蒼「ほらマスター、僕の分も上げるよ。」
 マ「え、悪いよ。」
 蒼「いいから、いいから。はい、あーん。」
 マ「う、うん。あーん。」
 蒼「どう、美味しい?」
 マ「もちろん美味しいよ。」
 蒼「じゃあもっと食べて。」
 マ「え、ああ、あーん。」
 金「あーんなにむしゃむしゃ食べさせちゃうなんて、やっぱ蒼星石はすごいかしら。」
 マ「蒼星石も食べなよ。はいあーんして。」
 蒼「うん、ちょうだい。」
 マ「はいどうぞ。」
 蒼「美味しいなあ。」
 マ「そうだよね、やっぱ蒼星石には敵わないや。」
 蒼「違うよ、マスターが食べさせてくれたから本来よりもすっごく美味しい。」
 マ「・・・・・・。」
 蒼「どうしたの?」
 マ「あー、もう可愛いんだから!!」
 蒼「ちょ、ちょっと。みんなが居るのに恥ずかしいよ。」
 マ「ごめんよー、もう理性が限界だー!!」
 銀「あいつらはさておき、向こうの鍋もあの二人で結構減らしてるわね。」
  槐が口を開けて横になり、そのそばで薔薇水晶が鍋を持って立っている。
 槐「ばらしー、口を開けてるからがんがん放り込んでくれ、さあ!」
 薔「お父様・・・どうぞ・・・。」
 槐「ああ、いいよばらしー、美味しいよ!もっと、もっとおくれ!」
 薔「一気に・・・流し込みますね。」
 槐「がはぁ、いひよばふぁしー!おいひーよ!!」
 銀「こっちに比べるとあっちの方はすっごく異様な光景ねぇ。」
 翠「ぶっちゃけ変態以外の何者でもありませんね。」
 雛「それにしてもあのエンジュ実にノリノリなの。」
 真「でもこちらの鍋の方が遥かに早いペースで減ってるわ。」
 翠「不思議なことに主力はあのアホ人間ですがね。」
 金「このままなら勝てるかしらー!!」
  そこにのりとみっちゃんがやって来た。
 の「あのー、そちらのお鍋もいただいてよろしいですか?」
 み「私達のチゲ、もう空になっちゃって。」
 翠「えぇ!?」
 雛「もう全部食べちゃったの?」
 マ「みんなで味見した後のあれ全部を二人だけで片付けちゃったんですか?」
 の「最近なぜか食欲旺盛で・・・。」
 み「甘い物だけじゃなくって辛い物も別腹なのかしらね。」
 の「あっ、そうかもしれませんね。」
 金「さすがはみっちゃんかしら!」
 銀「だから喜んでどうするのよ!」
 真「完全に意識の外だったのだわ。」
 翠「ちっとも美味しさの競争じゃなかった気がするです。」
 雛「入るのが別腹でも膨らむのは一つなのよ。」