「じゃあ僕は先に寝るよ、おやすみなさい、マスター。」
それを聞いてから30分程経った頃、俺も寝室に向かった。
もう蒼星石も寝付いただろうと思ったので、
俺は軽いいたずらを仕掛けようとした。

しかし鞄を開けてみるとそこに蒼星石の姿はなかった。
不審に思ったが蒼星石の事なので心配は無いだろうと思って
ベッドの毛布をまくると、そこに蒼星石がいた
「あ・・・マスター・・・。」
「寝たんじゃなかったのか・・・?」
「今日寒いから・・・マスターのベッドあっためとこうと思って・・・
それに僕も・・・マスターと一緒の方があったかいから・・・」
「だからって一人で待ってる事ないだろ、俺だって一緒に寝るだけで充分なんだから。」
そう言って俺もベッドにもぐり込んだ。
「あっ・・・やっぱりマスターあったかいな・・・。」
「俺もあったかいよ・・・蒼星石。」
「ふふっ・・・マスター・・・大好き!」