ある日のお昼時
蒼「マスター、ラーメンできたよー」
貴方「ありがとう。蒼。あ、待って」
そう言うと貴方は胡椒を取り出してきました。
貴方「醤油ラーメンには胡椒は必要だよな~」
蒼「あ、僕にも貸して」
蒼い子は胡椒を手に取りましたが手を滑らせてしまいました。
蒼「うわぁ!!」
蒼い子は胡椒をぶちまけてしまいました。胡椒の匂いは部屋中に充満してしまいました。
貴方「へぐし!!そ、蒼~大丈夫か~?」
蒼「へくちゅ!へくちゅ!う~これじゃラーメン食べられないよ~」
ラーメンが胡椒まみれになりションボリとする蒼い子
貴方「蒼、俺のラーメン半分あげるよ」
すると蒼い子は満面の笑みを見せました。
蒼「ごめんなさいマスター。ありがとう!」

蒼い子と貴方は仲良く一杯のラーメンを分けあって食べました。