※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マ「そ、蒼星石い! 助けてくれえ!」
蒼「ま、マスター! どうしたんですか!」
マ「か、かゆい!」
蒼「背中!? 背中なんですか!?」
マ「ゆ、指輪の! 指輪の裏がかゆいんだあ!」
蒼「え、ええええええええええええ!!!???」
マ「届かねえ! 指が届かねえええええええ!!!!!1111」
蒼「でも……指輪は契約を解除しないと外れないよ!?」
マ「それはらめえええええええええええ!!!!!1111」
蒼「……! マスター、少し我慢してください! レ ン ピ カ !」
マ「え? ちょwwww」
蒼「マスター! みねうちですから! みねうちですから許してください!」
マ「ちょwwwwもっといい方法があるとおm」

ゴンッ…

マ「………(気絶)」
蒼「ごめんなさい、マスター……。僕もマスターと離れたくなかったから……」


そのあとマスターは蒼星石の膝枕で目覚めましたとさ