君を守れなかった
だからこれは罪の証


遠く響く救急車のサイレン
近づくと高くなる音
遠ざかると低くなる音

ただのドップラー効果

遠ざかると言うことは俺を迎えに来たわけではない。

それもそのはず、この痕は俺の聖域
下らない奴等の手が触れるわけでもないし気付かれないようにやっている

君は笑っていた
儚げに優しく微笑んでた

でも俺は俺を許せなかった
否、だから俺は俺を許せなかった

夜空にたなびく紫煙
命を縮める魔法の煙

ようは煙草の副流煙

手を振ると先端部から一筋の光の軌跡が描かれる

俺の光は永遠に失われてしまった
ただ盲目に君の事を見ていた時の方が光を感じられた

だからこれは罪の証

女々しいことに胸にしか証を刻めない
気付かれないように、と言ったが気付かれたくないからだ

サイレンの残響が空を響かせる
君の声も残響となって永遠に俺の中で反響している

『……ます…た…ぁ…僕が……いなくても……幸せに……なってね………』

ごめんね
幸せにはなれなかったよ

唯一の幸せ、俺のレゾンデートルは失われてしまったから

だから俺はこの身に痕を刻む
あの子が望んでないと知りつつも

ようは逃避

戒めによって自己満足するだけ
醜く弱い行為

でもやめない

君が俺の幸せを望むなら
俺は幸せを失ってしまったなら

不幸を和らげることだけが俺の幸せだ

煙草の煙は既に根元から発せられている

輝く光を俺は胸元に押し付けた



肉の焦げる匂いが辺り一面を覆っていった


ようは自傷