B. 蒼星石には膝の上で我慢してもらえる?


 蒼「え、でも・・・こんなに大勢の前で・・・。」
 マ「だけど・・・やっぱり翠星石を乗せるのも・・・。まあここはどうか一つ、ね?」
 蒼「うん・・・そうだよね。じゃあ失礼するね。」
 翠「ほらほら、さっさと食べるですよ。」
 マ「さーて蒼星石、何を食べたい?」
 蒼「えーと、それじゃあマグロの赤身から。」
 マ「基本から攻めるねえ。じゃあ半分ちょうだいね。はい、あーん。」
 蒼「う、うん。あーん。」
 マ「美味しい?」
 蒼「うん、美味しいよ。」
 マ「次は何にする?」
 蒼「じゃあ、あの穴子を・・・。」
 マ「通ですねえ。はい取ったよ。お食べ下さいな。」
 蒼「うん、いただきます。」
 マ「お味はどう?」
 蒼「うーん、ちょっと熱の通し方が良くないね、味は抜けて骨は気になるし。」
 マ「そっかあ、ごめんね。」
 蒼「いや、別にマスターのせいじゃ・・・。」
 マ「自分にいいネタを選ぶ目さえあればこんな・・・。」
 蒼「流れてるのはどれも大差ないって。」
 マ「そうだよね、もっと稼いでいていいお店に連れていけるようなら良かったんだ。・・・ごめんね。」
 蒼「ちょっと、ネガティブにとらえすぎだよ。こうしていられるだけで十分・・・その・・・満足だから。」
 マ「本当?」
 蒼「本当だよ。だからさ、そんなに落ち込まないで。こっちも悲しくなっちゃいそうだからさ。」
 マ「うん、ありがとう!それじゃあ次何食べる?」
 蒼「いや、そんなに次から次へとは・・・。とりあえずお茶でも飲んで一息入れるよ。」
 マ「はーい、じゃあ飲んでください。」
 蒼「んっ・・・お茶は自分で、んんっ!・・・こぼれちゃった。」
 マ「ああっ、ごめん!すぐに拭くから許して!!はい、ふきふき・・・。」
 蒼「あの、マスターも自分の分を食べたら?」
 マ「そうだね。でもどうせだったら蒼星石に食べさせてもらいたいな。
   自分で食べると万一の時に蒼星石の頭の上にこぼしちゃいそうで怖いし。」
 蒼「え・・・分かったよ。はいお口開けて・・・。どう?」
 マ「だめだあ、嬉しすぎて味なんて分かんないやあ♪」
 蒼「も、もう!いちいち大げさなんだから・・・。」
 翠「なーんか見てて腹立たしいですねえ。」
 マ「いいじゃん、翠星石はお寿司を独り占めできてるわけだし。」
 翠「なんか納得がいかねえですぅ!」
 マ「あのさ、どんな値段のどんなネタでも一皿ずつまでなら取っていいよ?」
 翠「合点が行ったですよ。みんなハッピーでめでたしめでたしってことですね。」
 マ「うむ、その通り。」
 蒼「なんかさ、二人だけで話を進めすぎだよ。」
 マ「あ、蒼星石はあまり満足していなかったのかな?ごめんね、自分だけ舞い上がっちゃって・・・。」
 蒼「違うよ!僕もとても幸せだよ。」
 マ「本当?無理して気を使わなくてもいいんだよ。」
 蒼「だってこうして一緒に分けて食べているのがマスター・・・愛す『おっしゃー!大トロゲーット、ですぅ!!』から。」
 マ「え?ごめん、翠星石の声がかぶって聞こえなかったんだけど・・・。もう一度言ってもらえる?アイス食べたいの?」
 蒼「あ、いや、もういいよ。とにかく、僕もすごく満足しているから気にしないでね。」


  だって。
  蒼星石が最後に言った事は聞き取れなかったけどなんだか満足してくれたみたいで安心したよ。
  回転寿司なんて大した贅沢でもないのにこんなに喜んでくれるなんて本当にいい子だなあ。
  蒼星石が食べさせてくれたおかげで自分もとっても幸せな気分になれたしね!俺は幸せ者だなあ!\(^o^)/

       (言うまでもないような注:別にマスター=某ヤスヒロではありません)