たまにはどこにも行かず、二人でゆったりと映画鑑賞にしゃれ込む。
   そんな休日。

   蒼星石のマスターがレンタルショップから借りてきたDVDを取り出し、セットした。
蒼:「どんな映画なの? これ」
   蒼星石の問いに、マスターがDVDのパッケージの宣伝文句に目を通しながら答える。
マ:「一人の男の、波乱な人生を綴った感動巨編だって。割と評判いいぞ」
蒼:「ふーん」
   やがて映画が始まった。

   二時間後……

   テレビ画面にはエンドロールが流れている。
   マスターが言ったとおり、一人の男の、子供時代から老人時代までの波乱万丈な一生を収めた作品だった。
マ:「なかなか面白かったな」
   マスターは満足そうにDVDを片付け始めた。
蒼:「……」
マ:「どうした? 面白くなかった?」
蒼:「ううん、面白かったよ。でも…」
マ:「でも?」
蒼:「最後、主人公の男の人、死んじゃったよね。お爺さんになって」
マ:「ああ、まぁ……死んじゃったな。でも天寿を全うできたんだから、いい終わり方だろ」
   映画の主人公は、時に訪れる数奇な運命に真っ向から挑み、時に笑い、時に涙し、
   時に愛され、時に憎まれ、時に倒れ、時に起き上がり、最後は満足しながら老衰を迎えたのだった。
   まさに感動巨編の名に恥じない名作と言える作品だった。
蒼:「……」
   しかし、蒼星石の表情はすぐれない。
   いったい、蒼星石はこの映画から何を感じ取ったのかだろうか。
マ:「えーと、次は」
   そんな蒼星石を慮ったのか、マスターは次のDVDを取り出した。
マ:「これは面白いぞ。傑作コメディーだ」
蒼:「マスター、知ってるの?」
マ:「ああ、昔見たことあるんだよ。ぜひ蒼星石にも見せたくてね。借りてきたんだ」



蒼:「ふ、ふふ……あはは!」
マ:「はっはっはっ」
   マスターの借りてきたコメディー映画は、先程の蒼星石の暗鬱とした表情を見事晴らした。
蒼:「おかしいっ」
   蒼星石の楽しそうな表情に、マスターはホッと胸をなでおろす。



   その日の深夜。

   蒼星石は夢を見た。



   森の中、マスターと蒼星石が道を歩いている。
   蒼星石はマスターの顔を見上げた。
   マスターはニコニコしていた。



   道中、一輪の花が咲いているのを見つけた。   
   マスターが花の傍らで立ち止まり、二人でそれを見やる。
   そして、二人は互いに顔を見合わせると、にっこりと微笑み合った。



   ある時。
   蒼星石がマスターの歩くスピードについていけず、遅れ気味になった。
   マスターは立ち止まって蒼星石が追いつくのを待った。
   蒼星石が追いつくと、二人は手を繋いだ。
   そして、再び歩き出した。



   空が曇り、雨が降ってきた。
   マスターは蒼星石を抱きかかえ、木の下で雨宿りを始めた。
   蒼星石が濡れないよう、凍えないよう、マスターはしっかりと蒼星石を抱き包む。
   蒼星石はすまなさそうにマスターを見上げた。
   マスターは蒼星石に微笑み、愛おしそうに頭を撫でた。



   二人は森の中を歩き続けた。
   時にマスターは蒼星石を抱っこしながら。
   時に二人並んで手を繋ぎながら。



   ある時、ふと、蒼星石はマスターを見上げた。
   マスターは相変わらずニコニコしていた。
   だが、マスターの顔に、見慣れないシワが数本、刻まれていることに気付いた。   
   マスターが蒼星石の視線に気付き、にっこり笑った。
   蒼星石は慌ててマスターから目を逸らした。



   二人は森の中を歩き続けた。
   雨の日も、風の日も、時に雷鳴が轟く日などもあったが、その度に立ち止まり、
   休憩し、励ましあい、ただその時が過ぎ去るのを待った。



