※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺は出張で自宅を離れてから、体に妙な違和感を感じていた。
でもどちらかといえば大雑把な性格の俺は、体調でも崩したか程度に思っていた。
こういうときは酒を飲んで早く寝るに限る。
コンビニで仏頂面の顔の店員から酒を買い、その日は10時前には寝た。
翌朝、しっかり寝たはずだが体の違和感は消えていない。朝の準備を済ませた後でふと
昨日は携帯を朝かばんに入れたっきりで、一度も出さずに寝てしまったことを思い出し
あわててチェックしてみた。
………留守電12件、しまった、誰か緊急の用事でもあったのか、とりあえず再生せねば

「ねぇマスター、今家の掃除が終わったとこなんだ。」
「マスター、今日のお昼は牛丼に挑戦しようと思うんだ!」
「マスター、牛丼ちょっとしょっぱ過ぎたみたい・・・」
「ねぇマスター、今マスターの後ろにいるよー、なんてね、ウソだけど。」
「マスター、せめて一緒の時間に夕飯食べようね。」
「マスター、夕飯の時間だよー、もしもーし」
「もしもーし、蒼星石ですよーいい加減気づいてくださーい」
「蒼星石です・・・まいてくれた人が鈍すぎるとです・・・蒼星石です・・・」
「うー、一日一回くらいは携帯チェックするでしょ!」
「ほらほら、時計屋のおじいさんとかすごい僕のこと見てるよ。」
「な、なんでまだ携帯見ないの?僕に気付いてよ・・・」
「えぅ・・・ぐすん・・・・マスター、この録音きいたらでいいので電話してください」
俺は全ての録音を聞き終えてから家に電話を掛けた。
しかし受話器をとる前に、蒼星石の声が聞こえてきた。
「もぅ!なんで一回も電話掛けてくれないのさぁ!
いてもたってもいられなくて・・・ここまで来ちゃったんだよ!」
そして、半べそを書いている蒼星石を、優しく抱き締めた。





  • 元ネタ
ある日、俺は午後になったあたりから体に妙な違和感を感じていた。
しかし霊感の「れ」の字もない俺は、体調でも崩したか程度に思っていた。
道行く人がたまに俺のほうを見てびっくりするあたり、顔色が非常によろしくないのかもしれない。
こういうときは酒を飲んで早く寝るに限る。
コンビニで引きつった顔の店員から酒を買い、その日は10時前には寝た。
翌朝、しっかり寝たはずだが体の違和感は消えていない。朝の準備を済ませた後でふと
昨日は携帯を朝かばんに入れたっきりで、一度も出さずに寝てしまったことを思い出し
あわててチェックしてみた。
………留守電12件、しまった、誰か緊急の用事でもあったのか、とりあえず再生せねば

「私メリーさん、今○○駅にいるの」
「私メリーさん、今○○大学の前にいるの」
「私メリーさん、今○○教室の前にいるの」
「私メリーさん、今あなたの後ろにいるの」
「私メリーさん、さっきからあなたの後ろにいるの」
「私メリーさん、あなたの後ろにいるんですけどー、もしもーし」
「もしもーし、メリーさんですよーいい加減気づいてくださーい」
「メリーです・・・取り憑いた人が鈍すぎるとです・・・めりーです・・・」
「うー、一日一回くらいは後ろ見るもんでしょ普通!」
「ほらほら、あのおじさんとかめっちゃ私のこと見てるよ」
「な、なんでうつ伏せで寝るの!いいかげんこっちみなさいよ・・・」
「えぅ・・・ぐすん・・・・メ、メリーです、この録音きいたらでいいので後ろみてください」
俺は背後の気配を確認すると、振り向かないで家を出て大学へ向かった。
その日俺の背後には、半べそかきながら後ろをついてくる少女がいたらしい。