蒼星石「別に気を使わないでいいよマスター」
貴方「何でだよ・・・?」
蒼星石「今のままで十分ボクは幸せだからさ・・・。」
貴方「そうか・・・」