「マスター・・・遅いなぁ・・・」
いつもは残業もしないで6時頃には帰ってくるのに・・・もう7時を周ってる。
残業の日も仲間と飲みに行くって時もいつも電話してくれたのに・・・。
「どうしたのかなぁ・・・」
気になって電話をかけてみたけど、マスターは出てくれない。
「ますたぁ・・・早く帰ってきてよぉ・・・・・・」
不安で涙が出てきそうになったけど、泣き顔でマスターを迎える訳にはいかないから必死でこらえた。


「ただいまー。」
「もうっ、遅いよマスター!心配したんだから!!」
7時半になってようやくマスターは帰ってきた。
泣かないようにと思ってたけど、気が緩んだせいか涙を流してしまったので、
それを見られないようにするためにも、僕はマスターに背を向けていた。
「あぁ、それはゴメン、ところでこっち向いてくれるか?」
「もう、電話にも出ないで、こんな時間までどk・・・・」
振り向くと、マスターは大きな袋と花束を抱えていた。
突然の事に驚いて言葉が途中で詰まってしまった。
「マスター・・・それ・・・何・・・?」
「あぁ、今日はこれのせいで遅くなっちゃってな、見てみるか?」

マスターがそう言って袋を床に置いたので、袋の中を覗いてみた。
「わぁ・・・・・」
中に入ってたのはくんくんのぬいぐるみとDVD全巻、それとFF12だった。
「ぬいぐるみだけなかなか見つからなくてな、それで遅くなった。」
「ありがとう・・・マスター・・・でもなんで?今日大事な日とかじゃないよね?」
「特に何って訳でもないけどさ、いつもありがとうって事で。
それと今日が特別な日とかじゃなくてさ、お前といればいつも大事な日だから。」
「そっか、でも僕だってマスターといっしょならいつだって大事だよ。
じゃあご飯準備するから待っててね。」

準備された夕食は、いつもより力が入っていた。
「えへへ・・・実は僕も、マスターのためにと思ってね・・・」