マ「ただいまー」
蒼「お帰りなさいマスター」
マ「はい、おみやげ」
蒼「…また大福を買ってきたんですか?ほどほどにしないと体を壊しますよ」
マ「そんなこと言うなよ、今日のは新商品だ」
蒼「えっ新商品!?」
マ「食べたいだろう?」
蒼「う…そう言ってまた買ってくるつもりでしょう」
マ「いらないなら俺が全部たべちゃうぞ?」
蒼「あっだめ!」
マ「食 べ た い ん だ ろ ?」
蒼「ぅぅ…はい」
マ「素直でよろしい。じゃあいっしょに食べよう」
蒼「あ、小さい。これなら僕でも食べやすいな」
マ&蒼「いただきまーす」
マ「んむ、これは…」
蒼「真ん中に生クリームが入ってる」
マ「まるで蒼星石だな」
蒼「え?僕とこの大福、どこか似ていますか?」
マ「見た目は小さくてぱっとしなくても中身はとっても甘くて魅力的なところ」
蒼「み魅力なんて僕には無いですっそれに食べても甘くないですよ!」
マ「他の奴らが気づいてないだけだよ」
蒼「そんなこと…でも、そういうことを言ってくれるのは翠星石とマスターだけだから
  ちょっとだけ、嬉しい、かな。ありがとう、マスター」