昼飯時の蒼星石を眺めながら、積年の疑問を考えていた。
それは「なぜ蒼星石は蒼いのだろうか」という問いである。
簡単に見えて、奥の深い問題だ。
「蒼い子だから蒼いのだ」などとトートロジーを並べて悦に入る浅薄なマスターもいるが、
それは思考停止に他ならず、知性の敗北以外なにものでもない。
「青方遷移」という現象がある。
宇宙空間において、地球へと高速に近づく天体ほどドップラー効果により、
そのスペクトル線が蒼色の方に遷移するという現象である。
つまり、本来の蒼星石が何色であろうとも、蒼星石が我々へと
高速で近づいているとすれば、可愛らしく蒼く見えるはずなのだ。
目の前の蒼星石は高速で動いているか否か?
それは蒼星石の反対側に回ってみることでわかる。
運動の逆方向から観察することで、スペクトルは赤方偏移し、
紅く見えるはずなのだ。
逆に回ってみたところ、蒼星石はこちらの胸に飛び込んできた。
よってこの蒼星石は高速移動でマスターの元へ向かってくると言える。