「マスター。何食べてるの?」
「ん?お前も食うか?」
「チョコレート?うん!食べる!」
俺はひとかけらのチョコを蒼星石にあげた。
「ありがとう!パクッ…………うっ…苦い…うううっ…」
「やっぱりきついか。ほら出していいよ」
蒼星石はティッシュの上にチョコをだす。その顔はかなり険しい。
「こんなに苦いなら先に言ってよ!」
「ごめんよ。だけど、噛まずになめて溶かせば少し苦味がとれてまあいけるぞ。」
「ホント?。じゃあ、もう一回食べてみる…」
俺はチョコをもうひとかけら蒼星石にあげた。
「パクッ…ペロペロ………うううっ……溶けるまで我慢できない…」
「だめか。ほれ、出していいぞ。」
そしてまた、ティッシュの上にチョコを吐き出す。
「こんなの苦すぎるよ…。」
「フフフ。蒼もまだまだだな。」
俺がそう言うと蒼星石はすごい悔しそうな顔をした。
「しょうがないな…」
俺はチョコを口に入れた。そして…
「蒼。」
「何?えっ?ちゅ…んっ…ちょっと…マス…ター…」
俺は少し溶け始めたチョコを口移しした。
「んっ…。急にするなんてびっくりするじゃないか!」
「はは、ごめんごめん。で、チョコの方はどう?」
「ん…やっぱ苦い…。」
「溶けてもだめか…。我慢するな、出していいぞ。」
「ううん…。これは最後まで食べる…ううっ…」
「無理するなって。ほら。」
「いいの!最後まで食べるの!」

結局、蒼星石は険しい顔をしながら最後まで食べ終わった。
後日、また食べる?って聞いたら「絶対ヤダ!」と言っていましたとさ。

~END~