貴方「なぁ蒼星石」
蒼星石「なーに? マスター」
貴方「何か欲しい物とか無いか?」
蒼星石「な・・・何を突然どうしたの?マスター」
貴方「俺にして欲しい事でもいいんだけど、何か無い?」
蒼星石「えっ?・・・え?」
 蒼星石は突然の貴方の申し出に目を白黒させている。
蒼星石「マスターどうしたの? 何か変だよ?」
貴方「いぁ・・・その~なんだ」
貴方「蒼星石も女の子なんだし、わがままの一つや二つ言って欲しいな・・・とな」
蒼星石「マスター・・・」
 蒼星石は少し考えてるようだ・・・。
貴方「蒼星石・・・何か無いか?」

蒼星石の貴方に対するLove度が低・・・ A
蒼星石の貴方に対するLove度が中・・・ B
蒼星石の貴方に対するLove度が高・・・ C

蒼星石の貴方に対するLove度が異常・ M