   二人は延々と森の中を歩き続けた。
   だが退屈はしなかった。
   蒼星石にはマスターが、マスターには蒼星石がいるから。



   ある時。
   マスターは抱っこしてた蒼星石を下に降ろした。
   まだ抱っこして歩き始めてから少ししか経っていないのに。
   マスターは額に汗を浮かべ、荒く息をついている。
   蒼星石は心配げにマスターを見上げた。
   マスターは、ばつが悪そうに、微笑んだ。
   それ以来、マスターが蒼星石を抱いたまま歩くことは無くなった。



   二人は手を繋いで歩き続けた。
   いつしか、マスターの顔に刻まれたシワの数と深さは顕著になり、背筋も曲がっていた。
   蒼星石がマスターを見上げた。
   マスターは『どうした?』と微笑み返した。
   蒼星石も微笑み、『なんでもない』と首を振った。



   ある時。
   マスターが蒼星石の歩くスピードについていけず、手を引っ張られてしまった。
   たまらず片膝をつくマスター。
   蒼星石は慌ててマスターに駆け寄った。
   マスターは息を整え、再び立ち上がった。
   その時から、蒼星石はマスターの歩幅に合わせるよう、ゆっくりと歩くようになった。      



   二人は手を繋いで歩き続けた。
   休憩を挟むことが頻繁になったが、それでも着実に前へと進んだ。



   そして、ついに。


   マスターが立ち止まり、前方を指差した。
   指差すほうへ蒼星石が視線を向ける。
   森を抜けた先に、花畑が広がっていた。
   花々の鮮やかな色彩に、一瞬目を輝かせる蒼星石だったが、
   急に色を失い、心配げにマスターを見やった。
   マスターは蒼星石に微笑み、歩みを再開させた。
   しかし、蒼星石は歩こうとしない。
   そればかりか、繋いでる手を引っ張ってマスターの歩みを止めようとした。
   なぜだかわからないが、蒼星石は胸騒ぎがしていた。
   マスターは振り向き、蒼星石の前で屈んだ。
   そして、俯く蒼星石の頭を愛おしげに撫でた。
   すっかり肉が痩け、ゴツゴツした老人の手で。
マ:「歩こう」
   嗄れ声でマスターは言った。
   そして優しげに微笑む。
   そのいつまでも変わらない微笑みが、蒼星石の不安をかき消した。
   蒼星石は意を決して歩みを再開させる。
   再開するより他無いのだから。


   蒼星石とマスターは森を抜け、花畑に足を踏み入れた。
   ついに終着点に辿りついたのだ。


   感無量の面持ちで蒼星石はマスターの方を向い……
   マスターはいなかった。
   蒼星石は辺りを見渡した。
   ついさっきまでマスターと手を繋いでいたのに……
   マスターばかりか、たった今抜けたばかりの森も消失していた。
   何が起きたのかわからず、茫然自失する蒼星石。
   蒼星石はもう一度、辺りを見回した。
   言いようの無い喪失感が、蒼星石の心を蝕み始めた。
   居た堪れず、蒼星石は駆け出そうとし…
   その瞬間、何か硬いものがつま先にぶつかった。
   足元に目を落とす。
   草花の間に何かが転がっている。
   目を凝らす。
   そこには……骨が。
   人間の骨が。
   頭蓋骨。
   ……マスター


   蒼星石は絶叫した。


   蒼星石の悲鳴に、マスターが跳ね起きた。
マ:「なんだ、なんだ!?」
   マスターは急いで蒼星石の眠る鞄を開ける。
   そこには涙を流して震える蒼星石がいた。
マ:「また怖い夢でも見たのか?」
蒼:「う、あ、ああ」
   酷く怯えているようだ。
   マスターは蒼星石を抱き上げた。
マ:「もう大丈夫だからな。大丈夫」
   まるで夜鳴きした赤ん坊をあやすように、マスターは蒼星石をあやした。
   蒼星石はマスターの胸の中で咽び泣いた。   
マ:「どうした、お前がこんなに泣くなんて」
   マスターの問いにも、肩を震わせて咽び泣く蒼星石の耳には入ってないようだった。
   しばらくそのまま、マスターは蒼星石をあやし続けた。
   けれでも一向に蒼星石は泣き止まない。
   マスターはすっかり困ってしまった様子だった。



