※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「マスター、もうすぐ夕飯できるから待っててねー」
「うん、じゃあ待たせてもらおうかな」
 椅子に腰掛け、蒼星石の後姿を見つめる。



たまーに、ふと考える

蒼星石が居なくなったら、俺どうなるんだろ


毎日インスタント食で… 部屋も汚いまんまで… 生き物の気配の無い部屋で一生を過ごして…


蒼星石はアリスゲームをしてるんだよな。

もし蒼星石が負けたら、ただの人形になって…
もし蒼星石が勝ったら、お父様のところに行って…


どっちにしても二度と会えなくなる。


…もしお父さんの所に行っても、俺の事覚えていてくれるかな?


無理か、お父さんは神様的存在みたいだし、俺の事なんてスグに忘れちゃうだろ。




前の蒼星石のマスターも同じ事考えたのかな?
そいつ等はいいよな、自分が死ぬまで蒼星石がそばにいたんだから。

なんで俺のときにアリスゲームなんか始まったんだろ
なんで俺が蒼星石のマスターなんだろ

レンピカが選んだんだよな、俺を

俺なら蒼星石に合ってると思ったのか? 蒼星石の事好きでいてくれると思ったか?

蒼星石が居なければ、こんなに悩むことなんかなかったのに…


蒼星石は俺の事どう思ってるんだろ。

ただの人間? 力の媒体? それとも友達? 恋人?

どれでもいいや、最後には会えなくなるんだから


何年も経ったら さすがにアリスゲームも終わってるだろ

アリスゲームが終われば悩まなくてすむんだ

なんでアリスゲームで悩んでたんだっけ

蒼星石が居るからだよな

蒼星石がいなくなればいいんじゃないか?

それもそうだよな、元々一人だったわけだし

いい考えかもな

追い出してみたりする?





違う、悩んでるのは蒼星石が居るからじゃない。

俺が蒼星石の事好きだからなんだよな

でも蒼星石はお父さんのことが好きなんだろ?

じゃあお父さんは俺の事が好きなのか?

やめよう、分けわかんねぇ






「そういえばマスター、洗濯物取り込んでくれた?」
「あっ………」
 窓の外にはまだ洗濯物がある
「もうマスター!午後は雨降るからって言ったのに!」
「ゴメン、今すぐやるよ」
「…?マスター、どうかしたの? 元気ないみたいだけど」
 蒼星石が歩いてきて、小さな手で袖をつかむ
 俺はその手を解き、握り返す

「大丈夫だよ、蒼星石が居てくれるんだから」



とりあえず、今を時間と蒼星石を大切にしよう。

そうすれば蒼星石だって、少しくらい覚えていてくれるかもしれないから。

何処に行っても、誰と一緒でも