マ「蒼星石、一つだけ何でも願いが叶うなら何を願う?」
蒼「何でも?う~ん・・・・そうだな、じゃあその願いでマスターの1番の願いを叶えたいな」
マ「こやつめ、ハハハ。ということは蒼星石は俺の嫁になってくれるわけだな」
蒼「ぇえっ!?ぼぼ僕となんか!けっ、けっこんしても幸せには・・・・・・でも・・嬉しいな」