※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 マスターと槐が台所に入るとドールズチームの方でなにやら騒いでいる。
  心配したマスターが様子を見に行く。
 マ「蒼星石から聞いたと思うんだけどさ、薔薇水晶はみんなのところでいいよね?」
 翠「そいつと組むですかぁ?」
 金「ちょっとしたトラウマが蘇るかしら。」
 銀「なんでか分からないけど背中が痛くなりそう。」
 薔「あの節は・・・ごめんなさい・・・。」
 雛「この子だーれ?」
 真「私を不意打ちで刺してくれたドールよ。」
 蒼「姉妹面をしていたけど姉妹じゃなかったんだよね。」
 薔「・・・うっ・・・ひぐ・・・。」
 槐「ばらしーーー!!ごめんよ、ゴメンよ、御免よー!僕のせいでーー!!」
 マ「落ち着いてください。・・・じゃあとりあえず僕と一緒に作ろっか。こっちにおいで。」
  マスターが薔薇水晶の手を引くと彼女もそれに従った。
 槐「うぉぉぉおおーー!ありがとう!!このお礼は必ずや!!」
 マ「だから落ち着いてくださいよ。」
 槐「う、うむ分かった。僕も全力で手伝うから大船に乗ったつもりでいてくれ!」
 マ「料理得意なんですか?」
 槐「伊達に工房に篭もりきりの一人暮らしをしちゃいない!!」
 マ「はあ、そうなんですか。」
 薔「お父様・・・カップラーメン作るの上手・・・私の名前を叫びながら作ってた・・・。」
 槐「ばらしー、それはシャラーップ!」
 マ「そんなの調理ってレベルにも達してないじゃないですか!」
 薔「・・・お父様の分も・・・私が・・・がんばります・・・任せてください。」
 マ(しかし・・・やっぱ女の子って怖い一面があるんだな・・・なんとか薔薇水晶を元気付けてあげないと・・・)
  三人が立ち去った。
 翠「くふふふっ、まーんまと引っかかりやがったです、あのアホ人間。」
 銀「既に薔薇水晶は私達の味方・・・おばかさぁん。」
 真「後は打ち合わせどおりに内部からあのチームの鍋を崩壊させるのみなのだわ。」
 金「なーんて恐ろしい罠なのかしらー♪」
 雛「これで勝ちはいただきなのーー!!」
 蒼「ごめんね、マスター・・・。」