   マスターは蒼星石を抱いたままキッチンへ連れていった。
   蒼星石を食卓の椅子に座らせ、何やらごそごそと用意し始める。
マ:「ほれ、これ飲めば多少、落ち着くぞ」
   マスターはホットミルクを差し出し、蒼星石の隣に座った。
マ:「なぁ、いい加減泣き止めよ。たかが夢だろう?」
蒼:「う、うう、ひっく、夢なんかじゃ、ない…」
マ:「? どゆこと?」
蒼:「う、うう…マスターが…ひっく」
マ:「俺が?」
蒼:「いなくなっちゃうんだ、う、ううう。ぐす」
   マスターは小さく溜め息をついた。
マ:「俺はどこにもいかないよ」
蒼:「違う! マスターは、いなくなっちゃうんだ…」
マ:「?」
蒼:「歳を取って、お爺さんになって、そして……いなくなっちゃうんだ…う…うっう、ひっく」
   マスターは、今日観た、男の一生を綴った映画を思い出した。
マ:「俺が年老いて死ぬ夢でもみたのか?」
   蒼星石は泣きながらコクンと頷いた。
マ:「別に、俺は今すぐ死ぬわけじゃないだろう?」
蒼:「マスターは歳を取っていくのに、僕は、そのままだった…」
マ:「……」
蒼:「年老いてくマスターを、僕はただ見てるだけしか出来なかった……」
マ:「…老いはどうにもならない。蒼星石は何にも悪くないよ」
蒼:「でも、いやだよ……」
   泣き止むかに見えた蒼星石は再び泣き始めた。
   マスターは考えた。
   蒼星石は今まで幾多のマスターと死別を繰り返してきたはずだ。
   その悲しみが募り、今爆発してしまったのだろうか。
蒼:「うっう、せめて、僕もマスターと一緒に歳を取りたい。人間になりたいよ」
マ:「蒼星石」
蒼:「マスター…うっう、ぐす…」
   湧き上がった感情を抑えきれず、マスターは蒼星石を抱きしめた。
マ:「蒼星石、実は……」
   喉まで出掛かった言葉を、マスターは慌てて飲み込んだ。
   一呼吸置き、言葉を紡いでいく。
マ:「蒼星石、いつか死が、俺らを分かつ日がやってくるのは……確かだろう。
   俺だって、それを考えたら、そりゃ、怖いし、悲しい。
   でもな、しょうがないことなんだ」
蒼:「そんなのやだよ…」
マ:「しょうがないことなんだよ、蒼星石。しょうがないことなんだ」
蒼:「うっ、う」
マ:「だから、だからさ、そんな悲しいこと考えてる暇があったら、
   二人でたくさん思い出作ってだ。
   なんて言うかさ、限られた時間をな、あー、なんて言うんだ?
   有益に使うことに……
   そう、有益に使うことに……専念した方が遥かにいいと思わないか?
   だからさ、こう、なんだ、出来る限りイチャイチャしてさ。
   あ、いやいや、何しろ、時間は限られてるわけだろ?
   だからさ、あー、なんて言えばいんだ」
蒼:「マスターの言いたいこと、なんとなくわかるよ」
マ:「そうか、よかった…」
   マスターはホッと息をついた。
蒼:「……僕、もしかして、マスターを…今、もの凄く困らせてる…?」
マ:「ちょっとね」
   マスターは照れくさそうに微笑んだ。
蒼:「…ごめんなさい、マスター…」
マ:「いいんだ。いいんだよ。…これも後で、いい思い出になるんだからさ…」
   マスターは、より一層強く蒼星石を抱きしめた。




                                    終わり