったもんじゃないわぁ。」
  そう言って無造作にローザミスティカを放り投げた。
 銀「だから取り引きしましょう。その男が朽ち果てるまでは一緒に居させてあげる。
   そいつが死んで、見るも無残な姿になっていくのを何も出来ぬままそこで見続けてるといいわぁ。
   それでもう嫌だって気持ちになって、抵抗する気力も失せた頃に回収してあげるから。」
  放られたローザミスティカは一つに重なって横たわるマスターと蒼星石の体の上にそっと舞い降りた。
  水銀燈が居なくなり、他の何者も居なくなった後もずっと、淡い輝きが動かぬ二人の体を優しく照らし続けていた。






  目を開けた。
  視界には白い天井、そして周囲を取り囲む薄緑色のカーテン。
 マ「ここは?」
  なんだか全身がだるい。
  体を動かそうにも強い虚脱感が襲ってままならない。
  胸もなんだか重苦しい。
 翠「おっ!気付きやがったですね!!」
  カーテンが勢いよく開けられ翠星石が現れた。
  身を起こそうとすると今度は真紅に咎められた。
 真「まだ動いちゃ駄目よ。絶対安静だそうなのだわ。」
  そう言われて顔だけ動かし周囲を見ると、ここは病院の個室のようだ。
  そしてどうやら総出でお見舞いに来てくれているらしい。
 み「やっと目が覚めたようで何よりね。」
 マ「一体・・・何があったんですか?」
 真「水銀燈と蒼星石が戦った、そこまではいいわよね?」
 マ「うん・・・。」
  脳裏にあの瞬間がフラッシュバックする。
  思い出したくも無い、蒼星石の倒れる忌まわしい瞬間が。
 真「あなたは蒼星石と水銀燈に命を吸い尽くされ死ぬはずだった。」
 マ「何故それが・・・。」
 翠「翠星石のところに来たレンピカの案内で真紅達と駆けつけた時、蒼星石のローザミスティカがお前の上で輝いていました。」
 真「ローザミスティカの力がかすかながらであってもあなたを延命し続けていたわけ。」
 マ「そうだ!蒼星石は?蒼星石は今どこに!?」
  肝心の蒼星石の姿だけさっきから見えないことに今更ながら気付く。
 翠「取り乱して暴れるなですよ?蒼星石は・・・姿は見えずとも今もずっとお前のそばでお前に力を与え続けてるです・・・。」
 マ「それってどういう・・・まさか・・・。」
  最悪の想像が頭をよぎる。
  誰も疑問には答えてくれない。
  翠星石も、真紅も、他のみんなも渋面のまま黙り込んでいる。
  それじゃあやっぱり・・・。
 マ「・・・ん?」
  何か妙なことに気付く。みんな辛いのを我慢しているのではなく何かをこらえているような表情だ。
 翠「・・・ぷっ。」
  翠星石が吹き出した。
  それを皮切りにみんな笑い出す。
 雛「翠星石・・・わ、笑っちゃだめなのよー。」
  そう言っている雛苺の発言も笑いながらだ。
 金「で、でもこれは正直キツいかしらー、くくっ。」
  後ろを向いて顔を隠しているがあの真紅やジュン君、巴ちゃんまでもが明らかに笑っている。
 マ「何?何?なんなのさ。」
  わけも分からずに呆気に取られていると翠星石が口を開く。
 翠「やいニブチン、お前自分の胸のところを見てみやがれです。」
  促されるままに胸元に目を向ける。
 マ「うわっ!!」
  そこで驚くべきものを目の当たりにした。
  へばりついた蒼星石が安らかな顔で眠っていたのだ。
 翠「蒼星石ときたら、目が覚めるまで自分が力を分け続けるんだ、ってずっとそうしてたんですよ。」
 真「点滴もしてるし、元に戻ったらもう効果は無いはずと言っても聞かなかったのだわ。」
 の「そうそう、自分が看病するんだって言い続けちゃって。」
 み「看病疲れでそこで寝ちゃったみたいね。」
 金「そんなところにそんな風にひっついてるのにあんな必死な顔して『蒼星石はどこ!?』って・・・ぷぷっ。」
 マ「う、うるさいなあ!!」
 真「と、灯台下暗しというし笑ってはいけないのだわ・・・く・・・く。」
 マ「ちょ、ちょっと・・・疲れてお休みのところ悪いけどさ、蒼星石も早く起きて!」
  総出で馬鹿にされてしまい、慌てて蒼星石を起こす。
 蒼「あっ!!マスター目が覚めて・・・良かった!気がついてくれたんだね!!」
  蒼星石が今にも泣き出しそうな表情をしつつ顔を胸にこすり付けてくる。
 マ「おかげさまでね。でもさ、ほら・・・」
  なんだか温かくて気持ちいいのと同時に恥ずかしさと戸惑いを覚えつつみんなの方を指差す。
 蒼「・・・って、みんな何を見てるのさ!!」
  自分達が注目の的になっていることに気付いた蒼星石も真っ赤になる。
 の「照れなくてもいいのよ。とっても仲良しさんで素敵ねー。」
 真「無理も無いわ。感動の再会って奴だものね。」
 翠「まったく妬けちゃいますよ。」
 雛「蒼星石ったら甘えんぼさんみたいなのー。」
 蒼「う、うるさいなあ!!」
 金「リアクションまでそっくり同じかしら。」
  金糸雀がけらけら笑う。
 み「カナったら笑っちゃ駄目よ。仲良しさんでいいじゃない。」
  みっちゃんさん、あなたもどう見ても笑っておられます。
 の「じゃあ私たちは気を利かせて二人っきりにさせて上げましょ。」
 雛「はーい、二人だけで仲良しさんなのね。」
 蒼「気、気を利かせるってどういう意味ですか!」
 金「むふふふ、お邪魔虫は退散するかしら♪」
 翠「今回は翠星石も我慢してやります。でも蒼星石への感謝は忘れるなですよ。
   お前が眠りこけている間の着替えやら体拭きやらは蒼星石が一人で全部やったんですからね。」
 真「まあやらせようとしなかったという方が正しい気もするけどね。」
 蒼「余計な事は黙っててよ!」
 み「はーい、余計な事を言わないように失礼するわね。それじゃあお二人さん、ごゆっくりね。」
  みんなが部屋から居なくなり、シーンと静まり返る。
  しばらくして蒼星石が再び体を密着させてきた。
 蒼「マスター・・・本当に良かったよ。もう目が覚めないかと心配しちゃった。」
  蒼星石をぎゅっと抱き締める。
 マ「本当にありがとう、きっと蒼星石の献身的で手厚い看護のおかげだよ。」
 蒼「もう・・・マスターまでからかうの?」
  蒼星石が顔をしかめ、ムッとした表情でこちらを見てきた。
 マ「え、いやそういう意味じゃなく純粋に感謝して・・・」
 蒼「ひどいなあ・・・そんな悪いお口はふさいじゃうんだから。」
 マ「ええ?」
  言葉通り蒼星石の口で自分の口がふさがれる。
  今この瞬間だけは蒼星石と一つになれている気がした。